ブレオマイシンの制癌機構に基づく人工ブレオマイシンの合成研究

この論文をさがす

著者

    • 増田, 健 マスダ, タケシ

書誌事項

タイトル

ブレオマイシンの制癌機構に基づく人工ブレオマイシンの合成研究

著者名

増田, 健

著者別名

マスダ, タケシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第9858号

学位授与年月日

1990-10-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1部 本論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  4. 第1節 長寿社会と疾病構造の変化-癌対策の重要性- / p1 (0004.jp2)
  5. 第2節 ブレオマイシンとその制癌機構 / p7 (0010.jp2)
  6. 第2章 モデル化合物の分子設計 / p13 (0016.jp2)
  7. 第1節 金属錯体部位のモデル / p13 (0016.jp2)
  8. 第1項 ブレオマイシンおよびPYMLの金属錯体の構造 / p13 (0016.jp2)
  9. 第2項 PYMLの酸素活性化能 / p16 (0019.jp2)
  10. 第2節 DNA切断分子-PYML(6)-bleomycin- / p17 (0020.jp2)
  11. 第3節 新しいDNA切断分子の設計 / p19 (0022.jp2)
  12. 第1項 設計方針 / p19 (0022.jp2)
  13. 第2項 DNA結合部位 / p20 (0023.jp2)
  14. 第3項 末端アミン部位 / p26 (0029.jp2)
  15. 第4項 糖鎖部位 / p27 (0030.jp2)
  16. 第5項 連結部位 / p28 (0031.jp2)
  17. 第6項 分子設計 / p29 (0032.jp2)
  18. 第3章 新しいDNA切断分子の合成 / p32 (0035.jp2)
  19. 第1節 合成戦略 / p32 (0035.jp2)
  20. 第2節 ピリジン部位の合成 / p33 (0036.jp2)
  21. 第3節 erythro-β-ヒドロキシ-L-ヒスチジンの合成 / p34 (0037.jp2)
  22. 第4節 吉草酸部位の合成 / p36 (0039.jp2)
  23. 第1項(2S,3S,4R)-4-アミノ-3-ヒドロキシ-2-メチルペンタン酸の合成 / p36 (0039.jp2)
  24. 第2項(R)-4-アミノペンタン酸の合成 / p39 (0042.jp2)
  25. 第5節 ディスタマイシン部位の合成 / p41 (0044.jp2)
  26. 第6節 Protected PYML(6)-(AHM)-distamycinの合成 / p46 (0049.jp2)
  27. 第7節 PYML(6)-(4R-APA)-distamycinの合成 / p50 (0053.jp2)
  28. 第4章 DNA切断実験 / p54 (0057.jp2)
  29. 第5章 考察 / p58 (0061.jp2)
  30. 第6章 総括 / p64 (0067.jp2)
  31. 第2部 実験の部 / p65 (0068.jp2)
  32. 第1章 合成実験 / p65 (0068.jp2)
  33. 第2章 DNA切断実験 / p86 (0089.jp2)
  34. 引用文献 / p87 (0090.jp2)
  35. 謝辞 / p92 (0095.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083185
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083395
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247499
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ