3元系形状記憶合金における構成元素原子位置のALCHEMI法による決定 3ゲンケイ ケイジョウ キオク ゴウキン ニオケル コウセイ ゲンソ ゲンシ イチ ノ ALCHEMIホウ 二ヨル ケッテイ

この論文をさがす

著者

    • 中田, 芳幸 ナカタ, ヨシユキ

書誌事項

タイトル

3元系形状記憶合金における構成元素原子位置のALCHEMI法による決定

タイトル別名

3ゲンケイ ケイジョウ キオク ゴウキン ニオケル コウセイ ゲンソ ゲンシ イチ ノ ALCHEMIホウ 二ヨル ケッテイ

著者名

中田, 芳幸

著者別名

ナカタ, ヨシユキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5646号

学位授与年月日

1992-02-25

注記・抄録

博士論文

10055

博士(工学)

1992-02-25

大阪大学

14401乙第05646号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1.形状記憶効果 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2.マルテンサイトの結晶構造 / p3 (0006.jp2)
  5. 1-3.結晶構造における残された問題 / p6 (0008.jp2)
  6. 1-4.X線回折による原子位置決定の問題点 / p7 (0008.jp2)
  7. 参考文献 / p10 (0010.jp2)
  8. 第2章 ALCHEMI法の原理 / p11 (0010.jp2)
  9. 2-1.ALCHEMI法の歴史的発展 / p11 (0010.jp2)
  10. 2-2.測定原理の概略 / p12 (0011.jp2)
  11. 2-3.電子線の動力学的回折理論に基づくALCHEMI法の解釈 / p14 (0012.jp2)
  12. 2-4.ALCHEMI法の解析方法 / p16 (0013.jp2)
  13. 2-5.ALCHEMI法の精度 / p19 (0014.jp2)
  14. 2-6.面チャンネリングと軸チャンネリング / p20 (0015.jp2)
  15. 2-7.ALCHEMI法における実験上の制約 / p22 (0016.jp2)
  16. 参考文献 / p23 (0016.jp2)
  17. 第3章 ALCHEMI法の測定精度に及ぼす熱散漫散乱の影響 / p25 (0017.jp2)
  18. 3-1.緒言 / p25 (0017.jp2)
  19. 3-2.非弾性散乱を考慮した動力学的理論 / p26 (0018.jp2)
  20. 3-3.計算結果と考察 / p28 (0019.jp2)
  21. 3-4.結論 / p40 (0025.jp2)
  22. 参考文献 / p40 (0025.jp2)
  23. 第4章 Cu-Al-Ni形状記憶合金におけるNi原子の占有位置 / p41 (0025.jp2)
  24. 4-1.緒言 / p41 (0025.jp2)
  25. 4-2.Cu-Al-Niに対するALCHEMI法の応用 / p42 (0026.jp2)
  26. 4-3.実験方法 / p44 (0027.jp2)
  27. 4-4.結果 / p46 (0028.jp2)
  28. 4-5.考察 / p49 (0029.jp2)
  29. 4-6.結論 / p52 (0031.jp2)
  30. 参考文献 / p52 (0031.jp2)
  31. 第5章 Au-Cu-Zn合金における母相の結晶構造 / p54 (0032.jp2)
  32. 5-1.緒言 / p54 (0032.jp2)
  33. 5-2.Au-Cu-Zn合金に対するALCHEMI法の応用 / p55 (0032.jp2)
  34. 5-3.実験方法 / p56 (0033.jp2)
  35. 5-4.結果 / p57 (0033.jp2)
  36. 5-5.考察 / p63 (0036.jp2)
  37. 5-6.結論 / p65 (0037.jp2)
  38. 参考文献 / p66 (0038.jp2)
  39. 第6章 Au-Cu-Zn合金におけるマルテンサイト相の結晶構造 / p67 (0038.jp2)
  40. 6-1.緒言 / p67 (0038.jp2)
  41. 6-2.Au-Cu-Zn合金マルテンサイト相へのALCHEMI法の応用 / p67 (0038.jp2)
  42. 6-3.実験方法 / p69 (0039.jp2)
  43. 6-4.実験結果 / p69 (0039.jp2)
  44. 6-5.考察 / p77 (0043.jp2)
  45. 6-6.結論 / p78 (0044.jp2)
  46. 参考文献 / p78 (0044.jp2)
  47. 第7章 Cu-Zn-Al合金におけるマルテンサイト時効の影響 / p79 (0044.jp2)
  48. 7-1.緒言 / p79 (0044.jp2)
  49. 7-2.実験方法 / p80 (0045.jp2)
  50. 7-3.実験結果 / p81 (0045.jp2)
  51. 7-4.考察 / p96 (0053.jp2)
  52. 7-5.結論 / p100 (0055.jp2)
  53. 参考文献 / p101 (0055.jp2)
  54. 第8章 Ti-Ni-X合金におけるX元素原子位置のALCHEMIによる決定 / p103 (0056.jp2)
  55. 8-1.緒言 / p103 (0056.jp2)
  56. 8-2.実験方法 / p104 (0057.jp2)
  57. 8-3.結果 / p107 (0058.jp2)
  58. 8-4.考察 / p113 (0061.jp2)
  59. 8-5.結論 / p116 (0063.jp2)
  60. 参考文献 / p116 (0063.jp2)
  61. 第9章 Ti-Ni-X合金のX原子位置に関する熱力学的考察 / p118 (0064.jp2)
  62. 9-1.緒言 / p118 (0064.jp2)
  63. 9-2.計算方法 / p118 (0064.jp2)
  64. 9-3.結果と考察 / p118 (0064.jp2)
  65. 9-4.結論 / p131 (0070.jp2)
  66. 参考文献 / p131 (0070.jp2)
  67. 第10章 Ti-Ni-X合金の変態温度におよぼす第3元素の影響 / p132 (0071.jp2)
  68. 10-1.緒言 / p132 (0071.jp2)
  69. 10-2.方法 / p132 (0071.jp2)
  70. 10-3.実験結果 / p132 (0071.jp2)
  71. 10-4.考察 / p139 (0074.jp2)
  72. 参考文献 / p141 (0075.jp2)
  73. 第11章 総括 / p142 (0076.jp2)
  74. 謝辞 / p144 (0077.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084496
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084708
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000248810
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ