脳虚血後神経細胞障害についての実験的研究

この論文をさがす

著者

    • 原, 英彰 ハラ, ヒデアキ

書誌事項

タイトル

脳虚血後神経細胞障害についての実験的研究

著者名

原, 英彰

著者別名

ハラ, ヒデアキ

学位授与大学

岐阜薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第166号

学位授与年月日

1991-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 虚血後海馬における各種レセプターの経時的変化 / p4 (0010.jp2)
  4. 1.緒言 / p4 (0010.jp2)
  5. 2.実験材料および方法 / p4 (0010.jp2)
  6. 2.1 薬物 / p4 (0010.jp2)
  7. 2.2 実験動物 / p5 (0011.jp2)
  8. 2.3 形態学的検討 / p5 (0011.jp2)
  9. 2.4 レセプターオートラジオグラフィ / p5 (0011.jp2)
  10. 3.実験結果 / p8 (0014.jp2)
  11. 3.1 形態学的検討 / p8 (0014.jp2)
  12. 3.2 〔³H〕IP₃ / p11 (0017.jp2)
  13. 3.3 〔³H〕PDBu / p11 (0017.jp2)
  14. 3.4 〔³H〕Forskolin / p11 (0017.jp2)
  15. 3.5 〔³H〕PN / p14 (0020.jp2)
  16. 3.6 〔³H〕CHA / p14 (0020.jp2)
  17. 3.7 〔³H〕QNB / p14 (0020.jp2)
  18. 4.考察 / p17 (0023.jp2)
  19. 第2章 虚血後海馬における免疫組織化学的検討 / p20 (0026.jp2)
  20. 1.緒言 / p20 (0026.jp2)
  21. 2.実験材料および方法 / p20 (0026.jp2)
  22. 2.1 薬物 / p20 (0026.jp2)
  23. 2.2 実験動物 / p20 (0026.jp2)
  24. 2.3 Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase II(CaM kinase II) / p21 (0027.jp2)
  25. 2.4 Microtuble associated protein 2 (MAP2) / p21 (0027.jp2)
  26. 3.実験結果 / p21 (0027.jp2)
  27. 3.1 Ca²⁺/calmodulin-dependent protein kinase II(CaM kinase II) / p21 (0027.jp2)
  28. 3.2 Microtuble associated protein 2(MAP2) / p23 (0029.jp2)
  29. 4.考察 / p23 (0029.jp2)
  30. 第3章 虚血後海馬神経細胞障害に対する各種protein kinases阻害薬の作用 / p26 (0032.jp2)
  31. 1.緒言 / p26 (0032.jp2)
  32. 2.実験材料および方法 / p26 (0032.jp2)
  33. 2.1 薬物 / p26 (0032.jp2)
  34. 2.2 実験動物 / p27 (0033.jp2)
  35. 2.3 砂ネズミ脳虚血モデル / p27 (0033.jp2)
  36. 2.4 免疫組織化学 / p27 (0033.jp2)
  37. 2.5 ラット脳虚血モデル / p27 (0033.jp2)
  38. 2.6 統計学的解析 / p28 (0034.jp2)
  39. 3.実験結果 / p28 (0034.jp2)
  40. 3.1 砂ネズミ脳虚血モデル / p28 (0034.jp2)
  41. 3.2 ラット脳虚血モデル / p31 (0037.jp2)
  42. 4.考察 / p33 (0039.jp2)
  43. 第4章 虚血後海馬神経細胞障害に対するfree radical消去薬、過酸化脂質生成抑制薬およびpentobarbitalの作用 / p36 (0042.jp2)
  44. 1.緒言 / p36 (0042.jp2)
  45. 2.実験材料および方法 / p36 (0042.jp2)
  46. 2.1 薬物 / p36 (0042.jp2)
  47. 2.2 実験動物 / p37 (0043.jp2)
  48. 2.3 過酸化脂質生成抑制作用 / p37 (0043.jp2)
  49. 2.4 脳ミトコンドリア膜障害(膨化)抑制作用 / p38 (0044.jp2)
  50. 2.5 砂ネズミ脳虚血モデル / p39 (0045.jp2)
  51. 2.6 免疫組織化学 / p39 (0045.jp2)
  52. 2.7 レセプターオートラジオグラフィ / p39 (0045.jp2)
  53. 2.8 統計学的解析 / p39 (0045.jp2)
  54. 3.実験結果 / p40 (0046.jp2)
  55. 3.1 過酸化脂質生成抑制作用 / p40 (0046.jp2)
  56. 3.2 脳ミトコンドリア膜障害(膨化)抑制作用 / p40 (0046.jp2)
  57. 3.3 形態学的検討 / p41 (0047.jp2)
  58. 3.4 免疫組織化学的検討 / p44 (0050.jp2)
  59. 3.5 レセプターオートラジオグラフィ / p44 (0050.jp2)
  60. 4.考察 / p51 (0057.jp2)
  61. 第5章 ラット中大脳動脈閉塞脳虚血に対する過酸化脂質生成抑制薬、Ca桔抗薬およびglycerolの作用 / p55 (0061.jp2)
  62. 1.緒言 / p55 (0061.jp2)
  63. 2.実験材料および方法 / p55 (0061.jp2)
  64. 2.1 薬物 / p55 (0061.jp2)
  65. 2.2 実験動物 / p56 (0062.jp2)
  66. 2.3 脳浮腫に対する作用 / p56 (0062.jp2)
  67. 2.4 形態学的組織障害に対する作用 / p57 (0063.jp2)
  68. 2.5 ⁴⁵Caオートラジオグラフィ / p58 (0064.jp2)
  69. 2.6 生存率に対する作用 / p58 (0064.jp2)
  70. 2.7 統計学的解析 / p58 (0064.jp2)
  71. 3.実験結果 / p58 (0064.jp2)
  72. 3.1 脳浮腫に対する作用 / p58 (0064.jp2)
  73. 3.2 形態学的組織障害に対する作用 / p60 (0066.jp2)
  74. 3.3 ⁴⁵Caオートラジオグラフィ / p63 (0069.jp2)
  75. 3.4 生存率に対する作用 / p63 (0069.jp2)
  76. 4.考察 / p65 (0071.jp2)
  77. 総括および結論 / p67 (0073.jp2)
  78. 謝辞 / p70 (0076.jp2)
  79. 引用文献 / p71 (0077.jp2)
  80. 略号一覧表 / p82 (0088.jp2)
  81. Protective Effect of KB-2796,a New Calcium Antagonist,in Cerebral Hypoxia and Ischemia / (0165.jp2)
  82. The regional difference of neuronal susceptibility in the dentate gyrus to hypoxia / p189 (0178.jp2)
  83. The possible involvement of tetrodotoxin-sensitive ion channels in ischemic neuronal damage in the rat hippocampus / p251 (0184.jp2)
  84. Postischemic alteration of [³H]forskolin binding sites in selectively vulnerable areas: an autoradiographic study of gerbil brain / p159 (0188.jp2)
  85. Novel 4-Phenoxy-2-(l-piperazinyl)quinazolines as Potent Anticonvulsive and Antihypoxic Agents / p681 (0192.jp2)
  86. General Pharmacology of 1-(2-Ethoxyethyl)-2-(4-methyl-1-homopiperazinyl)benzimidazole Difumarate / (0199.jp2)
  87. Novel 4-Substituted 2-Piperazinylquinazolines as Potent Anticonvulsive and Antihypoxic Agents¹⁾ / p1289 (0206.jp2)
  88. Potential Nootropic Agents,4-Alkoxy-2-(l-piperazinyl)quinazoline Derivatives¹⁾ / p367 (0212.jp2)
  89. 抗うつ薬Trazodoneとその主要代謝物の脳内モノアミン動態に及ぼす作用 / p145 (0218.jp2)
  90. Biochemistry and mechanism of ischemia-induced brain injury / p63 (0230.jp2)
  91. 脳虚血と脳浮腫 / p1254 (0267.jp2)
  92. 脳虚血の生化学* / p151 (0287.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083948
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084158
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248262
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ