焼畑システムの変容メカニズム : クニャー・ダヤク族を例にして

この論文をさがす

著者

    • 井上, 真, 1960- イノウエ, マコト

書誌事項

タイトル

焼畑システムの変容メカニズム : クニャー・ダヤク族を例にして

著者名

井上, 真, 1960-

著者別名

イノウエ, マコト

学位授与大学

東京大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第9950号

学位授与年月日

1990-12-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 序章:課題および方法 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.課題 / p1 (0007.jp2)
  4. 2.焼畑研究レビュ- / p4 (0010.jp2)
  5. 3.方法 / p12 (0018.jp2)
  6. 序章の注釈 / p18 (0024.jp2)
  7. 第1章:調査結果 / p21 (0027.jp2)
  8. 1.クニャー族の社会 / p21 (0027.jp2)
  9. 2.ロング・ベタオ村 / p39 (0045.jp2)
  10. 3.ロング・アンプン村 / p53 (0059.jp2)
  11. 4.ダタ・ビラン・イリル村 / p60 (0066.jp2)
  12. 5.グマール・バルー集落 / p70 (0076.jp2)
  13. 6.ラントー・セントサ集落 / p79 (0085.jp2)
  14. 7.カラン・ムムス・ダラム集落 / p87 (0093.jp2)
  15. 第1章の注釈 / p96 (0102.jp2)
  16. 第2章:焼畑システムの動態-現象論的把握 / p101 (0107.jp2)
  17. 1.経済・社会システムの変容 / p101 (0107.jp2)
  18. 2.地力再生産システムの変容(環境への影響変化) / p113 (0119.jp2)
  19. 3.まとめ / p118 (0124.jp2)
  20. 第2章の注釈 / p119 (0126.jp2)
  21. 第3章:休閑期短縮の経済学的検討 / p120 (0127.jp2)
  22. 1.既存の焼畑農業集約化論の限界 / p120 (0127.jp2)
  23. 2.移住による焼畑集落の発展段階 / p121 (0128.jp2)
  24. 3.新しい概念装置の設定 / p123 (0130.jp2)
  25. 4.クニャー族の焼畑農業集約化論 / p126 (0133.jp2)
  26. 第3章の注釈 / p133 (0140.jp2)
  27. 終章:焼畑システムの変容メカニズム / p134 (0141.jp2)
  28. 参考文献 / p136 (0143.jp2)
  29. 1.日本語文献 / p136 (0143.jp2)
  30. 2.外国語文献 / p140 (0147.jp2)
  31. 付録1:クニャー族の焼畑農業集約化に関連する諸指標の相互関係 / p149 (0156.jp2)
  32. 付録2:クニャー族以外の焼畑集落の土地利用システム / p151 (0158.jp2)
  33. 付録3:一次データ / p156 (0163.jp2)
  34. 1.ロング・ベタオ村 / p156 (0163.jp2)
  35. 2.ロング・アンプン村 / p167 (0174.jp2)
  36. 3.ダタ・ビラン・イリル村 / p180 (0187.jp2)
  37. 4.グマール・バルー集落 / p193 (0200.jp2)
  38. 5.ラントー・セントサ集落 / p206 (0213.jp2)
  39. 6.カラン・ムムス・ダラム集落 / p221 (0228.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083277
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012443
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247591
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ