サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂交差部円蓋の構造特性と架構法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 青木, 孝義 アオキ, タカヨシ

書誌事項

タイトル

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂交差部円蓋の構造特性と架構法に関する研究

著者名

青木, 孝義

著者別名

アオキ, タカヨシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第10105号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文の内容の要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p7 (0009.jp2)
  3. 第1章 研究の目的と意義 / p1 (0010.jp2)
  4. 第2章 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの構造特性と架構法に関する既往の力学的研究 / p2 (0011.jp2)
  5. 2・1 既往の研究 / p2 (0011.jp2)
  6. 2・2 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの現状 / p18 (0019.jp2)
  7. 付録2-1 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂建設経緯 / p23 (0021.jp2)
  8. 付録2-2 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂測定値比較 / p26 (0023.jp2)
  9. 付録2-3 サンタ・マリア・デル・フィオ一レ大聖堂調査記録 / p29 (0024.jp2)
  10. 注 / p37 (0028.jp2)
  11. 第3章 組積造構造物のための解析手法の開発(二次元弾塑性接合要素のトラス置換による定式化とその応用) / p42 (0031.jp2)
  12. 3・1 トラス置換法による接合要素の定式化(モデルI:引張破断型のトラス部材の場合) / p42 (0031.jp2)
  13. 3・2 接合要素の有限要素としての定式化 / p51 (0035.jp2)
  14. 3・3 薄いモルタルあるいはコンクリートのための接合要素(モデルII) / p52 (0036.jp2)
  15. 付録3-1 地盤のすべり解析例 / p55 (0037.jp2)
  16. 注 / p63 (0041.jp2)
  17. 第4章 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの構造解析とその結果 / p64 (0042.jp2)
  18. 4・1 下部構造について / p67 (0043.jp2)
  19. 4・2 平面骨組モデル(主リブ中心モデル) / p68 (0044.jp2)
  20. 4・3 平面骨組モデル(辺中心1/8モデル) / p68 (0044.jp2)
  21. 4・4 立体骨組モデル(辺隅部1/8モデル) / p69 (0044.jp2)
  22. 4・5 立体トラスモデル(辺中心1/8モデル) / p72 (0046.jp2)
  23. 4・6 立体有限要素モデル(1/16モデル) / p82 (0051.jp2)
  24. 4・7 弾塑性接合要素を用いた施工上面モデル(施工上面1/16モデル) / p85 (0052.jp2)
  25. 4・8 弾塑性接合要素を用いた平面有限要素モデル(辺中心1/8モデル) / p89 (0054.jp2)
  26. 4・9 弾塑性接合要素を用いた腰壁モデル(辺中心1/8モデル) / p101 (0060.jp2)
  27. 4・10 弾塑性接合要素を用いたドームの形態モデル(辺中心1/8モデル) / p103 (0061.jp2)
  28. 注 / p108 (0064.jp2)
  29. 第5章 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの木製リングの構造的役割について / p109 (0064.jp2)
  30. 5・1 木製リングの建設経緯とその役割に関する諸説 / p111 (0065.jp2)
  31. 5・2 解析結果とその考察 / p116 (0068.jp2)
  32. 注 / p122 (0071.jp2)
  33. 第6章 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームのレンガ造水平アーチの構造的役割について / p127 (0073.jp2)
  34. 6・1 レンガ造水平アーチの建設経緯とその役割に関する諸説 / p127 (0073.jp2)
  35. 6・2 解析結果とその考察 / p130 (0075.jp2)
  36. 注 / p134 (0077.jp2)
  37. 第7章 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの形態について / p136 (0078.jp2)
  38. 7・1 ドームの曲率の決定経緯 / p136 (0078.jp2)
  39. 7・2 解析結果とその考察 / p139 (0079.jp2)
  40. 注 / p145 (0082.jp2)
  41. 第8章 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームのその他の力学的特性について / p150 (0085.jp2)
  42. 8・1 石造リングの構造的役割について / p150 (0085.jp2)
  43. 8・2 杉綾積みの構造的役割について / p153 (0086.jp2)
  44. 8・3 クラックについて / p155 (0087.jp2)
  45. 8・4 全体の力学的特性について / p159 (0089.jp2)
  46. 8・5 その他の力学的特性について / p159 (0089.jp2)
  47. 8・6 補強について / p161 (0090.jp2)
  48. 注 / p163 (0091.jp2)
  49. 第9章 他のドームとの比較からみたサンタ・マリア・デル・フィオーレ聖堂のドームの構造特性について / p167 (0093.jp2)
  50. 9・1 パッツィ家礼拝堂のドームの構造特性について / p167 (0093.jp2)
  51. 9・2 ハギア・ソフィア大聖堂のドームの構造特性について / p176 (0098.jp2)
  52. 9・3 他のドームとの比較からみたサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドームの構造特性について / p209 (0114.jp2)
  53. 注 / p211 (0115.jp2)
  54. 第10章 結論 / p213 (0116.jp2)
  55. 謝辞 / p217 (0118.jp2)
  56. 参考文献 / p219 (0119.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083432
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083642
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247746
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ