アミノペプチダーゼとその調味液開発への応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 豊 カトウ, ユタカ

書誌事項

タイトル

アミノペプチダーゼとその調味液開発への応用に関する研究

著者名

加藤, 豊

著者別名

カトウ, ユタカ

学位授与大学

東京大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第10147号

学位授与年月日

1991-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. ********* 目次 ********** / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0012.jp2)
  3. 1.アミノペプチダーゼ / p3 (0014.jp2)
  4. 1)筋肉アミノペプチダーゼ / p3 (0014.jp2)
  5. 2)肝臓アミノペプチダーゼ / p6 (0017.jp2)
  6. 3)微生物アミノペプチダーゼ / p9 (0020.jp2)
  7. 2.食品中の遊離アミノ酸 / p15 (0026.jp2)
  8. 1)アミノ酸の呈味性 / p15 (0026.jp2)
  9. 2)食品中の遊離アミノ酸 / p16 (0027.jp2)
  10. 3)食肉熟成中に増加する遊離アミノ酸と生成機構 / p18 (0029.jp2)
  11. 3.天然調味液の開発 / p21 (0032.jp2)
  12. 1)天然調味料の分類 / p21 (0032.jp2)
  13. 2)酵素分解法による最近の調味料開発とその問題点 / p23 (0034.jp2)
  14. 4.本研究の目的 / p25 (0036.jp2)
  15. 第1章 鶏、豚骨格筋アミノペプチダーゼC / p27 (0038.jp2)
  16. I 実験材料および方法 / p29 (0040.jp2)
  17. II 結果および考察 / p33 (0044.jp2)
  18. 第2章 調味液開発に有用なアミノペプチダーゼ / p83 (0094.jp2)
  19. I 実験材料および方法 / p84 (0095.jp2)
  20. II 結果および考察 / p89 (0100.jp2)
  21. 第3章 調味液開発への応用 / p136 (0147.jp2)
  22. I 実験材料および方法 / p137 (0148.jp2)
  23. II 結果および考察 / p141 (0152.jp2)
  24. III まとめ / p170 (0181.jp2)
  25. 総括 / p174 (0185.jp2)
  26. 要旨 / p178 (0189.jp2)
  27. 謝辞 / p185 (0196.jp2)
  28. 文献 / p186 (0197.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083474
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083684
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247788
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ