酵母GAL7 mRNA3'末端生成に必要なシグナル配列に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 阿部, 章夫, 1961- アベ, アキオ

書誌事項

タイトル

酵母GAL7 mRNA3'末端生成に必要なシグナル配列に関する研究

著者名

阿部, 章夫, 1961-

著者別名

アベ, アキオ

学位授与大学

北里大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第495号

学位授与年月日

1991-09-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 / p4 (0006.jp2)
  3. 第1章 酵母GAL7プロモーターを用いた発現ベクターによる異種遺伝子の発現とmRNA3'末端生成能の違いによる発現量の変化について / p8 (0010.jp2)
  4. 1-1 酵母GAL7プロモーターを用いた発現ベクターによるヒトアデノウイルスE1aの酵母内での発現 / p8 (0010.jp2)
  5. 1-2 発現ベクターpAA7の作製とヒトチトクロムP-450human-2の酵母内での発現 / p19 (0021.jp2)
  6. 第2章 GAL7mRNAの3'末端生成に必要なシグナル配列の決定について / p28 (0030.jp2)
  7. 2-1 GAL7mRNAの3'末端部位の決定 / p28 (0030.jp2)
  8. 2-2 欠失変異法による主要シグナル配列の決定 / p36 (0038.jp2)
  9. 2-3 末端シグナルの存在について / p44 (0046.jp2)
  10. 2-4 合成主要シグナルのmRNA3'末端生成に及ぼす効果 / p48 (0050.jp2)
  11. 2-5 Site directed mutagenesisによる主要シグナルの解析 / p53 (0055.jp2)
  12. 第3章 GAL7の合成pre-mRNAを用いたin vitroプロセッシングについて / p58 (0060.jp2)
  13. 3-1 GAL7pre-mRNAのin vitroのプロセッシングについて / p58 (0060.jp2)
  14. 3-2 プロセッシングにおけるco-factorの要求性 / p64 (0066.jp2)
  15. 3-3 In vitroプロセッシングにおける主要シグナルの関与について / p67 (0069.jp2)
  16. 第4章 GAL7のシグナル配列と他の遺伝子の3'非翻訳領域の比較 / p74 (0076.jp2)
  17. 4-1 HBs抗原mRNA3'末端との比較 / p74 (0076.jp2)
  18. 4-2 主要シグナルと他の酵母遺伝子3'側非翻訳領域の比較 / p79 (0081.jp2)
  19. 総括 / p83 (0085.jp2)
  20. 謝辞 / p87 (0089.jp2)
  21. 参考文献 / p88 (0090.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083520
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000972785
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247834
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ