カサノリ(Acetabularia acetabulum)に存在するCL[-]輸送性ATPaseに関する研究 : 反応機構・輸送機構の解明

この論文をさがす

著者

    • 大橋, 俊孝 オオハシ, トシタカ

書誌事項

タイトル

カサノリ(Acetabularia acetabulum)に存在するCL[-]輸送性ATPaseに関する研究 : 反応機構・輸送機構の解明

著者名

大橋, 俊孝

著者別名

オオハシ, トシタカ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第1040号

学位授与年月日

1992-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略語 / p1 (0004.jp2)
  3. 緒言 / p3 (0005.jp2)
  4. 第一章 カサノリのCl⁻輸送性ATPaseの蛋白質化学的解析及び蛋白質化学修飾剤を用いた機能解析 / p10 (0009.jp2)
  5. 第一節 カサノリのCl⁻輸送性ATPaseの蛋白質化学的解析 / p10 (0009.jp2)
  6. 第一項 序論 / p10 (0009.jp2)
  7. 第二項 簡便なelectroelution法の開発及びその蛋白質一次構造解析及び抗体作成への応用 / p11 (0009.jp2)
  8. 第三項 electroelution法によるCl⁻輸送性ATPase a,bサブユニットの分離及び蛋白質一次構造解析 / p16 (0012.jp2)
  9. 第四項 Cl⁻輸送性ATPaseの抗PタイプATPase血清との反応 / p18 (0013.jp2)
  10. 第五項 考察 / p22 (0015.jp2)
  11. 第二節 ATP結合部位特異的化学修飾剤アデノシン三リン酸ピリドキサール(AP₃-PL)を用いたCl⁻輸送性ATPaseの修飾実験 / p26 (0017.jp2)
  12. 第一項 序論 / p26 (0017.jp2)
  13. 第二項 AP₃-PLによるCl⁻輸送性ATPaseのATPase活性阻害 / p28 (0018.jp2)
  14. 第三項 Cl⁻輸送性ATPaseに対するAP₃-PLの結合 / p31 (0019.jp2)
  15. 第四項 Cl⁻輸送性ATPaseのATP結合部位の決定 / p36 (0022.jp2)
  16. 第五項 考察 / p40 (0024.jp2)
  17. 第三節 アルギニン残基特異的化学修飾剤フエニルグリオキサール(PGO)を用いたCl⁻ 輸送性ATPaseの修飾実験 / p43 (0025.jp2)
  18. 第一項 序論 / p43 (0025.jp2)
  19. 第二項 ATPase活性に与えるPGOの効果 / p44 (0026.jp2)
  20. 第三項 PGOのC⁻輸送性ATPaseへの結合に与えるATP,Cl⁻の効果 / p46 (0027.jp2)
  21. 第四項 考察 / p47 (0027.jp2)
  22. 第二章 カサノリのCl⁻輸送性ATPaseの再構成系におけるCl⁻ポンプとしての性質及びATP合成能の検討 / p48 (0028.jp2)
  23. 第一項 序論 / p48 (0028.jp2)
  24. 第二項 カサノリのCl⁻輸送性ATPaseの再構成系におけるCl⁻ポンプとしての性質 / p49 (0028.jp2)
  25. 第三項 ATP合成能の検討 / p58 (0033.jp2)
  26. 第四項 考察 / p60 (0034.jp2)
  27. 総括と展望 / p62 (0035.jp2)
  28. 実験の部 / p65 (0036.jp2)
  29. 発表論文 / p79 (0043.jp2)
  30. 謝辞 / p81 (0044.jp2)
  31. 引用文献 / p82 (0045.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083875
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084085
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248189
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ