円筒管内自生旋回流動の研究

この論文をさがす

著者

    • 丸井, 智敬 マルイ, トモヒロ

書誌事項

タイトル

円筒管内自生旋回流動の研究

著者名

丸井, 智敬

著者別名

マルイ, トモヒロ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9882号

学位授与年月日

1990-11-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. もくじ / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章.緒言 / p3 (0006.jp2)
  3. 第2章.関連実験 / p5 (0008.jp2)
  4. 2-1 関連実験の章のはじめに / p6 (0009.jp2)
  5. 2-2 実験装置 / p7 (0010.jp2)
  6. 2-3 クロマイトサンドによる気流可視化実験 / p8 (0011.jp2)
  7. 2-4 セラミックボールによる気流可視化実験 / p9 (0012.jp2)
  8. 第3章.解析 / p10 (0013.jp2)
  9. 3-1 解析の章のはじめに / p11 (0014.jp2)
  10. 3-2 記号 / p12 (0015.jp2)
  11. 3-3 仮定 / p14 (0017.jp2)
  12. 3-4 連続方程式 / p17 (0020.jp2)
  13. 3-5 Navier-Stokes方程式 φ成分 / p18 (0021.jp2)
  14. 3-6 Navier-Stokes方程式 R成分 / p22 (0025.jp2)
  15. 3-7 Navier-Stokes方程式 θ成分 / p24 (0027.jp2)
  16. 3-8 従来解析との比較 / p25 (0028.jp2)
  17. 3-9 φ、θ、R成分の連立 / p29 (0032.jp2)
  18. 第4章.解析の考察(理想モデル) / p33 (0036.jp2)
  19. 4-1 旋回発生モデルと旋回発生条件 / p35 (0038.jp2)
  20. 4-2 なぜ従来この流動が観測されなかったのか? / p37 (0040.jp2)
  21. 4-3 旋回持続モデルと旋回持続条件 / p39 (0042.jp2)
  22. 4-4 管内抵抗係数の理論式 / p42 (0045.jp2)
  23. 4-5 旋回発生モデルと旋回持続モデルの接続 / p44 (0047.jp2)
  24. 4-6 セラミックボールの旋回モデル / p46 (0049.jp2)
  25. 第5章.流入管変形による実験(理想モデルに近づける一工夫) / p47 (0050.jp2)
  26. 5-1 はじめに / p48 (0051.jp2)
  27. 5-2 実験装置と実験方法 / p49 (0052.jp2)
  28. 5-3 実験A.セラミックボールトレーサによる気流可視化 / p50 (0053.jp2)
  29. 5-4 実験B.長い紐による気流可視化 / p52 (0055.jp2)
  30. 5-5 実験C.繭型変形流入考察のための予備実験 / p54 (0057.jp2)
  31. 5-6 実験D.上流円筒体底部気流の可視化 / p56 (0059.jp2)
  32. 5-7 実験E.円筒管内流速測定 / p57 (0060.jp2)
  33. 5-8 実験のまとめ / p59 (0062.jp2)
  34. 5-9 旋回流速の大きさの推定 / p61 (0064.jp2)
  35. 第6章.結言 / p64 (0067.jp2)
  36. 謝辞 / p65 (0068.jp2)
  37. 付録1 Navier-Stokes方程式の旋回流動解析解 / p73 (0071.jp2)
  38. 付録2 円筒管内旋回流の乱れ成分に関する研究論文 / p76 (0074.jp2)
  39. 参考文献 / p78 (0076.jp2)
  40. 図面 / p84 (0082.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083209
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083419
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247523
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ