多形核白血球の示す生物活性とそれに影響を与える薬物の作用

この論文をさがす

著者

    • 谷口, 勝彦 タニグチ, カツヒコ

書誌事項

タイトル

多形核白血球の示す生物活性とそれに影響を与える薬物の作用

著者名

谷口, 勝彦

著者別名

タニグチ, カツヒコ

学位授与大学

北里大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第497号

学位授与年月日

1991-09-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 略語 / p1 (0005.jp2)
  3. 要旨 / p2 (0006.jp2)
  4. 緒言 / p5 (0009.jp2)
  5. 多形核白血球の活性化機構(図1) / p9 (0013.jp2)
  6. 第一章 多形核白血球のスーパーオキサイドアニオン産生能に対する各種薬物の作用 / p10 (0014.jp2)
  7. 実験方法 / p10 (0014.jp2)
  8. 実験結果 / p12 (0016.jp2)
  9. 考察 / p20 (0024.jp2)
  10. 小括 / p22 (0026.jp2)
  11. 第二章 多形核白血球のアラキドン酸遊離に対する各種薬物の作用 / p23 (0027.jp2)
  12. 実験方法 / p23 (0027.jp2)
  13. 実験結果 / p26 (0030.jp2)
  14. 考察 / p32 (0036.jp2)
  15. 小括 / p35 (0039.jp2)
  16. 第三章 抗アレルギー薬の好中球機能に対する作用 / p37 (0041.jp2)
  17. 実験方法 / p39 (0043.jp2)
  18. 実験結果 / p41 (0045.jp2)
  19. 考察 / p46 (0050.jp2)
  20. 小括 / p48 (0052.jp2)
  21. 第四章 ヒスタミンH1受容体遮断薬の好中球代謝活性化に対する阻害作用 / p49 (0053.jp2)
  22. 実験方法 / p51 (0055.jp2)
  23. 実験結果 / p52 (0056.jp2)
  24. 考察 / p57 (0061.jp2)
  25. 小括 / p60 (0064.jp2)
  26. 第五章 抗ヒスタミン構造を持つ薬物の多形核白血球スーパーオキサイドアニオン産生阻害機序 / p62 (0066.jp2)
  27. 実験方法 / p64 (0068.jp2)
  28. 実験結果 / p64 (0068.jp2)
  29. 考察 / p68 (0072.jp2)
  30. 小括 / p70 (0074.jp2)
  31. 第六章 交感神経β作用薬の好中球機能阻害作用 / p71 (0075.jp2)
  32. 実験方法 / p71 (0075.jp2)
  33. 実験結果 / p73 (0077.jp2)
  34. 考察 / p84 (0088.jp2)
  35. 小括 / p87 (0091.jp2)
  36. 結論 / p88 (0092.jp2)
  37. 謝辞 / p89 (0093.jp2)
  38. 引用文献 / p90 (0094.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083522
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000083732
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000247836
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ