水素移動(H[-],H[+]移動)を伴う液相中での反応の速度論的,並びに平衡論的研究

この論文をさがす

著者

    • 大澤, 祥宏 オオサワ, ヨシヒロ

書誌事項

タイトル

水素移動(H[-],H[+]移動)を伴う液相中での反応の速度論的,並びに平衡論的研究

著者名

大澤, 祥宏

著者別名

オオサワ, ヨシヒロ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第1017号

学位授与年月日

1992-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第I部.ロイコビンドシェドラーズグリーン(BGH)とパラベンゾキノン誘導体(Q)との反応 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 2.実験 / p7 (0008.jp2)
  5. 2-1.試薬および溶媒 / p7 (0008.jp2)
  6. 2-2.速度論的測定 / p9 (0009.jp2)
  7. 2-3.低温領域における可視吸収スペクトルの測定 / p11 (0010.jp2)
  8. 2-4.ESRスペクトルの測定 / p12 (0011.jp2)
  9. 3.結果 / p13 (0011.jp2)
  10. 3-1.速度論的結果 / p13 (0011.jp2)
  11. 3-2.低温領域における可視吸収スペクトル / p33 (0021.jp2)
  12. 3-3.ESRスペクトル / p40 (0025.jp2)
  13. 参考文献 / p48 (0029.jp2)
  14. 4.考察 / p49 (0029.jp2)
  15. 4-1.速度式と反応機構 / p49 (0029.jp2)
  16. 4-2.置換基効果 / p52 (0031.jp2)
  17. 4-3.低温領域における可視吸収スペクトル / p56 (0033.jp2)
  18. 4-4.ESRスペクトル / p63 (0036.jp2)
  19. 参考文献 / p68 (0039.jp2)
  20. 5.結論 / p70 (0040.jp2)
  21. 6.付録 / p72 (0041.jp2)
  22. 6-1.速度式の導出 / p72 (0041.jp2)
  23. 6-2.溶液濃度の温度変化による補正 / p74 (0042.jp2)
  24. 第II部.ミヒラーズハイドライド(MH₂)とDDQとの反応 / p75 (0042.jp2)
  25. 1.緒言 / p75 (0042.jp2)
  26. 2.実験 / p76 (0043.jp2)
  27. 2-1.試薬及び溶媒 / p76 (0043.jp2)
  28. 2-2.速度論的測定 / p76 (0043.jp2)
  29. 2-3.低温領域における可視吸収スペクトルの測定 / p76 (0043.jp2)
  30. 2-4.ESRスペクトルの測定 / p77 (0043.jp2)
  31. 3.結果 / p77 (0043.jp2)
  32. 3-1.速度論的結果 / p77 (0043.jp2)
  33. 3-2.低温領域における可視吸収スペクトル / p84 (0047.jp2)
  34. 3-3.ESRスペクトル / p84 (0047.jp2)
  35. 4.考察 / p88 (0049.jp2)
  36. 4-1.速度式と反応機構 / p88 (0049.jp2)
  37. 4-2.低温領域における可視吸収スペクトル / p89 (0049.jp2)
  38. 4-3.ESRスペクトル / p89 (0049.jp2)
  39. 参考文献 / p92 (0051.jp2)
  40. 5.結論 / p93 (0051.jp2)
  41. 第III部.2,6-ジブロモ-4-[(3,5-ジブロモ-4-ヒドロキシフェニル)(2-エトキシカルボニルフェニル)メチレン]-2,5-シクロヘキサジエン-1-オン(TBPE)とアミン類との反応 / p94 (0052.jp2)
  42. 1.緒言 / p94 (0052.jp2)
  43. 2.実験 / p96 (0053.jp2)
  44. 2-1.試薬および溶媒 / p96 (0053.jp2)
  45. 2-2.平衡論的測定 / p97 (0053.jp2)
  46. 2-3.平衡定数の見積り / p97 (0053.jp2)
  47. 2-4.熱力学的パラメータの見積り / p99 (0054.jp2)
  48. 2-5.反応体積の見積り / p100 (0055.jp2)
  49. 参考文献 / p101 (0055.jp2)
  50. 3.結果 / p102 (0056.jp2)
  51. 3-1.TBPEとアミン類との反応(CT錯体形成反応) / p102 (0056.jp2)
  52. 3-2.TBPEとPSとの反応(イオン対形成反応) / p102 (0056.jp2)
  53. 4.考察 / p111 (0060.jp2)
  54. 4-1.CT錯体形成反応 / p111 (0060.jp2)
  55. 4-2.イオン対形成反応 / p113 (0061.jp2)
  56. 参考文献 / p119 (0064.jp2)
  57. 5.結論 / p120 (0065.jp2)
  58. 謝辞 / p121 (0065.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083852
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084062
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248166
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ