マウス胎児末梢血液中の小核赤血球出現率に対する放射線あるいはMitomycin-Cの影響および両者の共同効果

この論文をさがす

著者

    • 太田, 勝正, 1954- オオタ, カツマサ

書誌事項

タイトル

マウス胎児末梢血液中の小核赤血球出現率に対する放射線あるいはMitomycin-Cの影響および両者の共同効果

著者名

太田, 勝正, 1954-

著者別名

オオタ, カツマサ

学位授与大学

東京大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第9850号

学位授与年月日

1990-09-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1 緒論および目的 / p1 (0005.jp2)
  3. 2 研究方法 / p3 (0007.jp2)
  4. 2-1 実験動物 / p3 (0007.jp2)
  5. 2-2 放射線の照射 / p3 (0007.jp2)
  6. 2-3 Mitomycin-Cの投与 / p4 (0008.jp2)
  7. 2-4 共同効果実験のための放射線とMitomycin-Cの組合せおよび処置手順 / p4 (0008.jp2)
  8. 2-5 小核赤血球の観察 / p5 (0009.jp2)
  9. 2-6 統計的手法 / p6 (0010.jp2)
  10. 3 研究結果 / p10 (0014.jp2)
  11. 3-1 放射線照射による小核赤血球出現率の変化 / p10 (0014.jp2)
  12. 3-2 Mitomycin-Cの投与と胎児末梢血液中の小核赤血球出現率 / p21 (0025.jp2)
  13. 3-3 放射線およびMitomycin-Cの併用による共同効果 / p28 (0032.jp2)
  14. 4 考察 / p32 (0036.jp2)
  15. 4-1 マウス胎児末梢血液中の小核赤血球出現率の特徴について / p32 (0036.jp2)
  16. 4-2 共同効果係数ωによる放射線とMitomycin-Cの共同効果について / p39 (0043.jp2)
  17. 4-3 放射線と放射線以外の有害要因による共同効果研究への応用について / p43 (0047.jp2)
  18. 5 結語 / p47 (0051.jp2)
  19. 謝辞 / p49 (0053.jp2)
  20. 引用文献 / (0054.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083177
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012423
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247491
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ