過応力概念に基づく改良9Cr鋼の高温力学特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 田口, 耕世 タグチ, コウセイ

書誌事項

タイトル

過応力概念に基づく改良9Cr鋼の高温力学特性に関する研究

著者名

田口, 耕世

著者別名

タグチ, コウセイ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9820号

学位授与年月日

1990-09-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1.序論 / (0007.jp2)
  3. 1.1 高温機器の構造健全性と構造材料 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 改良9Cr-1Mo鋼 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.3 研究の必要性 / p2 (0008.jp2)
  6. 1.4 研究の目的 / p3 (0009.jp2)
  7. 1.5 論文の構成 / p4 (0010.jp2)
  8. 2.研究の歴史的展望 / p6 (0012.jp2)
  9. 2.0 概要 / p6 (0012.jp2)
  10. 2.1 改良9Cr-1Mo鋼の開発と力学的性質 / p6 (0012.jp2)
  11. 2.2 クリープ疲労特性 / p8 (0014.jp2)
  12. 2.3 クリープ疲労寿命評価法 / p15 (0021.jp2)
  13. 2.4 非弾性構成式 / p27 (0033.jp2)
  14. 2.5 まとめ / p39 (0045.jp2)
  15. 3.研究方法 / p63 (0069.jp2)
  16. 3.0 概要 / p63 (0069.jp2)
  17. 3.1 供試材 / p63 (0069.jp2)
  18. 3.2 確性試験とその結果 / p64 (0070.jp2)
  19. 3.3 本研究における試験方法 / p67 (0073.jp2)
  20. 3.4 本研究における試験条件 / p68 (0074.jp2)
  21. 3.5 まとめ / p70 (0076.jp2)
  22. 4.クリープ疲労挙動 / p92 (0098.jp2)
  23. 4.0 概要 / p92 (0098.jp2)
  24. 4.1 変形挙動特性 / p92 (0098.jp2)
  25. 4.2 クリープ疲労特性 / p95 (0101.jp2)
  26. 4.3 まとめ / p98 (0104.jp2)
  27. 5.応力ひずみ応答の解析と過応力、背応力挙動 / p125 (0131.jp2)
  28. 5.0 概要 / p125 (0131.jp2)
  29. 5.1 応力ひずみ応答の解析による過応力、背応力の決定方法 / p125 (0131.jp2)
  30. 5.2 負荷反転後のひずみ速度の影響 / p126 (0132.jp2)
  31. 5.3 繰返しひずみに伴う過応力、背応力挙動 / p127 (0133.jp2)
  32. 5.4 ひずみ速度と背応力、過応力との関係 / p128 (0134.jp2)
  33. 5.5 まとめ / p130 (0136.jp2)
  34. 6.過応力概念に基づく損傷評価モデル / p138 (0144.jp2)
  35. 6.0 概要 / p138 (0144.jp2)
  36. 6.1 離散損傷モデルによる寿命予測 / p138 (0144.jp2)
  37. 6.2 損傷速度モデルへの拡張 / p142 (0148.jp2)
  38. 6.3 まとめ / p149 (0155.jp2)
  39. 7.過応力概念に基づく変形挙動評価モデル / p158 (0164.jp2)
  40. 7.0 概要 / p158 (0164.jp2)
  41. 7.1 統一型構成式モデルの提案 / p159 (0165.jp2)
  42. 7.2 モデルの材料定数決定法 / p162 (0168.jp2)
  43. 7.3 モデルの検証 / p166 (0172.jp2)
  44. 7.4 移動硬化モデルとしての適用性 / p174 (0180.jp2)
  45. 7.5 多軸モデルへの拡張と試解析 / p175 (0181.jp2)
  46. 7.6 まとめ / p177 (0183.jp2)
  47. 8.損傷および変形評価モデルの適用性の検証 / p215 (0222.jp2)
  48. 8.0 概要 / p215 (0222.jp2)
  49. 8.1 クリープ疲労寿命の解析的予測 / p215 (0222.jp2)
  50. 8.2 非弾性変形挙動試験結果との比較 / p219 (0226.jp2)
  51. 8.3 まとめ / p223 (0230.jp2)
  52. 9.結論 / p246 (0253.jp2)
  53. 9.1 本研究のまとめ / p246 (0253.jp2)
  54. 9.2 本研究の結論 / p248 (0255.jp2)
  55. 謝辞 / p250 (0257.jp2)
  56. 引用文献 / p251 (0258.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083147
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083357
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247461
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ