癌化学療法における微量元素の利用

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 雅彦, 1959- サトウ, マサヒコ

書誌事項

タイトル

癌化学療法における微量元素の利用

著者名

佐藤, 雅彦, 1959-

著者別名

サトウ, マサヒコ

学位授与大学

北里大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第175号

学位授与年月日

1991-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. I.緒言 / p1 (0005.jp2)
  2. II.セレン化合物によるシスプラチンの副作用軽減 / p2 (0006.jp2)
  3. II-1.シスプラチンの副作用及び抗腫瘍効果に対する亜セレン酸の抑制効果 / p3 (0007.jp2)
  4. II-2.シスプラチンの毒性軽減剤としての亜セレン酸の至適投与条件 / p8 (0012.jp2)
  5. II-3.シスプラチン反復投与時の亜セレン酸併用の効果 / p18 (0022.jp2)
  6. II-4.シスプラチン投与後の白金の体内動態に及ぼす亜セレン酸併用の影響 / p25 (0029.jp2)
  7. II-5.シスプラチンの毒性に及ぼす食餌中からのセレン摂取量の影響 / p30 (0034.jp2)
  8. II-6.まとめ / p33 (0037.jp2)
  9. III.メタロチオネイン誘導合成による制癌剤の副作用軽減 / p34 (0038.jp2)
  10. III-1. シスプラチンの副作用及び抗腫瘍効果に対するメタロチオネイン誘導剤前投与の効果 / p35 (0039.jp2)
  11. III-2.各種制癌剤の副作用及び抗腫瘍効果に対する次硝酸ビスマス前投与の効果 / p45 (0049.jp2)
  12. III-3.放射線照射の副作用に対する次硝酸ビスマス前投与の抑制効果 / p64 (0068.jp2)
  13. III-4.制癌剤の副作用及び抗腫瘍効果に対する組織特異的なメタロチオネイン誘導合成の効果 / p67 (0071.jp2)
  14. III-5.多剤耐性因子としてのメタロチオネインの役割 / p73 (0077.jp2)
  15. III-6.メタロチオネインの示すフリーラジカル除去作用 / p76 (0080.jp2)
  16. III-7.まとめ / p87 (0091.jp2)
  17. IV.謝辞 / p89 (0093.jp2)
  18. V.文献 / p90 (0094.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083478
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000972781
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247792
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ