細胞膜酵素を利用したアルコールセンサーに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 北川, 泰 キタガワ, ヤスシ

書誌事項

タイトル

細胞膜酵素を利用したアルコールセンサーに関する研究

著者名

北川, 泰

著者別名

キタガワ, ヤスシ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5637号

学位授与年月日

1992-02-25

注記・抄録

博士論文

10046

博士(工学)

1992-02-25

大阪大学

14401乙第05637号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1節 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 第2節 現在まで用いられてきたエタノール計測技術とその問題点 / p2 (0006.jp2)
  5. 第3節 バイオセンサーによるアルコール計測に関する既住の知見 / p4 (0008.jp2)
  6. 1.バイオセンサーの特徴 / p4 (0008.jp2)
  7. 2.アルコール計測への応用 / p5 (0009.jp2)
  8. 第4節 酢酸菌の細胞膜酵素 / p6 (0010.jp2)
  9. 1.細胞膜酵素の特徴 / p6 (0010.jp2)
  10. 2.酢酸菌のアルコール酸化酵素系を利用した場合の利点 / p8 (0012.jp2)
  11. 第5節 本研究の目的 / p10 (0014.jp2)
  12. 第2章 細胞膜を用いたアンペロメトリックなアルコールセンサーの特性 / p11 (0015.jp2)
  13. 第1節 緒言 / p11 (0015.jp2)
  14. 第2節 実験材料と実験方法 / p12 (0016.jp2)
  15. 1.実験材料 / p12 (0016.jp2)
  16. 2.細胞膜画分の調製 / p13 (0017.jp2)
  17. 3.アルコールセンサーの製作および測定装置の構成 / p14 (0018.jp2)
  18. 第3節 結果と考察 / p15 (0019.jp2)
  19. 1.エタノールに対するセンサーの応答および検量線の作成 / p15 (0019.jp2)
  20. 2.アルコールセンサーの選択性 / p17 (0021.jp2)
  21. 3.センサー応答に対する温度の影響 / p18 (0022.jp2)
  22. 4.応答の安定性 / p18 (0022.jp2)
  23. 第4節 要約 / p21 (0025.jp2)
  24. 第3章 微小pH電極を用いたアルコールセンサーの特性 / p22 (0026.jp2)
  25. 第1節 緒言 / p22 (0026.jp2)
  26. 第2節 実験材料及び実験方法 / p24 (0028.jp2)
  27. 1.材料及び試薬 / p24 (0028.jp2)
  28. 2.酢酸菌の培養方法 / p24 (0028.jp2)
  29. 3.ISFET素子の製作 / p25 (0029.jp2)
  30. 4.細胞膜画分を固定化したISFETおよび参照用ISFETの製作 / p25 (0029.jp2)
  31. 5.酢酸菌の生細胞を用いた微生物-ISFETセンサーの製作方法 / p26 (0030.jp2)
  32. 6.ISFET用駆動回路 / p26 (0030.jp2)
  33. 第3節 結果と考察 / p28 (0032.jp2)
  34. 1.細胞膜画分の固定化方法の検討 / p28 (0032.jp2)
  35. 2.PQQの添加による応答の安定化 / p30 (0034.jp2)
  36. 3.細胞膜画分を固定化したISFET-アルコールセンサーの特性 / p31 (0035.jp2)
  37. 4.酢酸菌の生細胞を用いた微生物-ISFETセンサーの特性 / p34 (0038.jp2)
  38. 第4節 要約 / p39 (0043.jp2)
  39. 第4章 膜結合性アルコールデヒドロゲナーゼを用いたアルコールセンサーの特性 / p40 (0044.jp2)
  40. 第1節 緒言 / p40 (0044.jp2)
  41. 第2節 実験材料と実験方法 / p42 (0046.jp2)
  42. 1.材料および試薬 / p42 (0046.jp2)
  43. 2.膜結合性ADHの精製および固定化 / p42 (0046.jp2)
  44. 3.測定装置 / p45 (0049.jp2)
  45. 4.ガスクロマトグラフ / p46 (0050.jp2)
  46. 第3節 結果と考察 / p47 (0051.jp2)
  47. 1.応答曲線および検量線 / p47 (0051.jp2)
  48. 2.測定温度およびpHの影響 / p47 (0051.jp2)
  49. 3.選択性 / p49 (0053.jp2)
  50. 4.安定性 / p50 (0054.jp2)
  51. 5.アルコール飲料中のエタノール濃度の測定 / p51 (0055.jp2)
  52. 第4節 要約 / p53 (0057.jp2)
  53. 第5章 オンライン計測用アルコールセンサーの開発 / p54 (0058.jp2)
  54. 第1節 緒言 / p54 (0058.jp2)
  55. 第2節 実験材料と実験方法 / p55 (0059.jp2)
  56. 1.アルコールセンサー試作機 / p55 (0059.jp2)
  57. 2.エタノール発酵のモニタリング / p59 (0063.jp2)
  58. 第3節 結果と考察 / p60 (0064.jp2)
  59. 1.試作機の制御プログラムおよび測定動作 / p60 (0064.jp2)
  60. 2.試作機の応答と検量線 / p62 (0066.jp2)
  61. 3.試作機の応答に対する試料注入量および測定液流速の影響 / p63 (0067.jp2)
  62. 4.エタノール添加回収試験 / p67 (0071.jp2)
  63. 5.エタノール発酵のオンライン計測 / p68 (0072.jp2)
  64. 第4節 要約 / p70 (0074.jp2)
  65. 第6章 総括 / p71 (0075.jp2)
  66. 本論文に関係がある報告 / p75 (0079.jp2)
  67. 謝辞 / p76 (0080.jp2)
  68. 参考文献 / p77 (0081.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084487
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084699
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248801
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ