高気圧グロー放電とアーク放電との間の繰り返し移行現象における気体成分と電極材料の影響

この論文をさがす

著者

    • 野垣, 正義 ノガキ, マサヨシ

書誌事項

タイトル

高気圧グロー放電とアーク放電との間の繰り返し移行現象における気体成分と電極材料の影響

著者名

野垣, 正義

著者別名

ノガキ, マサヨシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9923号

学位授与年月日

1990-12-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1-1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  4. 1-2 高気圧グロー放電とアーク放電との間の繰り返し移行現象の概要と定義 / p4 (0009.jp2)
  5. 1-3 取り扱いの内容について / p9 (0011.jp2)
  6. 1-4 この研究に関連する研究や応用分野について / p11 (0012.jp2)
  7. 1-5 陽光柱プラズマの移行について / p40 (0027.jp2)
  8. 1-6 応用技術に関係する問題例 / p40 (0027.jp2)
  9. 第2章 RTGAの統計的取り扱いの理論とその測定装置の開発 / p42 (0028.jp2)
  10. 2-1 統計的取り扱いの理論とその開発 / p42 (0028.jp2)
  11. 2-2 測定装置の開発 / p47 (0031.jp2)
  12. 2-3 実験システムの構成 / p78 (0046.jp2)
  13. 2-4 実験の方法 / p107 (0061.jp2)
  14. 2-5 結言 / p125 (0070.jp2)
  15. 第3章 RTGAにおける雰囲気気体中の酸素(02)含有効果 / p126 (0070.jp2)
  16. 3-1 空気中と窒素(N₂)中における諸特性 / p126 (0070.jp2)
  17. 3-2 ヘリウム―酸素混合気体(He+O₂)中およびヘリウム(He)中における諸特性 / p147 (0081.jp2)
  18. 3-3 放電の雰囲気気体中への酸素の混合による効果の検討 / p164 (0089.jp2)
  19. 3-4 結言 / p171 (0093.jp2)
  20. 第4章 Ag電極におけるRTGAへのヘリウム(He)を基礎とした酸素ガス混合比(σ)効果 / p172 (0093.jp2)
  21. 4-1 Pg-I特性 / p172 (0093.jp2)
  22. 4-2《tg-》-I特性 / p176 (0095.jp2)
  23. 4-3《ta》-T特性 / p185 (0100.jp2)
  24. 4-4 グローおよびアークの放電維持電圧(Vg,Va)-I特性,グローおよびアークへの供給電力([化学式],[化学式])-I特性 / p189 (0102.jp2)
  25. 4-5 He+O₂中,O₂の混合比σが小さいσ=1%以下のときとσ=4%以上の高いσ時との間の詳細な境目の諸特性の変化 / p200 (0107.jp2)
  26. 4-6 結言 / p211 (0115.jp2)
  27. 第5章 窒素(Ns)ガス中のRTGA / p214 (0117.jp2)
  28. 5-1 Cu電極 / p214 (0117.jp2)
  29. 5-2 Ag電極 / p222 (0121.jp2)
  30. 5-3 Fe電極 / p228 (0124.jp2)
  31. 5-4 Au電極 / p236 (0128.jp2)
  32. 5-5 モリブデン(Mo)電極 / p240 (0130.jp2)
  33. 5-6 W電極 / p245 (0133.jp2)
  34. 5-7 検討 / p251 (0136.jp2)
  35. 5-8 結言 / p257 (0139.jp2)
  36. 第6章 RTGAに関する放電維持電圧波形 / p261 (0141.jp2)
  37. 6-1 RTGAにおける放電電圧波形と放電電流波形の同期観測 / p264 (0143.jp2)
  38. 6-2 Ag電極による空気1気圧中,N₂93kPa中そしてHe+O₂93kPa中の放電電圧波形 / p266 (0144.jp2)
  39. 6-3 検討 / p293 (0157.jp2)
  40. 6-4 結言 / p297 (0159.jp2)
  41. 第7章 イメージコンバ一タカメラ(ICC)によるRTGAの観測 / p301 (0161.jp2)
  42. 7-1 方法 / p303 (0162.jp2)
  43. 7-2 ICCによるG→A及びA→Gの両移行の観測結果とその検討 / p318 (0170.jp2)
  44. 7-3 結言 / p352 (0187.jp2)
  45. 第8章 結言 / p357 (0189.jp2)
  46. 参考文献 / p360 (0191.jp2)
  47. 謝辞 / p369 (0196.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083250
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083460
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247564
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ