反芻家畜の蛋白質栄養状態の評価法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 光人 マツモト, ミツト

書誌事項

タイトル

反芻家畜の蛋白質栄養状態の評価法に関する研究

著者名

松本, 光人

著者別名

マツモト, ミツト

学位授与大学

東京大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第9817号

学位授与年月日

1990-09-12

注記・抄録

博士論文

報告番号: 乙09817 ; 学位授与年月日: 1990-09-12 ; 学位の種別: 論文博士 ; 学位の種類: 農学博士 ; 学位記番号: 第9817号 ; 研究科・専攻: 農学系研究科

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 反芻家畜の消化管内における核酸の分布 / p7 (0009.jp2)
  4. 緒論 / p7 (0009.jp2)
  5. 第1節 反芻家畜の消化管内容物中の核酸分画定量法の簡易化 / p8 (0010.jp2)
  6. 緒言 / p8 (0010.jp2)
  7. 実験方法と結果 / p8 (0010.jp2)
  8. 考察 / p12 (0012.jp2)
  9. 第2節 牛消化管内容物中の核酸分布 / p15 (0013.jp2)
  10. 緒言 / p15 (0013.jp2)
  11. 材料および方法 / p15 (0013.jp2)
  12. 結果 / p16 (0014.jp2)
  13. 考察 / p26 (0019.jp2)
  14. 第3章 尿中アラントイン排泄量を指標とする代謝蛋白質中の微生物体蛋白質量の推定 / p29 (0020.jp2)
  15. 緒論 / p29 (0020.jp2)
  16. 第1節 核酸摂取に伴う哺乳子ヤギの尿中へのアラントイン排泄の増加 / p33 (0022.jp2)
  17. 緒言 / p33 (0022.jp2)
  18. 材料および方法 / p33 (0022.jp2)
  19. 結果 / p35 (0023.jp2)
  20. 考察 / p38 (0025.jp2)
  21. 第2節 飼料由来の核酸が尿中アラントイン排泄量に及ぼす影響 / p43 (0027.jp2)
  22. 緒言 / p43 (0027.jp2)
  23. 材料および方法 / p43 (0027.jp2)
  24. 結果と考察 / p44 (0028.jp2)
  25. 第3節 絶食前後のルーメン内容物中の核酸含量と尿中アラントイン排泄量の変化 / p47 (0029.jp2)
  26. 緒言 / p47 (0029.jp2)
  27. 材料および方法 / p47 (0029.jp2)
  28. 結果と考察 / p48 (0030.jp2)
  29. 第4節 飼料蛋白質の給与水準・ルーメンでの分解率と尿中アラントイン排泄量 / p57 (0034.jp2)
  30. 緒言 / p57 (0034.jp2)
  31. 材料および方法 / p57 (0034.jp2)
  32. 結果 / p60 (0036.jp2)
  33. 考察 / p62 (0037.jp2)
  34. 第5節 低蛋白質飼料摂取時における可消化有機物摂取量と尿中アラントイン排泄量との関係 / p65 (0038.jp2)
  35. 緒言 / p65 (0038.jp2)
  36. 材料および方法 / p65 (0038.jp2)
  37. 結果と考察 / p65 (0038.jp2)
  38. 第4章 ルーメンプロトゾアの存否と窒素代謝尿中アラントイン排泄を中心として / p71 (0041.jp2)
  39. 緒論 / p71 (0041.jp2)
  40. 第1節 混合プロトゾアが尿中アラントイン排泄に及ぼす影響 / p73 (0042.jp2)
  41. 緒言 / p73 (0042.jp2)
  42. 材料および方法 / p73 (0042.jp2)
  43. 結果 / p75 (0043.jp2)
  44. 考察 / p80 (0046.jp2)
  45. 第2節 反芻家畜におけるアミノ酸の見かけの消化率測定の意義と混合プロトゾア存否の影響 / p83 (0047.jp2)
  46. 緒言 / p83 (0047.jp2)
  47. 材料および方法 / p83 (0047.jp2)
  48. 結果 / p84 (0048.jp2)
  49. 考察 / p86 (0049.jp2)
  50. 第3節 特定の種・属のプロトゾアのルーメンへの定着とその影響 ルーメンプロトゾアに対する脂肪酸の影響 / p89 (0050.jp2)
  51. 緒言 / p89 (0050.jp2)
  52. 材料および方法 / p90 (0051.jp2)
  53. 結果 / p92 (0052.jp2)
  54. 考察 / p95 (0053.jp2)
  55. 第4節 Epidinium caudatumあるいはDasytricha ruminantiumのみを定着させたヤギの作出とルーメン発酵、窒素代謝の特徴 / p97 (0054.jp2)
  56. 緒言 / p97 (0054.jp2)
  57. 材料および方法 / p97 (0054.jp2)
  58. 結果 / p98 (0055.jp2)
  59. 考察 / p105 (0058.jp2)
  60. 第5章 代謝蛋白質の全体量の評価について / p109 (0060.jp2)
  61. 緒論 / p109 (0060.jp2)
  62. 第1節 尿中酸可溶性ペプチド態アミノ酸(ASP)排泄量測定による代謝蛋白質の評価法の提案 / p110 (0061.jp2)
  63. 緒言 / p110 (0061.jp2)
  64. 材料および方法 / p110 (0061.jp2)
  65. 結果 / p113 (0062.jp2)
  66. 考察 / p118 (0065.jp2)
  67. 第6章 総合討論 / p123 (0067.jp2)
  68. 要約 / p131 (0071.jp2)
  69. 謝辞 / p137 (0074.jp2)
  70. 引用文献 / p139 (0075.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083144
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083354
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000247458
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ