筑後川におけるニゴイの生態学的研究

この論文をさがす

著者

    • 竹下, 直彦 タケシタ, ナオヒコ

書誌事項

タイトル

筑後川におけるニゴイの生態学的研究

著者名

竹下, 直彦

著者別名

タケシタ, ナオヒコ

学位授与大学

九州大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第2993号

学位授与年月日

1992-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 ニゴイに関する研究史 / p3 (0009.jp2)
  4. 第2章 研究場所と方法 / p4 (0010.jp2)
  5. 第1節 研究場所とその環境要因 / p4 (0010.jp2)
  6. 1.筑後川の地形と利水状況 / p4 (0010.jp2)
  7. 2.筑後川の水質 / p6 (0012.jp2)
  8. 3.筑後川の魚類相 / p6 (0012.jp2)
  9. 第2節 研究方法 / p12 (0018.jp2)
  10. 1.調査地点 / p12 (0018.jp2)
  11. 2.採集方法 / p13 (0019.jp2)
  12. 3.標本の固定・保存と測定方法 / p14 (0020.jp2)
  13. 第3章 筑後川産ニゴイの形態 / p15 (0021.jp2)
  14. 第1節 外部形態 / p15 (0021.jp2)
  15. 第2節 内部形態 / p15 (0021.jp2)
  16. 第4章 年齢と成長 / p20 (0026.jp2)
  17. 第1節 年齢形質の有効性 / p20 (0026.jp2)
  18. 第2節 年齢査定と成長式 / p27 (0033.jp2)
  19. 第3節 各年級群の月別の成長 / p31 (0037.jp2)
  20. 第5章 成熟生態 / p34 (0040.jp2)
  21. 第1節 産卵期の推定 / p34 (0040.jp2)
  22. 1.生殖腺指数の月変化 / p34 (0040.jp2)
  23. 2.水温の月変化 / p34 (0040.jp2)
  24. 第2節 産卵群の年齢組成 / p36 (0042.jp2)
  25. 第3節 二次性徴と婚姻色 / p37 (0043.jp2)
  26. 1.追星 / p37 (0043.jp2)
  27. 2.胸鰭の形態 / p37 (0043.jp2)
  28. 3.臀鰭の形態 / p37 (0043.jp2)
  29. 4.婚姻色 / p40 (0046.jp2)
  30. 第4節 卵径組成と成熟卵数 / p43 (0049.jp2)
  31. 1.卵径組成の変化 / p43 (0049.jp2)
  32. 2.成熟卵数 / p46 (0052.jp2)
  33. 第5節 産卵行動 / p46 (0052.jp2)
  34. 第6章 初期生活史 / p51 (0057.jp2)
  35. 第1節 受精卵の形態と卵内発生 / p51 (0057.jp2)
  36. 1.受精卵の形態 / p52 (0058.jp2)
  37. 2.卵内発生 / p52 (0058.jp2)
  38. 第2節 仔・稚魚の形態 / p54 (0060.jp2)
  39. 1.前期仔魚期 / p54 (0060.jp2)
  40. 2.後期仔魚期 / p57 (0063.jp2)
  41. 3.稚魚期 / p58 (0064.jp2)
  42. 第3節 仔・稚魚の生態 / p58 (0064.jp2)
  43. 1.成長にともなう生息場所の変化 / p58 (0064.jp2)
  44. 2.骨格の形成と生息場所の変化 / p66 (0072.jp2)
  45. 第7章 回遊生態 / p72 (0078.jp2)
  46. 第1節 生息場所による年齢組成の違い / p72 (0078.jp2)
  47. 第2節 成魚の産卵遡上 / p74 (0080.jp2)
  48. 1.成魚の漁獲個体数の月変化 / p74 (0080.jp2)
  49. 2.標識放流による産卵遡上の確認 / p75 (0081.jp2)
  50. 第3節 当歳魚の降河 / p77 (0083.jp2)
  51. 第4節 感潮域における分布 / p80 (0086.jp2)
  52. 1.ニゴイの分布と塩分濃度 / p80 (0086.jp2)
  53. 2.感潮する淡水域における生息環境 / p83 (0089.jp2)
  54. 第5節 ニゴイの回遊の位置付け / p86 (0092.jp2)
  55. 第8章 食性 / p89 (0095.jp2)
  56. 第1節 中流域における成魚の食性と底生生物相 / p89 (0095.jp2)
  57. 1.成魚の消化管内容物の季節変化 / p90 (0096.jp2)
  58. 2.底生生物相の月変化 / p92 (0098.jp2)
  59. 3.餌生物の選択性 / p92 (0098.jp2)
  60. 第2節 下流域における当歳魚の食性 / p96 (0102.jp2)
  61. 1.成長にともなう当歳魚の食性の変化 / p96 (0102.jp2)
  62. 2.咽頭骨、咽頭歯および鰓耙の発達と食性の変化 / p97 (0103.jp2)
  63. 3.当歳魚の生息場所と餌料底生生物 / p99 (0105.jp2)
  64. 第3節 感潮域における食性 / p101 (0107.jp2)
  65. 1.成長にともなう当歳魚の食性の変化 / p102 (0108.jp2)
  66. 2.1歳魚の食性の月変化 / p103 (0109.jp2)
  67. 3.2歳魚の食性の月変化 / p104 (0110.jp2)
  68. 4.3歳以上の食性の月変化 / p104 (0110.jp2)
  69. 第4節 ニゴイによる有用水族への食害について / p105 (0111.jp2)
  70. 第9章 総合討論 / p106 (0112.jp2)
  71. 要約 / p112 (0118.jp2)
  72. 謝辞 / p117 (0123.jp2)
  73. Summary / p118 (0124.jp2)
  74. 引用文献 / p124 (0130.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084786
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000084998
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249100
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ