固定無線通信における高効率ディジタル変復調系に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中村, 康久 ナカムラ, ヤスヒサ

書誌事項

タイトル

固定無線通信における高効率ディジタル変復調系に関する研究

著者名

中村, 康久

著者別名

ナカムラ, ヤスヒサ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第10120号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 研究の目的と論文の概要 / p2 (0008.jp2)
  5. 第2章 高効率ディジタル変復調技術 / p7 (0010.jp2)
  6. 2.1 電気通信網を構成する伝送メディア / p7 (0010.jp2)
  7. 2.2 ディジタル無線方式の進展と特徴 / p10 (0012.jp2)
  8. 2.3 ディジタル無線方式を支える各種技術 / p14 (0014.jp2)
  9. 2.4 ディジタル変復調技術とその利用効率 / p18 (0016.jp2)
  10. 第3章 TDMAバースト通信用変復調技術(時間的、空間的利用効率の向上) / p26 (0020.jp2)
  11. 3.1 時分割多元接続(TDMA)を用いた地上系固定無線通信 / p26 (0020.jp2)
  12. 3.2 送信電力制御(ATPC)を用いたASK変調方式 / p30 (0022.jp2)
  13. 3.3 差動FSK・パーシャルレスポンス検波方式 / p41 (0027.jp2)
  14. 3.4 総合伝送試験 / p52 (0033.jp2)
  15. 第4章 高精度256QAM変復調技術(周波数利用効率の向上) / p58 (0036.jp2)
  16. 4.1 変調機能の高精度技術 / p58 (0036.jp2)
  17. 4.2 自動しきい値制御多値識別回路 / p63 (0038.jp2)
  18. 4.3 256QAM用選択制御キャリア同期方式 / p75 (0044.jp2)
  19. 4.4 全ディジタル化256QAM変復調回路 / p80 (0047.jp2)
  20. 4.5 誤り訂正符号化技術 / p84 (0049.jp2)
  21. 4.6 試作256QAM変復調装置 / p87 (0050.jp2)
  22. 第5章 トレリス符号化多値変復調技術(電力効率および回線品質の向上) / p95 (0054.jp2)
  23. 5.1 トレリス符号化変調技術の概要 / p95 (0054.jp2)
  24. 5.2 高利得・多値TCM技術~SPORT(Signal points Reduced Trellis-coded)-QAM / p100 (0057.jp2)
  25. 5.3 BER特性の解明 / p104 (0059.jp2)
  26. 5.4 フェージング伝搬路における信号伝送特性 / p113 (0063.jp2)
  27. 5.5 高利得符号化変調LSI(SPORT-LSI) / p117 (0065.jp2)
  28. 5.6 試作トレリス符号化256QAM変復調装置 / p120 (0067.jp2)
  29. 第6章 結言 / p126 (0070.jp2)
  30. 謝辞 / p131 (0072.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083447
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083657
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247761
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ