高速ディーゼルエンジンの排気浄化に関する研究 : 超高圧噴射および触媒による浄化システム

この論文をさがす

著者

    • 掛川, 俊明 カケガワ, トシアキ

書誌事項

タイトル

高速ディーゼルエンジンの排気浄化に関する研究 : 超高圧噴射および触媒による浄化システム

著者名

掛川, 俊明

著者別名

カケガワ, トシアキ

学位授与大学

武蔵工業大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第14号

学位授与年月日

1992-02-05

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章「緒論」 / p6 (0008.jp2)
  3. 第1.1節 緒言 / p6 (0008.jp2)
  4. 第1.2節 従来の研究 / p6 (0008.jp2)
  5. 第1.3節 研究の目的と論文の構成 / p10 (0012.jp2)
  6. 第2章「ディーゼル機関の燃焼に与える噴射の影響」 / p12 (0014.jp2)
  7. 第2.1節 緒言 / p12 (0014.jp2)
  8. 第2.2節 噴射圧力100MPa以下での燃焼現象 / p13 (0015.jp2)
  9. 2.2.1 試験条件及び装置 / p13 (0015.jp2)
  10. 2.2.2 性能試験結果 / p16 (0018.jp2)
  11. 2.2.3 燃焼解析結果 / p17 (0019.jp2)
  12. 2.2.4 燃焼観察結果 / p18 (0020.jp2)
  13. 2.2.5 考察 / p23 (0025.jp2)
  14. 第2.3節 噴射圧力10OMPa以上での燃焼現象 / p25 (0027.jp2)
  15. 2.3.1 試験条件及び装置 / p25 (0027.jp2)
  16. 2.3.2 噴射圧力の影響 / p29 (0031.jp2)
  17. 2.3.3 ノズル噴孔径の影響 / p31 (0033.jp2)
  18. 2.3.4 スワール比の影響 / p33 (0035.jp2)
  19. 2.3.5 燃焼観察結果 / p34 (0036.jp2)
  20. 第2.4節 結言 / p39 (0041.jp2)
  21. 2.4.1 ディーゼル燃焼現象のイメージ / p39 (0041.jp2)
  22. 2.4.2 噴射圧力の影響 / p39 (0041.jp2)
  23. 2.4.3 スワール比の影響 / p42 (0044.jp2)
  24. 第3章「複数の混合領域を考慮したディーゼル燃焼の確率過程論モデル」 / p45 (0047.jp2)
  25. 第3.1節 緒言 / p45 (0047.jp2)
  26. 第3.2節 モデルの概略 / p45 (0047.jp2)
  27. 3.2.1 ディーゼル機関の確率過程論モデル / p45 (0047.jp2)
  28. 3.2.2 モデル改良の基本的考え方 / p47 (0049.jp2)
  29. 3.2.3 噴霧過程 / p47 (0049.jp2)
  30. 3.2.4 着火過程 / p49 (0051.jp2)
  31. 3.2.5 予混合過程 / p49 (0051.jp2)
  32. 3.2.6 燃焼過程 / p51 (0053.jp2)
  33. 第3.3節 計算結果 / p54 (0056.jp2)
  34. 3.3.1 筒内圧力及び熱発生経過 / p54 (0056.jp2)
  35. 3.3.2 窒素酸化物及びすす排出 / p57 (0059.jp2)
  36. 3.3.3 乱流混合速度 / p59 (0061.jp2)
  37. 3.3.4 燃焼ガス巻き込みの影響 / p60 (0062.jp2)
  38. 3.3.5 予混合領域滞留時間[数式]の影響 / p60 (0062.jp2)
  39. 3.3.6 スワールの影響 / p64 (0066.jp2)
  40. 第3.4節 燃焼場への乱れ投入の効果予測 / p65 (0067.jp2)
  41. 第3.5節 結言 / p66 (0068.jp2)
  42. 第4章「可燃ガス筒内噴射による排出黒煙低減」 / p69 (0071.jp2)
  43. 第4.1節 緒言 / p69 (0071.jp2)
  44. 第4.2節 モデルによる予測計算手法の検討 / p69 (0071.jp2)
  45. 第4.3節 計算結果と考察 / p71 (0073.jp2)
  46. 第4.4節 実験装置 / p73 (0075.jp2)
  47. 4.4.1 機関および測定系 / p73 (0075.jp2)
  48. 4.4.2 ガス噴射装置及び使用ガス / p75 (0077.jp2)
  49. 第4.5節 実験結果 / p76 (0078.jp2)
  50. 4.5.1 噴射量・噴射時期の影響 / p76 (0078.jp2)
  51. 4.5.2 噴射圧力の影響 / p79 (0081.jp2)
  52. 4.5.3 ガス成分の影響 / p80 (0082.jp2)
  53. 第4.6節 考察 / p81 (0083.jp2)
  54. 4.6.1 各種ガスの特性 / p81 (0083.jp2)
  55. 4.6.2 筒内圧力波形 / p83 (0085.jp2)
  56. 第4.7節 結言 / p83 (0085.jp2)
  57. 第5章「”触媒エンジン”-ディーゼル機関低公害化の新しいコンセプト」 / p86 (0088.jp2)
  58. 第5.1節 緒言 / p86 (0088.jp2)
  59. 第5.2節 ディーゼル機関へのコンセプト適用 / p86 (0088.jp2)
  60. 第5.3節 部分酸化法による燃料の改質 / p88 (0090.jp2)
  61. 5.3.1 改質試験装置 / p88 (0090.jp2)
  62. 5.3.2 試験結果 / p91 (0093.jp2)
  63. 第5.4節 アンモニアの合成 / p93 (0095.jp2)
  64. 5.4.1 純水素・窒素からのアンモニア合成 / p93 (0095.jp2)
  65. 5.4.2 燃料からのアンモニア合成 / p96 (0098.jp2)
  66. 第5.5節 接触還元脱硝法によるNOx低減 / p98 (0100.jp2)
  67. 5.5.1 実験装置と測定法 / p98 (0100.jp2)
  68. 5.5.2 エンジン台上試験結果 / p100 (0102.jp2)
  69. 5.5.3 実車走行試験結果 / p102 (0104.jp2)
  70. 第5.6節 アンモニア筒内噴射法によるNOx低減 / p105 (0107.jp2)
  71. 5.6.1 試験装置 / p107 (0109.jp2)
  72. 5.6.2 試験結果 / p108 (0110.jp2)
  73. 第5.7節 将来の展望 / p109 (0111.jp2)
  74. 第5.8節 結言 / p113 (0115.jp2)
  75. 第6章「結論」 / p115 (0117.jp2)
  76. 謝辞 / p118 (0120.jp2)
  77. 参考文献 / p119 (0121.jp2)
  78. 本論文に関した主な公刊論文等 / p124 (0126.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084667
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084879
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000248981
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ