高分子の化学構造と気体透過性の関係に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 廣瀬, 卓司 ヒロセ, タクジ

書誌事項

タイトル

高分子の化学構造と気体透過性の関係に関する研究

著者名

廣瀬, 卓司

著者別名

ヒロセ, タクジ

学位授与大学

東京大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第10140号

学位授与年月日

1991-03-15

注記・抄録

博士論文

報告番号: 乙10140 ; 学位授与年月日: 1991-03-15 ; 学位の種別: 論文博士 ; 学位の種類: 工学博士 ; 学位記番号: 第10140号 ; 研究科・専攻: 工学系研究科化学工学専攻

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 研究の目的 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p3 (0009.jp2)
  6. 第2章 背景 / p5 (0011.jp2)
  7. 第1節 気体透過の現象論 / p5 (0011.jp2)
  8. 第2節 高分子中への気体収着 / p8 (0014.jp2)
  9. 2.2.1 ゴム状高分子 / p8 (0014.jp2)
  10. 2.2.2 ガラス状高分子 / p9 (0015.jp2)
  11. 第3節 高分子中への気体の拡散 / p13 (0019.jp2)
  12. 2.3.1 ゴム状高分子 / p13 (0019.jp2)
  13. 2.3.2 ガラス状高分子 / p15 (0021.jp2)
  14. 2.3.3 二元収着モデルとマトリックスモデル / p17 (0023.jp2)
  15. 第4節 高分子中への気体拡散モデル / p18 (0024.jp2)
  16. 2.4.1 分子モデル / p19 (0025.jp2)
  17. 2.4.2 自由体積モデル / p21 (0027.jp2)
  18. 第5節 気体透過性能に影響を及ぼす因子 / p23 (0029.jp2)
  19. 2.5.1 相転移温度の影響 / p23 (0029.jp2)
  20. 2.5.2 高分子構造の影響 / p24 (0030.jp2)
  21. 2.5.3 結晶の影響 / p24 (0030.jp2)
  22. 2.5.4 透過気体の影響 / p25 (0031.jp2)
  23. 2.5.5 その他の因子 / p26 (0032.jp2)
  24. 第3章 実験方法 / p27 (0033.jp2)
  25. 第1節 試料 / p27 (0033.jp2)
  26. 3.1.1 試薬 / p27 (0033.jp2)
  27. 3.1.2 高分子 / p27 (0033.jp2)
  28. 3.1.3 気体 / p34 (0040.jp2)
  29. 3.1.4 製膜 / p34 (0040.jp2)
  30. 第2節 気体透過実験 / p34 (0040.jp2)
  31. 3.2.1 低圧気体透過実験 / p34 (0040.jp2)
  32. 3.2.2 高圧気体透過実験 / p38 (0044.jp2)
  33. 第3節 気体収着実験 / p40 (0046.jp2)
  34. 3.3.1 重量法低圧気体収着実験 / p40 (0046.jp2)
  35. 3.3.2 重量法高圧気体収着実験 / p41 (0047.jp2)
  36. 3.3.3 容積法高圧気体収着実験 / p42 (0048.jp2)
  37. 第4節 物性測定 / p44 (0050.jp2)
  38. 3.4.1 比容と膨張係数 / p44 (0050.jp2)
  39. 3.4.2 密度 / p44 (0050.jp2)
  40. 3.4.3 ガラス転移温度 / p44 (0050.jp2)
  41. 3.4.4 分子量 / p45 (0051.jp2)
  42. 3.4.5 元素分析 / p45 (0051.jp2)
  43. 3.4.6 d-幅 / p45 (0051.jp2)
  44. 3.4.7 相転移 / p45 (0051.jp2)
  45. 3.4.8 非線形最小二乗法 / p45 (0051.jp2)
  46. 第4章 ポリホスファゼン中への気体輸送 / p46 (0052.jp2)
  47. 第1節 ポリ[ビス(トリフルオロエトキシ)ホスファゼン] / p46 (0052.jp2)
  48. 4.1.1 はじめに / p46 (0052.jp2)
  49. 4.1.2 熱物性と高次構造 / p46 (0052.jp2)
  50. 4.1.3 T(1)転移以下の気体透過挙動 / p47 (0053.jp2)
  51. 4.1.4 PTFEPの特徴 / p47 (0053.jp2)
  52. 4.1.5 T(1)転移以上の気体透過挙動 / p52 (0058.jp2)
  53. 4.1.6 側鎖の影響 / p54 (0060.jp2)
  54. 4.1.7 まとめ / p55 (0061.jp2)
  55. 第2節 ポリアルコキシホスファゼン / p56 (0062.jp2)
  56. 4.2.1 はじめに / p56 (0062.jp2)
  57. 4.2.2 熱物性と高次構造 / p56 (0062.jp2)
  58. 4.2.3 輸送パラメータ / p56 (0062.jp2)
  59. 4.2.4 拡散性と溶解性 / p60 (0066.jp2)
  60. 4.2.5 まとめ / p62 (0068.jp2)
  61. 第3節 芳香環を含むポリホスファゼン / p62 (0068.jp2)
  62. 4.3.1 はじめに / p62 (0068.jp2)
  63. 4.3.2 熱物性と高次構造 / p62 (0068.jp2)
  64. 4.3.3 輸送パラメータ / p62 (0068.jp2)
  65. 4.3.4 まとめ / p65 (0071.jp2)
  66. 第4節 側鎖構造と気体輸送挙動 / p65 (0071.jp2)
  67. 4.4.1 はじめに / p65 (0071.jp2)
  68. 4.4.2 溶解性 / p65 (0071.jp2)
  69. 4.4.3 拡散性 / p67 (0073.jp2)
  70. 4.4.4 透過選択性 / p67 (0073.jp2)
  71. 4.4.5 まとめ / p68 (0074.jp2)
  72. 輸送パラメータ一覧 / p70 (0076.jp2)
  73. 第5章 ポリカルボン酸ビニル中への気体輸送 / p75 (0081.jp2)
  74. 第1節 ポリ安息香酸ビニル / p75 (0081.jp2)
  75. 5.1.1 はじめに / p75 (0081.jp2)
  76. 5.1.2 熱物性と高次構造 / p75 (0081.jp2)
  77. 5.1.3 輸送パラメータ / p76 (0082.jp2)
  78. 5.1.4 溶解・拡散性 / p77 (0083.jp2)
  79. 5.1.5 高圧気体収着挙動 / p80 (0086.jp2)
  80. 5.1.6 履歴現象 / p83 (0089.jp2)
  81. 5.1.7 低圧二酸化炭素収着挙動 / p84 (0090.jp2)
  82. 5.1.8 暴露効果 / p85 (0091.jp2)
  83. 5.1.9 まとめ / p88 (0094.jp2)
  84. 第2節 安息香酸ビニル―酢酸ビニル共重合体 / p89 (0095.jp2)
  85. 5.2.1 はじめに / p89 (0095.jp2)
  86. 5.2.2 熱物性と高次構造 / p89 (0095.jp2)
  87. 5.2.3 輸送パラメータ / p91 (0097.jp2)
  88. 5.2.4 共重合比依存性 / p92 (0098.jp2)
  89. 5.2.5 まとめ / p95 (0101.jp2)
  90. 第3節 ポリシクヘキサンカルボン酸ビニル / p96 (0102.jp2)
  91. 5.3.1 はじめに / p96 (0102.jp2)
  92. 5.3.2 低圧二酸化炭素収着挙動 / p96 (0102.jp2)
  93. 5.3.3 輸送パラメータ / p97 (0103.jp2)
  94. 5.3.4 高圧気体収着挙動 / p101 (0107.jp2)
  95. 5.3.5 まとめ / p104 (0110.jp2)
  96. 第4節 ポリメチル安息香酸ビニル / p104 (0110.jp2)
  97. 5.4.1 はじめに / p104 (0110.jp2)
  98. 5.4.2 熱物性と高次構造 / p105 (0111.jp2)
  99. 5.4.3 輸送パラメータ / p105 (0111.jp2)
  100. 5.4.4 まとめ / p109 (0115.jp2)
  101. 第5節 気体輸送挙動と物性の関係 / p109 (0115.jp2)
  102. 5.5.1 はじめに / p109 (0115.jp2)
  103. 5.5.2 気体拡散性と自由体積との関係 / p109 (0115.jp2)
  104. 5.5.3 溶解性 / p111 (0117.jp2)
  105. 5.5.4 透過選択性 / p113 (0119.jp2)
  106. 5.5.5 まとめ / p114 (0120.jp2)
  107. 第6節 ガラス状高分子におけるタイムラグ法 / p115 (0121.jp2)
  108. 5.6.1 はじめに / p115 (0121.jp2)
  109. 5.6.2 二酸化炭素透過挙動 / p115 (0121.jp2)
  110. 5.6.3 低圧二酸化炭素収着挙動 / p116 (0122.jp2)
  111. 5.6.4 透過係数と遅れ時間の圧力依存性 / p118 (0124.jp2)
  112. 5.6.5 見かけの拡散係数と平均拡散係数 / p119 (0125.jp2)
  113. 5.6.6 まとめ / p120 (0126.jp2)
  114. 輸送パラメータ一覧 / p121 (0127.jp2)
  115. 第6章 ポリイミド中への気体輸送 / p129 (0135.jp2)
  116. 6.1 はじめに / p129 (0135.jp2)
  117. 6.2 気体透過挙動 / p129 (0135.jp2)
  118. 6.3 気体収着挙動 / p131 (0137.jp2)
  119. 6.4 拡散性 / p136 (0142.jp2)
  120. 6.5 ポリイミドの化学構造と気体輸送 / p140 (0146.jp2)
  121. 6.6 まとめ / p140 (0146.jp2)
  122. 第7章 総括 / p142 (0148.jp2)
  123. 参考文献 / p144 (0150.jp2)
  124. 発表論文 / p153 (0159.jp2)
  125. 謝辞 / p154 (0160.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083467
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083677
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000247781
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ