玉糸節による意匠糸模様の構築に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 西岡, 孝彦 ニシオカ, タカヒコ

書誌事項

タイトル

玉糸節による意匠糸模様の構築に関する研究

著者名

西岡, 孝彦

著者別名

ニシオカ, タカヒコ

学位授与大学

東京大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第10065号

学位授与年月日

1991-03-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第2章 シャンタン布面上に現れる玉糸節の織り模様特性 / p4 (0008.jp2)
  3. 2.1玉糸節発生間隔の計測について / p5 (0009.jp2)
  4. 2.2玉糸節の発生間隔特性について / p7 (0011.jp2)
  5. 2.3玉糸を用いた織布面上の玉糸節発現特性 / p13 (0017.jp2)
  6. 2.4玉糸節の発生間隔分布について / p31 (0035.jp2)
  7. 考察 / p37 (0041.jp2)
  8. 第3章 玉糸による織布面上の節模様発現特性 / p38 (0042.jp2)
  9. 3.1織布のモデルと定義 / p39 (0043.jp2)
  10. 3.2FOLD織の区画面内の節数の期待値 / p53 (0057.jp2)
  11. 3.3FOLD織の区画面内の節総数の分散 / p56 (0060.jp2)
  12. 3.4分散共分散と節発生間隔分布との関係について / p61 (0065.jp2)
  13. 3.5SIMPLE織の区画面内の節数の期待値 / p64 (0068.jp2)
  14. 3.6SIMPLE織の区画面内の節総数の分散 / p66 (0070.jp2)
  15. 考察 / p69 (0073.jp2)
  16. 第4章 玉糸による意匠糸を用いた織布面上の節数の分散―面積、平均値―面積曲線 / p71 (0075.jp2)
  17. 4.1シミュレーションによる玉糸を用いたFOLD織の分散―面積曲線4. / p72 (0076.jp2)
  18. 4.2シミュレーションによる玉糸を用いたSIMPLE織の分散―面積曲線 / p83 (0087.jp2)
  19. 4.3節発生間隔分布にガンマ分布を用いた時のFOLD織の分散―面積曲線 / p93 (0097.jp2)
  20. 4.4節発生間隔分布にガンマ分布を用いた時のSIMPLE織の分散一面積曲線 / p114 (0118.jp2)
  21. 考察 / p134 (0138.jp2)
  22. 第5章 区画面内の節数の総数計数のための離散モデル / p135 (0139.jp2)
  23. 5.1離散モデルの節発生特性の解析 / p136 (0140.jp2)
  24. 5.2離散モデルによるFOLD織の分散―面積曲線について / p142 (0146.jp2)
  25. 5.3離散モデルによるSIMPLE織の分散―面積 / p152 (0156.jp2)
  26. 考察 / p161 (0165.jp2)
  27. 総合考察 / p162 (0166.jp2)
  28. 摘要 / p167 (0171.jp2)
  29. 謝辞 / p170 (0174.jp2)
  30. 引用文献 / p171 (0175.jp2)
  31. 付録 / p174 (0178.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083392
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083602
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247706
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ