汚濁拡散防止膜に及ぼす流れ及び波による流体力に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 劉, 海波 リュウ, ヘパ

書誌事項

タイトル

汚濁拡散防止膜に及ぼす流れ及び波による流体力に関する研究

著者名

劉, 海波

著者別名

リュウ, ヘパ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4564号

学位授与年月日

1992-03-25

注記・抄録

博士論文

10257

博士(工学)

1992-03-25

大阪大学

14401甲第04564号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1節 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2節 研究の目的と概要 / p2 (0007.jp2)
  5. <参考文献> / p4 (0008.jp2)
  6. 第2章 自立式汚濁防止膜による波変形と波力に関する研究 / p5 (0008.jp2)
  7. 第1節 概説 / p5 (0008.jp2)
  8. 第2節 アンカー部に働く膜張力に関する実験 / p6 (0009.jp2)
  9. 2・1 実験条件及び実験装置 / p6 (0009.jp2)
  10. 2・2 実験結果と考察 / p9 (0010.jp2)
  11. 第3節 自立式膜体構造物による波変形の実態 / p18 (0015.jp2)
  12. 3・1 概説 / p18 (0015.jp2)
  13. 3・2 自立式膜体構造物による波変形に関する水理実験 / p19 (0015.jp2)
  14. 第4節 波力及び波変形に関する数値解析法 / p20 (0016.jp2)
  15. 4・1 波浪中にある膜面の微分方程式 / p20 (0016.jp2)
  16. 4・2 Green関数による微分方程式の解 / p23 (0017.jp2)
  17. 4・3 波動場の解析法 / p23 (0017.jp2)
  18. 4・4 アンカー部に及ぼす波力の算定法 / p25 (0018.jp2)
  19. 第5節 計算結果と実験結果の比較 / p26 (0019.jp2)
  20. 5・1 波の変形について / p26 (0019.jp2)
  21. 5・2 膜の運動について / p29 (0020.jp2)
  22. 5・3 アンカー部に及ぼす波力について / p30 (0021.jp2)
  23. 第6節 結語 / p33 (0022.jp2)
  24. <参考文献> / p34 (0023.jp2)
  25. 第3章 垂下式汚濁防止膜に及ぼす流れによる定常力に関する研究 / p35 (0023.jp2)
  26. 第1節 概説 / p35 (0023.jp2)
  27. 第2節 流れの中で発生する展張力に関する水理実験 / p36 (0024.jp2)
  28. 2・1 実験の概要 / p36 (0024.jp2)
  29. 2・2 実験結果および考察 / p39 (0025.jp2)
  30. 第3節 展張力に関する理論的考察 / p44 (0028.jp2)
  31. 3・1 膜に及ぼす流体力及び部材力の関係 / p44 (0028.jp2)
  32. 3・2 展張力の算定法 / p45 (0028.jp2)
  33. 第4節 展張力係数[数式]の予測方法について / p48 (0030.jp2)
  34. 4・1 展張力係数[数式]のd/hによる整理 / p48 (0030.jp2)
  35. 4・2 展張力係数と抗力係数の関係 / p49 (0030.jp2)
  36. 4・3 B/lによる抗力係数の補正 / p49 (0030.jp2)
  37. 4・4 B/lによる展張力係数の補正 / p51 (0031.jp2)
  38. 第5節 スカート部の有効深さと張力に関する理論 / p53 (0032.jp2)
  39. 5・1 スカート部の張力の計算法 / p53 (0032.jp2)
  40. 5・2 有効深さの計算法 / p54 (0033.jp2)
  41. 第6節 結語 / p60 (0036.jp2)
  42. <参考文献> / p60 (0036.jp2)
  43. 第4章 垂下式汚濁防止膜に及ぼす波力の特性 / p61 (0036.jp2)
  44. 第1節 概説 / p61 (0036.jp2)
  45. 第2節 波による展張力の水理実験 / p61 (0036.jp2)
  46. 2・1 実験装置 / p61 (0036.jp2)
  47. 2・2 実験方法および実験ケース / p62 (0037.jp2)
  48. 2・3 計測装置 / p63 (0037.jp2)
  49. 第3節 実験結果及び考察 / p65 (0038.jp2)
  50. 3・1 展張力の時系列特性 / p65 (0038.jp2)
  51. 3・2 衝撃展張力の発生限界 / p67 (0039.jp2)
  52. 3・3 衝撃展張力の特性 / p70 (0041.jp2)
  53. 3・4 上部展張力と下部展張力の関係 / p75 (0043.jp2)
  54. 第4節 結語 / p75 (0043.jp2)
  55. <参考文献> / p76 (0044.jp2)
  56. 第5章 垂下式汚濁防止膜に発生する衝撃展張力に関する基礎的実験 / p77 (0044.jp2)
  57. 第1節 概説 / p77 (0044.jp2)
  58. 第2節 流れによる衝撃展張力の水理実験 / p77 (0044.jp2)
  59. 2・1 実験装置及び計測装置 / p77 (0044.jp2)
  60. 2・2 実験方法 / p78 (0045.jp2)
  61. 2・3 次元解析 / p79 (0045.jp2)
  62. 第3節 実験結果及び考察 / p80 (0046.jp2)
  63. 3・1 展張力の時系列特性 / p80 (0046.jp2)
  64. 3・2 無次元展張力について / p82 (0047.jp2)
  65. 第4節 結語 / p86 (0049.jp2)
  66. <参考文献> / p86 (0049.jp2)
  67. 第6章 垂下式汚濁防止膜に発生する衝撃展張力のモデル化 / p87 (0049.jp2)
  68. 第1節 緒言 / p87 (0049.jp2)
  69. 第2節 衝撃展張力の発生機構 / p87 (0049.jp2)
  70. 第3節 膜のスカート部に働く付加質量力 / p88 (0050.jp2)
  71. 3・1 概説 / p88 (0050.jp2)
  72. 3・2 理論解析法 / p88 (0050.jp2)
  73. 3・3 数値計算法 / p93 (0052.jp2)
  74. 第4節 流体力による膜の変形と張力の計算法 / p101 (0056.jp2)
  75. 4・1 スカート部の張力の算定法 / p101 (0056.jp2)
  76. 4・2 ケーブルの伸びを考慮するときの変形と展張力 / p102 (0057.jp2)
  77. 4・3 ケーブルの伸びを考慮しないときの展張力 / p102 (0057.jp2)
  78. 第5節 衝撃展張力の計算モデル / p103 (0057.jp2)
  79. 5・1 スカート部の伸び及び変形を無視する場合(モデルA) / p103 (0057.jp2)
  80. 5・2 ケーブルの伸びを無視する場合(モデルB) / p107 (0059.jp2)
  81. 第6節 モデルAの計算結果と実験結果の比較 / p110 (0061.jp2)
  82. 6・1 衝撃展張力の定義 / p110 (0061.jp2)
  83. 6・2 実験結果と計算結果の比較 / p111 (0061.jp2)
  84. 6・3 展張力に及ぼす種々の無次元パラメーターの影響 / p113 (0062.jp2)
  85. 6・4 予測モデルの特性及び問題点 / p116 (0064.jp2)
  86. 6.5 結語 / p117 (0064.jp2)
  87. 第7節 モデルBの計算結果と実験結果の比較 / p119 (0065.jp2)
  88. 7・1 膜面のヤング率の実験結果 / p119 (0065.jp2)
  89. 7・2 実験結果と計算結果の比較 / p121 (0066.jp2)
  90. 7・3 展張力に及ぼす諸パラメーターの影響 / p123 (0067.jp2)
  91. 7・4 結語 / p126 (0069.jp2)
  92. <参考文献> / p127 (0069.jp2)
  93. 第7章 重り付き垂下式汚濁防止膜に作用する波力 / p128 (0070.jp2)
  94. 第1節 概説 / p128 (0070.jp2)
  95. 第2節 膜体に発生する波による展張力の実験 / p129 (0070.jp2)
  96. 2・1 実験諸元および実験ケース / p129 (0070.jp2)
  97. 2・2 測定装置 / p132 (0072.jp2)
  98. 2.3 実験結果と考察 / p132 (0072.jp2)
  99. 2.4 結語 / p136 (0074.jp2)
  100. 第3節 衝撃展張力のモデル化 / p137 (0074.jp2)
  101. 3・1 概説 / p137 (0074.jp2)
  102. 3.2 膜面に働く流体力 / p137 (0074.jp2)
  103. 3・3 展張ケーブルの張力の計算法 / p145 (0078.jp2)
  104. 3.4 衝撃展張力の計算モデル / p146 (0079.jp2)
  105. 3.5 計算結果と考察 / p146 (0079.jp2)
  106. 3.6 結語 / p150 (0081.jp2)
  107. <参考文献> / p151 (0081.jp2)
  108. 第8章 結論 / p152 (0082.jp2)
  109. 謝辞 / p157 (0084.jp2)
  110. 記号一覧<付録> / p158 (0085.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084386
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084598
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248700
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ