光多重反射モデルに基づく測定法の研究

この論文をさがす

著者

    • 山田, 範秀 ヤマダ, ノリヒデ

書誌事項

タイトル

光多重反射モデルに基づく測定法の研究

著者名

山田, 範秀

著者別名

ヤマダ, ノリヒデ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9792号

学位授与年月日

1990-07-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1部 葉内クロロフィル量の光学的測定法-受動的多重反射法- / p5 (0006.jp2)
  4. 1章 はじめに / p6 (0007.jp2)
  5. 2章 植物の葉の構造と色素 / p10 (0009.jp2)
  6. 2.1.植物の葉の構造 / p10 (0009.jp2)
  7. 2.2.植物色素 / p12 (0010.jp2)
  8. 3章 植物の葉の反射率と透過率のモデル / p14 (0011.jp2)
  9. 3.1.植物の葉の構造のモデル / p14 (0011.jp2)
  10. 3.2.散乱吸収一様媒質内での多重反射モデル:各組織の反射率と透過率 / p16 (0012.jp2)
  11. 3.3.多層体内で多重反射モデル:組織層と葉の反射率と透過率 / p18 (0013.jp2)
  12. 3.4.葉の反射率と透過率の具体的モデル / p20 (0014.jp2)
  13. 3.5.多重反射モデルの解法 / p23 (0015.jp2)
  14. 4章 葉内クロロフィル量の光学的測定法 / p27 (0017.jp2)
  15. 4.1.測定に用いる波長の選択 / p27 (0017.jp2)
  16. 4.2.パラメターに関する仮定と考察 / p30 (0019.jp2)
  17. 4.3.測定法 / p33 (0020.jp2)
  18. 5章 検証実験 / p36 (0022.jp2)
  19. 5.1.測定 / p36 (0022.jp2)
  20. 5.2.モデルの検証 / p42 (0025.jp2)
  21. 5.3.測定法の検証 / p59 (0033.jp2)
  22. 6章 考察 / p62 (0035.jp2)
  23. 6.1.観測誤差の影響 / p62 (0035.jp2)
  24. 6.2.観測帯域幅 / p65 (0036.jp2)
  25. 6.3.光の拡散度の影響 / p66 (0037.jp2)
  26. 6.4.推定誤差の植物依存性 / p72 (0040.jp2)
  27. 6.5.バイバンド比を用いた方法 / p77 (0042.jp2)
  28. 7章 葉内クロロフィル量測定装置の試作 / p78 (0043.jp2)
  29. 7.1.測定装置 / p78 (0043.jp2)
  30. 7.2.装置の校正 / p85 (0046.jp2)
  31. 7.3.検証実験 / p86 (0047.jp2)
  32. 7.4.考察 / p91 (0049.jp2)
  33. 8章 おわりに / p93 (0050.jp2)
  34. 参考文献 / p95 (0051.jp2)
  35. 第2部 半透鏡による多重反射を用いた真温度と放射率の同時測定法-能動的多重反射法- / p101 (0054.jp2)
  36. 1章 はじめに / p102 (0055.jp2)
  37. 2章 多重反射法 / p105 (0056.jp2)
  38. 2.1.原理 / p105 (0056.jp2)
  39. 2.2.問題点 / p109 (0058.jp2)
  40. 3章 不完全な多重反射状態の記述と間隔変化を用いた改良法 / p110 (0059.jp2)
  41. 3.1.モデル / p110 (0059.jp2)
  42. 3.2.間隔変化を用いた改良法 / p116 (0062.jp2)
  43. 4章 多色を用いた改良法 / p117 (0062.jp2)
  44. 4.1.2色を用いた改良法 / p118 (0063.jp2)
  45. 4.2.3色を用いた改良法 / p121 (0064.jp2)
  46. 5章 実験 / p123 (0065.jp2)
  47. 5.1.実験系 / p123 (0065.jp2)
  48. 5.2.多重反射法による推定結果 / p126 (0067.jp2)
  49. 5.3.不完全な多重反射状態に関するモデルの検証 / p128 (0068.jp2)
  50. 5.4.間隔変化を用いた改良法の検証 / p129 (0068.jp2)
  51. 5.5.多色を用いた改良法の検証 / p131 (0069.jp2)
  52. 6章 考察 / p134 (0071.jp2)
  53. 6.1.多重反射法 / p134 (0071.jp2)
  54. 6.2.2色を用いた改良法 / p136 (0072.jp2)
  55. 7章 おわりに / p148 (0078.jp2)
  56. 参考文献 / p150 (0079.jp2)
  57. 付録 / p152 (0080.jp2)
  58. 結 / p153 (0080.jp2)
  59. 謝辞 / p156 (0082.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083119
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083329
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247433
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ