フェノール性化合物の酵素的硫酸化

この論文をさがす

著者

    • 古泉, 素明 コイズミ, モトアキ

書誌事項

タイトル

フェノール性化合物の酵素的硫酸化

著者名

古泉, 素明

著者別名

コイズミ, モトアキ

学位授与大学

富山医科薬科大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第164号

学位授与年月日

1992-03-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第二章 実験材料・実験方法 / p5 (0012.jp2)
  4. 1.試薬 / p5 (0012.jp2)
  5. 2.Eubacterium rectale A-44株の培養及び集菌 / p6 (0013.jp2)
  6. 3.Arylsulfotransferase粗酵素の調製 / p6 (0013.jp2)
  7. 4.Arylsulfotransferaseの精製 / p6 (0013.jp2)
  8. 5.Arylsulfotransferase活性測定法 / p7 (0014.jp2)
  9. 6.Arylsulfatase活性測定法 / p8 (0015.jp2)
  10. 7.タンパク質定量法(Folin-Lowry 法) / p8 (0015.jp2)
  11. 8.硫黄の定性(Lassaigne試験) / p8 (0015.jp2)
  12. 9.8.5 %SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法(8.5 %SDS-PAGE) / p9 (0016.jp2)
  13. 10.銀染色法 / p10 (0017.jp2)
  14. 11.Coomassie Brilliant Blue染色法 / p11 (0018.jp2)
  15. 12.Quercetinの酵素的硫酸化 / p11 (0018.jp2)
  16. 13.Quercetin硫酸化体の分離 / p11 (0018.jp2)
  17. 14.フラボノイドのUV吸収スペクトル分析法 / p11 (0018.jp2)
  18. 15.ろ紙電気泳動法 / p13 (0020.jp2)
  19. 16.ポリフェノールの酵素的硫酸化 / p13 (0020.jp2)
  20. 17.(+)-Catechin硫酸化体の酵素的調製法 / p13 (0020.jp2)
  21. 18.(+)Catechin硫酸化体の構造決定 / p14 (0021.jp2)
  22. 19.二次元セルローズThin-Layer Chromatography(TLG)電気泳動法 / p14 (0021.jp2)
  23. 20.Isoamyl gallate(IG)及び(-)-epigallocatechin gallate(EGCG)の酵素的硫酸化 / p14 (0021.jp2)
  24. 21.IG硫酸化体(IGS-I、IGS-II)及び EGCG硫酸化体(EGCG-S)の分離 / p15 (0022.jp2)
  25. 22.IGS-I、IGS-II、EGCG-Sの構造決定 / p15 (0022.jp2)
  26. 23.腸内arylsulfotransferase及びarylsulfatase活性測定法 / p15 (0022.jp2)
  27. 24.抗菌活性測定法 / p15 (0022.jp2)
  28. 第三章 実験結果・考察 / p16 (0024.jp2)
  29. I.ポリフェノール類の硫酸化 / p16 (0024.jp2)
  30. II.フェノール性抗生物質の硫酸化 / p49 (0057.jp2)
  31. 第四章 まとめ / p57 (0066.jp2)
  32. 謝辞 / p61 (0070.jp2)
  33. 参考文献 / p62 (0072.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000083969
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084179
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248283
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ