トンネルの土圧現象と支保構造に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 猪熊, 明 イノクマ, アキラ

書誌事項

タイトル

トンネルの土圧現象と支保構造に関する研究

著者名

猪熊, 明

著者別名

イノクマ, アキラ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第10129号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. ABSTRACT / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / (0010.jp2)
  3. 1.序論 / p1 (0011.jp2)
  4. 1.1 研究の概要 / p1 (0011.jp2)
  5. 1.2 用語の定義および記号 / p3 (0012.jp2)
  6. 2.トンネルの力学的研究に関する方法論 / p6 (0014.jp2)
  7. 2.1 理論解析 / p6 (0014.jp2)
  8. 2.2 模型実験 / p8 (0015.jp2)
  9. 3.土被りの小さいトンネルの土圧現象に関する研究 / p29 (0025.jp2)
  10. 3.1 概説 / p29 (0025.jp2)
  11. 3.2 3次元模型実験 / p29 (0025.jp2)
  12. 3.3 現場計測 / p36 (0029.jp2)
  13. 3.4 結論 / p43 (0032.jp2)
  14. 4.土被りの大きいトンネルの土圧現象に関する研究 / p81 (0051.jp2)
  15. 4.1 概説 / p81 (0051.jp2)
  16. 4.2 地山物性に関する3次元模型実験 / p81 (0051.jp2)
  17. 4.3 地山強度比と支保剛性に関する3次元模型実験 / p85 (0053.jp2)
  18. 4.4 現場計測 / p90 (0056.jp2)
  19. 4.5 結論 / p100 (0061.jp2)
  20. 5.シールドトンネルの設計荷重に関する研究 / p157 (0089.jp2)
  21. 5.1 概説 / p157 (0089.jp2)
  22. 5.2 シールドトンネルの一般的な設計法 / p157 (0089.jp2)
  23. 5.3 現場計測 / p158 (0090.jp2)
  24. 5.4 結論 / p165 (0093.jp2)
  25. 6.ロックボルト工に関する3次元模型実験および有限要素解析 / p191 (0106.jp2)
  26. 6.1 概説 / p191 (0106.jp2)
  27. 6.2 模型実験 / p191 (0106.jp2)
  28. 6.3 有限要素解析 / p195 (0108.jp2)
  29. 6.4 結論 / p198 (0110.jp2)
  30. 7.トンネル設計法への応用と今後の検討課題 / p216 (0119.jp2)
  31. 7.1 トンネル設計技術の現状 / p216 (0119.jp2)
  32. 7.2 研究結果のトンネル設計法への応用 / p217 (0119.jp2)
  33. 7.3 今後の検討課題 / p221 (0121.jp2)
  34. 8.結語 / p227 (0124.jp2)
  35. 謝辞 / p229 (0125.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083456
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083666
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247770
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ