液体流れ系を用いる陰イオン性物質の高感度分析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 鄒, 駿 ツォウ, チュン

書誌事項

タイトル

液体流れ系を用いる陰イオン性物質の高感度分析に関する研究

著者名

鄒, 駿

著者別名

ツォウ, チュン

学位授与大学

岡山大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第1019号

学位授与年月日

1992-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第2章 直接吸光検出/逆相イオンペアクロマトグラフィー による陰イオンの分離と定量 / p8 (0008.jp2)
  4. 2.1 緒言 / p8 (0008.jp2)
  5. 2.2 直接吸光検出法の基礎検討及び考察 / p8 (0008.jp2)
  6. 2.3 I0₃⁻,N0₂⁻,NO₃⁻,I,SCN一及びS₂0₃²⁻の分離と定量 / p22 (0015.jp2)
  7. 2.4 NO₃⁻,I⁻の同時定量 / p29 (0018.jp2)
  8. 2.5 実際試料への応用 / p33 (0020.jp2)
  9. 2.6 結語 / p33 (0020.jp2)
  10. 第3章 間接吸光検出/逆相イオンペアクロマトグラフィーによる陰イオン性物質の分離と定量 / p40 (0024.jp2)
  11. 3.1 緒言 / p40 (0024.jp2)
  12. 3.2 実験 / p42 (0025.jp2)
  13. 3.3 フタル酸を溶離イオンとする無機陰イオンの分離と定量 / p44 (0026.jp2)
  14. 3.4 2,6-ナフタレンジカルボン酸を溶離イオンとする無機陰イオンの分離と定量 / p47 (0027.jp2)
  15. 3.5 1,5-ナフタレンジスルホン酸を溶離イオンとする陰イオン性物質の分離と高感度定量 / p56 (0032.jp2)
  16. 3.6 テトラプロピルアンモニウムイオンをイオン相互作用試薬として用いるSO₄²⁻の迅速定量 / p77 (0042.jp2)
  17. 3.7 有機弱酸の定量 / p77 (0042.jp2)
  18. 3.8 結語 / p77 (0042.jp2)
  19. 第4章 ポストカラム発色法による弱酸の分離と定量 / p86 (0047.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p86 (0047.jp2)
  21. 4.2 実験 / p86 (0047.jp2)
  22. 4.3 結果及び考察 / p88 (0048.jp2)
  23. 4.4 結語 / p101 (0054.jp2)
  24. 第5章 誘導体化試薬を用いるホウ素のイオンクロマトグラフィー:クロモトロープ酸を用いる直接吸光検出及び直接蛍光検出法 / p102 (0055.jp2)
  25. 5.1 緒言 / p102 (0055.jp2)
  26. 5.2 実験 / p103 (0055.jp2)
  27. 5.3 誘導体化試薬クロモトロープ酸を用いる直接吸光検出/イオンクロマトグラフィーによるホウ素(ホウ酸)の定量 / p103 (0055.jp2)
  28. 5.4 誘導体化試薬クロモトロープ酸を用いる直接蛍光検出/イオンクロマトグラフィ一によるホウ素(ホウ酸)の定量 / p109 (0058.jp2)
  29. 5.5 吸光検出法による実際試料への応用 / p118 (0063.jp2)
  30. 5.6 結語 / p129 (0068.jp2)
  31. 第6章 誘導体化試薬を用いるホウ素のイオンクロマトグラフィー:H-レゾルシノールを用いる直接吸光検出法 / p131 (0069.jp2)
  32. 6.1 緒言 / p131 (0069.jp2)
  33. 6.2 実験 / p131 (0069.jp2)
  34. 6.3 基礎検討及び考察 / p132 (0070.jp2)
  35. 6.4 実際試料への応用 / p139 (0073.jp2)
  36. 6.5 結語 / p145 (0076.jp2)
  37. 第7章 オンライン錯形成/イオン交換クロマトグラフィーによる微量ホウ素の高感度定量 / p150 (0079.jp2)
  38. 7.1 緒言 / p150 (0079.jp2)
  39. 7.2 実験 / p150 (0079.jp2)
  40. 7.3 結果及び考察 / p151 (0079.jp2)
  41. 7.4 実際試料への応用 / p159 (0083.jp2)
  42. 7.5 結語 / p159 (0083.jp2)
  43. 第8章 クロモトロープ酸及びH-レゾルシノールのホウ素錯体生成反応に関する基礎検討 / p164 (0086.jp2)
  44. 8.1 緒言 / p164 (0086.jp2)
  45. 8.2 錯体の組成 / p164 (0086.jp2)
  46. 8.3 平衡定数及び反応速度定数 / p169 (0088.jp2)
  47. 第9章 クロモトロープ酸を用いるホウ素の超高感度迅速蛍光光度定量 / p180 (0094.jp2)
  48. 9.1 緒言 / p180 (0094.jp2)
  49. 9.2 実験 / p180 (0094.jp2)
  50. 9.3 基礎検討及び考察 / p182 (0095.jp2)
  51. 9.4 実際試料への応用 / p190 (0099.jp2)
  52. 9.5 結語 / p198 (0103.jp2)
  53. 第10章 総括 / p201 (0104.jp2)
  54. 引用文献 / p203 (0105.jp2)
  55. 謝辞 / p205 (0106.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083854
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084064
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000248168
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ