肉用牛経営の展開構造

この論文をさがす

著者

    • 栗原, 幸一 クリハラ, コウイチ

書誌事項

タイトル

肉用牛経営の展開構造

著者名

栗原, 幸一

著者別名

クリハラ, コウイチ

学位授与大学

東京大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第10051号

学位授与年月日

1991-03-04

注記・抄録

博士論文

報告番号: 乙10051 ; 学位授与年月日: 1991-03-04 ; 学位の種別: 論文博士 ; 学位の種類: 農学博士 ; 学位記番号: 第10051号 ; 研究科・専攻: 農学系研究科

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 課題と方法 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 和牛の用畜化と肉用牛生産の成立過程 / p9 (0012.jp2)
  4. 第1節 和牛用畜化の展開過程 / p9 (0012.jp2)
  5. 1.役畜段階の和牛飼養 / p9 (0012.jp2)
  6. 2.和牛用畜化の契機とプロセス / p19 (0022.jp2)
  7. 3.商品生産的肉用牛生産の成立 / p34 (0037.jp2)
  8. 第2節 和牛の用畜化と肉用牛生産の構造変化 / p41 (0044.jp2)
  9. 1.飼養構造の再編と飼養構造の変化 / p41 (0044.jp2)
  10. 2.牛価形成条件の変化と牛価水準の上昇 / p49 (0052.jp2)
  11. 第2章 商品生産的肉用牛生産と経営の展開 / p56 (0059.jp2)
  12. 第1節 乳用牛による肉牛生産の成立 / p56 (0059.jp2)
  13. 第2節 和牛による牛肉生産の構造変化 / p69 (0072.jp2)
  14. 1.肉用牛肥育の技術変化 / p69 (0072.jp2)
  15. 2.流通飼料依存促進の要因と背景 / p74 (0077.jp2)
  16. 3.出荷時体重増・上質肉生産化の要因と背景 / p82 (0085.jp2)
  17. 4.肉用子牛生産への影響 / p90 (0093.jp2)
  18. 第3章 肉用牛経営の課題と展開の方向 / p96 (0099.jp2)
  19. 第1節 肉用牛経営の環境と基本課題 / p96 (0099.jp2)
  20. 第2節 肉用牛繁殖経営の課題と方向 / p103 (0106.jp2)
  21. 1.経営の特質と問題の所在 / p103 (0106.jp2)
  22. 2.経営展開の方向と課題 / p112 (0115.jp2)
  23. 第3節 肉用牛肥育経営の課題と方向 / p118 (0121.jp2)
  24. 1.「上質肉」生産の限界性 / p118 (0121.jp2)
  25. 2.コスト低減・収益性向上の方向 / p122 (0125.jp2)
  26. 補章 受精卵移植技術の普及に伴う肉用牛生産構造の変化 / p133 (0136.jp2)
  27. はじめに―――課題と限定 / p133 (0136.jp2)
  28. 1.受精卵移植技術の概要と現状水準 / p135 (0138.jp2)
  29. 2.受精卵移植技術の肉用牛生産への応用 / p142 (0145.jp2)
  30. 3.肉用牛生産における導入条件と構造変化 / p146 (0149.jp2)
  31. 終章 要約と結論 / p163 (0166.jp2)
  32. 1.課題と方法 / p163 (0166.jp2)
  33. 2.展開過程 / p163 (0166.jp2)
  34. 3.構造変化 / p165 (0168.jp2)
  35. 4.課題と方向 / p167 (0170.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083378
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083588
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000247692
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ