異端カタリ派の研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 昌美, 1930- ワタナベ, マサミ

書誌事項

タイトル

異端カタリ派の研究

著者名

渡辺, 昌美, 1930-

著者別名

ワタナベ, マサミ

学位授与大学

東京大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第10079号

学位授与年月日

1991-03-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文の内容の要旨 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p5 (0007.jp2)
  3. 序論 / p1 (0011.jp2)
  4. 1 オルレアンの火刑台からアルビジョア十字軍まで / p1 (0011.jp2)
  5. 2 二元論異端とその名称 / p10 (0016.jp2)
  6. 3 系譜をめぐる諸説 / p17 (0019.jp2)
  7. 4 史料状況 / p27 (0024.jp2)
  8. 第一部 カタリ派の輪郭 / (0030.jp2)
  9. 第一章 諸教団の分布 / p41 (0031.jp2)
  10. 1 一二五〇年の状況 / p41 (0031.jp2)
  11. 2 諸教団の分類 / p47 (0034.jp2)
  12. 3 二大分派 / p50 (0036.jp2)
  13. 第二章 分裂と展開 / p59 (0040.jp2)
  14. 1 伝来の第一および第二段階 / p59 (0040.jp2)
  15. 2 第三段階 / p70 (0046.jp2)
  16. 3 分裂の決定化 / p76 (0049.jp2)
  17. 第三章 穏和派と絶対派 / p84 (0053.jp2)
  18. 1 教団と教説の連続 / p84 (0053.jp2)
  19. 2 穏和派ニ教団の教説、および相違点 / p91 (0056.jp2)
  20. 3 絶対派の輪廻転生説と終末観 / p100 (0061.jp2)
  21. 第四章 絶対派の内部分派 / p105 (0063.jp2)
  22. 1 ヨハネス・デ・ルギオと『両原理論』 / p105 (0063.jp2)
  23. 2 二元論神学の発達―デュラン・ド・ユエスカの周辺 / p116 (0069.jp2)
  24. 第五章 穏和派の内部分派-ナザリウス派の形成と「秘伝書」の伝来 / p130 (0076.jp2)
  25. 第六章 救済の構造 / p151 (0086.jp2)
  26. 第七章 源流と継受 / p171 (0096.jp2)
  27. 1 東欧の史料状況 / p171 (0096.jp2)
  28. 2 ボゴミリ派の教説と慣習 / p174 (0098.jp2)
  29. 3 カタリ絶対派の淵源と小パオロ派 / p192 (0107.jp2)
  30. 4 継受の諸階梯 / p218 (0120.jp2)
  31. 第八章「山の彼方の司教」と謎の教団 / p230 (0126.jp2)
  32. 第二部 南フランスのカタリ派 / (0134.jp2)
  33. 第九章 禁欲の戒律 / p249 (0135.jp2)
  34. 1 人間観と倫理規範 / p249 (0135.jp2)
  35. 2 日常の禁忌 / p255 (0138.jp2)
  36. 3 慣行の拒否 / p270 (0146.jp2)
  37. 第一〇章 行動の様態 / p284 (0153.jp2)
  38. 1 耐忍(白発殉教)の問題 / p284 (0153.jp2)
  39. 2 宣教と司牧 / p303 (0162.jp2)
  40. 第一一章 南フランス教団の出現 / p319 (0170.jp2)
  41. 1 異端気運の醸成 / p319 (0170.jp2)
  42. 2 サン・フェリクス異端会議 / p332 (0177.jp2)
  43. 3 『宗会要録』論争の現状 / p349 (0185.jp2)
  44. 4 南フランス諸教団の確立 / p360 (0191.jp2)
  45. 第一二章 展開と受容の範囲 / p366 (0194.jp2)
  46. 1 濃密地帯と地理的限界 / p366 (0194.jp2)
  47. 2 実勢力推計の試み / p373 (0197.jp2)
  48. 3 階層分布 / p377 (0199.jp2)
  49. 4 中小領主の異端傾斜 / p386 (0204.jp2)
  50. 第一三章 教団の構造 / p394 (0208.jp2)
  51. 1 社会的適合の問題 / p394 (0208.jp2)
  52. 2 救慰礼の構造 / p398 (0210.jp2)
  53. 3 救慰礼の性格 / p409 (0215.jp2)
  54. 4 教団の均質性と参進礼 / p416 (0219.jp2)
  55. 第一四章 力夕リ派と社会の接線 / p427 (0224.jp2)
  56. 1 帰依者の儀礼-致善礼と結縁礼 / p427 (0224.jp2)
  57. 2 禁欲と乱倫 / p436 (0229.jp2)
  58. 3 帰依者の本質 / p444 (0233.jp2)
  59. 4 ラングドック的諸条件 / p450 (0236.jp2)
  60. 5 展望 / p456 (0239.jp2)
  61. あとがき / p461 (0241.jp2)
  62. 略語表 / p4 (0245.jp2)
  63. 略年表 / p1 (0247.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083406
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001012465
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247720
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ