自己免疫マウスの免疫異常と治療薬に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 三原, 昌彦 ミハラ, マサヒコ

書誌事項

タイトル

自己免疫マウスの免疫異常と治療薬に関する研究

著者名

三原, 昌彦

著者別名

ミハラ, マサヒコ

学位授与大学

岐阜薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第162号

学位授与年月日

1991-06-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1章 自己免疫マウスの免疫異常についての検討 / p4 (0011.jp2)
  4. 第1節 自己免疫マウスの免疫異常と自己免疫病の発症 / p4 (0011.jp2)
  5. 1 緒言 / p4 (0011.jp2)
  6. 2 実験材料および実験方法 / p4 (0011.jp2)
  7. 3 実験成績 / p6 (0013.jp2)
  8. 4 考察 / p10 (0017.jp2)
  9. 第2節 自己免疫マウスB細胞のinterleukin-6に対する反応性 / p12 (0019.jp2)
  10. 1 緒言 / p12 (0019.jp2)
  11. 2 実験材料および実験方法 / p12 (0019.jp2)
  12. 3 実験成績 / p13 (0020.jp2)
  13. 4 考察 / p18 (0025.jp2)
  14. 第2章 自己免疫マウスにおける自己免疫病発症に及ぼすCCAの影響 / p21 (0028.jp2)
  15. 第1節 NZB/W F1マウスに及ぼすCCAの影響 / p21 (0028.jp2)
  16. 1 緒言 / p21 (0028.jp2)
  17. 2 実験材料および実験方法 / p21 (0028.jp2)
  18. 3 実験成績 / p23 (0031.jp2)
  19. 4 考察 / p27 (0034.jp2)
  20. 第2節 MRL/1マウスに及ぼすCCAの影響 / p29 (0036.jp2)
  21. 1 緒言 / p29 (0036.jp2)
  22. 2 実験材料および実験方法 / p29 (0036.jp2)
  23. 3 実験成績 / p30 (0037.jp2)
  24. 4 考察 / p36 (0043.jp2)
  25. 第3章 自己免疫マウスの自己免疫病発症に及ぼすOK-432の影響 / p38 (0045.jp2)
  26. 第1節 NZB/W F1マウスに及ぼすOK-432の影響 / p38 (0045.jp2)
  27. 1 緒言 / p38 (0045.jp2)
  28. 2 実験材料および実験方法 / p38 (0045.jp2)
  29. 3 実験成績 / p40 (0047.jp2)
  30. 4 考察 / p45 (0052.jp2)
  31. 第2節 MRL/1マウスに及ぼすOK-432の影響 / p47 (0054.jp2)
  32. 1 緒言 / p47 (0054.jp2)
  33. 2 実験材料および実験方法 / p47 (0054.jp2)
  34. 3 実験成績 / p49 (0056.jp2)
  35. 4 考察 / p54 (0061.jp2)
  36. 総括および結論 / p56 (0063.jp2)
  37. 謝辞 / p61 (0068.jp2)
  38. 文献 / p62 (0069.jp2)
  39. 略語一覧表 / p75 (0082.jp2)
  40. EFFECT OF IMMUNOSTIMULANTS AND ANTITUMOR AGENTS ON TUMOR NECROSIS FACTOR(TNF) PRODUCTION / p881 (0127.jp2)
  41. Effect of Several Kinds of Drugs on the Development of Autoimmunity in MRL/Mp-lpr/lpr Mice;Lack of Correlation between the Suppression of Au-toantibody Production and Prevention of Autoimmune Disease / p100 (0141.jp2)
  42. ロベンザリットのMRL/1 マウスにおける自己免疫病発症予防効果-メフェナム酸との比較検討- / p55 (0150.jp2)
  43. B151-TRF2によるIg産生の誘導に対するCCAの抑制効果 / p465 (0157.jp2)
  44. Possible Role of IL-6 in Pathogenesis of Immune Complex-Mediated Glomerulonephritis in NZB/W Fl Mice:Induction of IgG Class Anti-DNA Autoantibody Production / (0165.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083944
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084154
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248258
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ