土佐浄瑠璃の研究

この論文をさがす

著者

    • 鳥居, フミ子, 1927- トリイ, フミコ

書誌事項

タイトル

土佐浄瑠璃の研究

著者名

鳥居, フミ子, 1927-

著者別名

トリイ, フミコ

学位授与大学

東京大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第9870号

学位授与年月日

1990-11-05

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0005.jp2)
  2. 序 / p1 (0003.jp2)
  3. 第一章 土佐浄瑠璃の系譜 / p1 (0007.jp2)
  4. 第一節 土佐浄瑠璃の盛衰 / p2 (0008.jp2)
  5. 初代土佐少禄 / p2 (0008.jp2)
  6. 土佐太夫の継承 / p7 (0010.jp2)
  7. 第二節 土佐浄瑠璃の芸続 / p16 (0015.jp2)
  8. 虎之助と江戸筑後掾 / p16 (0015.jp2)
  9. 「あつた大明神の御本地」と土佐節 / p22 (0018.jp2)
  10. 虎之助と伊勢大掾 / p24 (0019.jp2)
  11. 内匠虎之助と肥前掾 / p26 (0020.jp2)
  12. 第二章 古浄瑠璃の継承と発展 / p29 (0021.jp2)
  13. 第一節 さんせう太夫ものの変容 / p30 (0022.jp2)
  14. 第二節 鬼神退治ものの諸相 / p35 (0024.jp2)
  15. 酒呑童子 / p36 (0025.jp2)
  16. 鈴鹿山大嶽丸 / p37 (0025.jp2)
  17. 新撰紅葉狩 / p44 (0029.jp2)
  18. 頼政 / p50 (0032.jp2)
  19. 第三節「十二段草子」の発展 / p60 (0037.jp2)
  20. 江戸浄瑠璃と「十二段草子」 / p60 (0037.jp2)
  21. 肥前掾正本「源氏十二たん」と「土佐少掾正本「源氏十二段」 / p64 (0039.jp2)
  22. 縮約十二段草子 / p69 (0041.jp2)
  23. 「源氏十二段」の特色 / p78 (0046.jp2)
  24. 皐月十二段 / p79 (0046.jp2)
  25. 花月十二段 / p83 (0048.jp2)
  26. 第四節 聖徳太子伝の再生 / p86 (0050.jp2)
  27. 第五節 中将姫説話の変貌 / p111 (0062.jp2)
  28. 中将姫説話の成立と演劇化 / p112 (0063.jp2)
  29. 古浄瑠璃「中将姫之御本地」 / p115 (0064.jp2)
  30. 歌舞伎「当麻中将姫まんだらの由来」 / p118 (0066.jp2)
  31. 土佐浄瑠璃「中将姫」 / p121 (0067.jp2)
  32. 「当麻中将姫」と「鶊山姫舎松」 / p125 (0069.jp2)
  33. 第六節 日蓮上人伝の系譜 / p130 (0072.jp2)
  34. 『日蓮上人註画讃』 / p130 (0072.jp2)
  35. 承応三年板「にちれんき」 / p131 (0072.jp2)
  36. 土佐浄瑠璃「日蓮大上人御一代記」 / p136 (0075.jp2)
  37. 「鵜飼寺物語」 / p140 (0077.jp2)
  38. 第三章 軍記ものの浄瑠璃化 / p144 (0079.jp2)
  39. 第一節 義経像の形成 / p147 (0080.jp2)
  40. 第二節 曾我ものの展開 / p157 (0085.jp2)
  41. 風流和田酒盛 / p159 (0086.jp2)
  42. 世継曾我 / p171 (0092.jp2)
  43. 牧狩曾我 / p176 (0095.jp2)
  44. 対面曾我 / p181 (0097.jp2)
  45. 第三節『太平記』の世界 / p186 (0100.jp2)
  46. 謡曲・古浄瑠璃・歌舞伎の太平記もの / p187 (0100.jp2)
  47. 楠湊川合戦 / p194 (0104.jp2)
  48. 大塔の宮熊野落 / p203 (0108.jp2)
  49. 吉野拾遺 / p209 (0111.jp2)
  50. 第四章 御伽草子・仮名草子・浮世草子の受容 / p220 (0117.jp2)
  51. 第一節『文正草子』と「塩屋文正物語」 / p224 (0119.jp2)
  52. 『文正草子』と「塩屋文正物語」 / p224 (0119.jp2)
  53. 常陸帯の神事による脚色 / p229 (0121.jp2)
  54. 鹿島明神の利生譚的脚色 / p231 (0122.jp2)
  55. 事物の起源・来歴を語る脚色法 / p233 (0123.jp2)
  56. 戦闘場面の脚色 / p238 (0126.jp2)
  57. 節事挿入の脚色 / p238 (0126.jp2)
  58. 第二節『大倭二十四孝』と「金山左衛門 岩屋城 大和廿四孝」 / p242 (0128.jp2)
  59. 第五章 王朝世界の当代化 / p251 (0132.jp2)
  60. 第一節「塩釜大臣」と「融の大臣」 / p255 (0134.jp2)
  61. 第二節 篁地獄巡りの変容 / p269 (0141.jp2)
  62. 地獄巡りの古浄瑠璃 / p270 (0142.jp2)
  63. 「小野篁地獄讃談」の地獄巡り / p276 (0145.jp2)
  64. 「泰平篁」における月宮殿 / p278 (0146.jp2)
  65. 第三節 小町ものの近代化 / p285 (0149.jp2)
  66. 小町説話と謡曲小町もの / p286 (0150.jp2)
  67. 野郎歌舞伎・古浄瑠璃の小町もの / p288 (0151.jp2)
  68. 「井筒」の系譜 / p292 (0153.jp2)
  69. 吾妻業平色小町 / p300 (0157.jp2)
  70. 桜小町 / p304 (0159.jp2)
  71. 第四節 身替り劇としての「土佐日記」 / p313 (0163.jp2)
  72. 「土佐日記」の板本とその内容 / p313 (0163.jp2)
  73. 「土佐日記」と「伊勢物語」の共通点 / p315 (0164.jp2)
  74. 「土佐日記」と「伊勢物語」の相違点 / p319 (0166.jp2)
  75. 第五節『源氏物語』の当代化 / p333 (0173.jp2)
  76. 光源氏袖鏡 / p334 (0174.jp2)
  77. 源氏花鳥大全 / p344 (0179.jp2)
  78. 源氏六条通 / p351 (0182.jp2)
  79. 続源氏 / p355 (0184.jp2)
  80. 『源氏物語』を部分的趣向とするもの / p359 (0186.jp2)
  81. 第六節 新道成寺としての「定家」 / p362 (0188.jp2)
  82. 内容 / p363 (0188.jp2)
  83. 定家と式子内親王との恋愛談 / p365 (0189.jp2)
  84. 新道成寺 / p372 (0193.jp2)
  85. 第六章 近世演劇史の中の土佐浄瑠璃 / p381 (0197.jp2)
  86. 第一節 玄宗楊貴妃説話の展開 / p383 (0198.jp2)
  87. 近世初頭における玄宗皇帝と楊貴妃 / p383 (0198.jp2)
  88. 玄宗楊貴妃説話の劇化 / p385 (0199.jp2)
  89. 土佐浄瑠璃「唐玄宗」 / p393 (0203.jp2)
  90. 第二節 松風ものの変質と「現在松風」 / p404 (0209.jp2)
  91. 謡曲「松風」 / p404 (0209.jp2)
  92. 御伽草子『松風むらさめ』 / p406 (0210.jp2)
  93. 古浄瑠璃「松風村雨」 / p409 (0211.jp2)
  94. 初期歌舞伎の松風もの / p411 (0212.jp2)
  95. 土佐浄瑠璃「現在松風」 / p414 (0214.jp2)
  96. 歌舞伎「松風」と近松作「松風村雨束帯鑑」 / p417 (0215.jp2)
  97. 第三節「一心二河白道」の位相 / p421 (0217.jp2)
  98. 出羽掾正本「一心二かびやく道」と土佐少掾正本「一心二河白道」 / p422 (0218.jp2)
  99. 土佐少掾正本「新撰一心二河白道」 / p429 (0221.jp2)
  100. 第四節 景清ものの展開と「蓬萊源氏」 / p437 (0225.jp2)
  101. 景清ものの二系統 / p438 (0226.jp2)
  102. 「蓬萊源氏」の位置 / p441 (0227.jp2)
  103. その他の登場人物 / p445 (0229.jp2)
  104. 金平浄瑠璃的戦闘場面 / p447 (0230.jp2)
  105. 節事 / p448 (0231.jp2)
  106. 第五節「名古屋山三郎」の先進性 / p457 (0235.jp2)
  107. 史実と「名古屋山三郎」 / p458 (0236.jp2)
  108. 鞘当ものの始祖 / p461 (0237.jp2)
  109. 心中道行の源流 / p463 (0238.jp2)
  110. 仕形の脚色の意識 / p467 (0240.jp2)
  111. 影響作との関係 / p471 (0242.jp2)
  112. 索引 / p489 (0251.jp2)
16アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083197
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012429
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247511
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ