気体潤滑されたフレキシブル記憶媒体の動的変形解析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 保坂, 寛, 1956- ホサカ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

気体潤滑されたフレキシブル記憶媒体の動的変形解析に関する研究

著者名

保坂, 寛, 1956-

著者別名

ホサカ, ヒロシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9821号

学位授与年月日

1990-09-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 記号 / (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 情報記憶装置 / p1 (0008.jp2)
  5. 1.2 気体潤滑を用いたフレキシブルディスクおよび磁気テープ装置 / p5 (0011.jp2)
  6. 1.3 記憶媒体の動的変形解析における従来の研究 / p12 (0014.jp2)
  7. 1.4 本研究の目的と構成 / p16 (0016.jp2)
  8. 第2章 球面ヘッドによるテープ浮上特性の解析と高精度浮上隙間測定 / p18 (0017.jp2)
  9. 2.1 まえがき / p18 (0017.jp2)
  10. 2.2 解析 / p20 (0018.jp2)
  11. 2.3 実験装置 / p23 (0020.jp2)
  12. 2.4 結果 / p31 (0024.jp2)
  13. 2.5 まとめ / p38 (0027.jp2)
  14. 第3章 対向スラスト板によるフレキシブルディスク浮上特性の解析 / p39 (0028.jp2)
  15. 3.1 まえがき / p39 (0028.jp2)
  16. 3.2 解析モデルと数値計算法 / p40 (0029.jp2)
  17. 3.3 ヘッドがない場合の解析結果 / p45 (0031.jp2)
  18. 3.4 ヘッドがある場合の解析結果 / p50 (0034.jp2)
  19. 3.5 実験による検証 / p52 (0035.jp2)
  20. 3.6 まとめ / p60 (0039.jp2)
  21. 第4章 バックプレート形フレキシブルディスク装置における定在波の解析 / p63 (0040.jp2)
  22. 4.1 まえがき / p63 (0040.jp2)
  23. 4.2 解析モデルと基礎式 / p64 (0041.jp2)
  24. 4.3 変数分離による近似解析 / p65 (0041.jp2)
  25. 4.4 実験による検証 / p75 (0046.jp2)
  26. 4.5 まとめ / p82 (0050.jp2)
  27. 第5章 回転ヘッド形磁気テープ装置における定在波の解析 / p83 (0050.jp2)
  28. 5.1 まえがき / p83 (0050.jp2)
  29. 5.2 解析モデルと基礎式 / p85 (0051.jp2)
  30. 5.3 近似方程式の導出とテープ変形の計算 / p87 (0052.jp2)
  31. 5.4 実験による検証 / p91 (0054.jp2)
  32. 5.5 まとめ / p95 (0056.jp2)
  33. 第6章 バックプレート形フレキシブルディスク装置における自励振動の解析 / p96 (0057.jp2)
  34. 6.1 まえがき / p96 (0057.jp2)
  35. 6.2 解析モデルと基礎式 / p97 (0058.jp2)
  36. 6.3 1自由度解析 / p99 (0059.jp2)
  37. 6.4 数値解析 / p112 (0065.jp2)
  38. 6.5 解析結果 / p115 (0067.jp2)
  39. 6.6 まとめ / p119 (0069.jp2)
  40. 付録 ハブ高さと空気膜剛性,空気膜減衰の関係 / p123 (0071.jp2)
  41. 付録 ヘッドおよび対向スラスト板を用いた場合の安定限界 / p127 (0073.jp2)
  42. 第7章 対向スラスト板を用いた光および磁気記憶装置の試作 / p128 (0073.jp2)
  43. 7.1 まえがき / p128 (0073.jp2)
  44. 7.2 媒体支持機構の選択 / p128 (0073.jp2)
  45. 7.3 光記憶装置 / p132 (0075.jp2)
  46. 7.4 磁気記憶装置 / p135 (0077.jp2)
  47. 7.5 今後の課題 / p140 (0079.jp2)
  48. 第8章 結論 / p149 (0084.jp2)
  49. 8.1 各章のまとめ / p149 (0084.jp2)
  50. 8.2 装置設計における研究成果の意義 / p151 (0085.jp2)
  51. 参考文献 / p155 (0087.jp2)
  52. 謝辞 / p163 (0091.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083148
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012418
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247462
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ