直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)による湖沼河口域の水および低質汚染の評価とその運命予測手法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 天野, 耕二 アマノ, コウジ

書誌事項

タイトル

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)による湖沼河口域の水および低質汚染の評価とその運命予測手法に関する研究

著者名

天野, 耕二

著者別名

アマノ, コウジ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第9968号

学位授与年月日

1991-01-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目次 / (0002.jp2)
  2. 序章 / p1 (0004.jp2)
  3. 研究の背景 / p1 (0004.jp2)
  4. これまでの知見と課題 / p2 (0005.jp2)
  5. 本研究の意義と目的 / p4 (0006.jp2)
  6. 参考文献 / p6 (0007.jp2)
  7. 第1章 全国湖沼底質中のLASの分布特性 / p7 (0007.jp2)
  8. 1.1 緒論 / p7 (0007.jp2)
  9. 1.2 調査水域と調査方法 / p7 (0007.jp2)
  10. 1.3 同族体・異性体組成 / p8 (0008.jp2)
  11. 1.4 水中LASと底質中LASの関係 / p10 (0009.jp2)
  12. 1.5 鉛直分布 / p12 (0010.jp2)
  13. 1.6 流下方向の変化 / p14 (0011.jp2)
  14. 1.7 他の項目とLASの関係 / p15 (0011.jp2)
  15. 1.8 結論 / p16 (0012.jp2)
  16. 参考文献 / p17 (0012.jp2)
  17. APPENDIX LASの分析方法 / p18 (0013.jp2)
  18. 第2章 LAS濃度データの代表性と汚染の評価 / p19 (0013.jp2)
  19. 2.1 緒論 / p19 (0013.jp2)
  20. 2.2 調査水域と調査方法 / p19 (0013.jp2)
  21. 2.3 水および底質中のLAS濃度の変動特性 / p20 (0014.jp2)
  22. 2.4 水中LAS濃度と底質中LAS濃度の関係 / p24 (0016.jp2)
  23. 2.5 河口における水中LAS濃度の評価と予測 / p26 (0017.jp2)
  24. 2.6 結論 / p28 (0018.jp2)
  25. 参考文献 / p29 (0018.jp2)
  26. 第3章 LASの懸濁物・底質粒子への吸着特性 / p30 (0019.jp2)
  27. 3.1 緒論 / p30 (0019.jp2)
  28. 3.2 化学物質の吸着に関する既往の研究 / p30 (0019.jp2)
  29. 3.3 実験方法 / p32 (0020.jp2)
  30. 3.4 LASの吸着特性に影響する要因 / p32 (0020.jp2)
  31. 3.5 Freundlich型平衡吸着式における吸着係数kの変動 / p35 (0021.jp2)
  32. 3.6 現場における吸着係数kの推定と検証 / p40 (0024.jp2)
  33. 3.7 結論 / p42 (0025.jp2)
  34. 参考文献 / p43 (0025.jp2)
  35. 第4章 底質間隙水中の鉛直拡散によるLASの再移動過程 / p44 (0026.jp2)
  36. 4.1 緒論 / p44 (0026.jp2)
  37. 4.2 底質中LAS濃度の鉛直分布と季節変動 / p44 (0026.jp2)
  38. 4.3 拡散実験の方法 / p47 (0027.jp2)
  39. 4.4 底質中LASの溶存態と吸着態の関係 / p47 (0027.jp2)
  40. 4.5 LASの底質内拡放係数 / p49 (0028.jp2)
  41. 4.6 底質の堆積過程を考慮した移流と拡散の関係 / p52 (0030.jp2)
  42. 4.7 底質中のLASの分解 / p53 (0030.jp2)
  43. 4.8 数値計算による手賀沼底質中LAS濃度のシミュレーション / p55 (0031.jp2)
  44. 4.9 結論 / p57 (0032.jp2)
  45. 参考文献 / p58 (0033.jp2)
  46. APPENDIX 直上水中の濃度が周期的に変動する場合の底質LAS濃度の変動についての一般解 / p59 (0033.jp2)
  47. 第5章 湖沼河口域におけるLASの運命予測モデル / p61 (0034.jp2)
  48. 5.1 緒論 / p61 (0034.jp2)
  49. 5.2 水中LAS濃度の流下方向の変化 / p62 (0035.jp2)
  50. 5.3 LASの挙動のモデル化 / p63 (0035.jp2)
  51. 5.4 運命予測モデルの検証 / p70 (0039.jp2)
  52. 5.5 結論 / p73 (0040.jp2)
  53. 参考文献 / p74 (0041.jp2)
  54. 終章 / p75 (0041.jp2)
  55. 研究成果の総括 / p75 (0041.jp2)
  56. 今後の課題 / p78 (0043.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083295
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083505
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247609
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ