ヒト・ホスホリボシルピロリン酸合成酸素遺伝子PRPS1とPRPS2のDNA合成期における発現増加とその機序

この論文をさがす

著者

    • 長竹, 直美 ナガタケ, ナオミ

書誌事項

タイトル

ヒト・ホスホリボシルピロリン酸合成酸素遺伝子PRPS1とPRPS2のDNA合成期における発現増加とその機序

著者名

長竹, 直美

著者別名

ナガタケ, ナオミ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第887号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. I 要旨 / p1 (0003.jp2)
  3. II 序文 / p2 (0004.jp2)
  4. 1.ホスホリボシルピロリン酸(PRPP)とその役割 / p2 (0004.jp2)
  5. 2.PRPP合成酵素に関する現在までの知見 / p3 (0004.jp2)
  6. 3.PRPP合成酵素遺伝子 / p4 (0005.jp2)
  7. 4.ヌクレオチド代謝系酵素の細胞周期依存的発現 / p5 (0005.jp2)
  8. III 実験方法 / p7 (0006.jp2)
  9. 1.実験材料 / p7 (0006.jp2)
  10. 2.細胞培養法ならびに細胞周期同調法 / p8 (0007.jp2)
  11. 3.DNA合成の測定 / p8 (0007.jp2)
  12. 4.PRPP合成酵素の活性測定法 / p9 (0007.jp2)
  13. 5.細胞内全RNAの精製 / p10 (0008.jp2)
  14. 6.ノーザンブロット分析 / p11 (0008.jp2)
  15. 7.核ランオフアッセイによる転写速度の測定 / p11 (0008.jp2)
  16. 8.ヒトPRPS1とPRPS2mRNAの分解速度の測定 / p14 (0010.jp2)
  17. 9.その他の測定 / p14 (0010.jp2)
  18. IV 実験結果 / p16 (0011.jp2)
  19. 1.RSa細胞の同調と細胞周期におけるPRPP合成酵素活性の変動 / p16 (0011.jp2)
  20. 2.細胞周期におけるPRPS1及びPRPS2mRNAレベルの変動 / p16 (0011.jp2)
  21. 3.細胞周期におけるPRPS1、PRPS2mRNAの転写速度 / p19 (0012.jp2)
  22. 4.PRPS1及びPRPS2mRNAの分解速度 / p22 (0014.jp2)
  23. V 考察 / p24 (0015.jp2)
  24. 謝辞 / p26 (0016.jp2)
  25. 引用文献 / p27 (0016.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084088
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084298
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248402
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ