高強度透光性アルミナセラミックスの製法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 林, 浩一 ハヤシ, コウイチ

書誌事項

タイトル

高強度透光性アルミナセラミックスの製法に関する研究

著者名

林, 浩一

著者別名

ハヤシ, コウイチ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5107号

学位授与年月日

1992-02-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2 従来の研究 / p4 (0007.jp2)
  5. 1-3 本研究の目的 / p24 (0017.jp2)
  6. 第2章 α-アルミナ微粉末の出発原料としてのアンモニウムアルミニウム炭酸塩(AACH)の最適作製条件 / p29 (0019.jp2)
  7. 2-1 緒言 / p29 (0019.jp2)
  8. 2-2 実験方法 / p30 (0020.jp2)
  9. 2-3 結果 / p32 (0021.jp2)
  10. 2-4 考察 / p38 (0024.jp2)
  11. 2-5 結言 / p45 (0027.jp2)
  12. 第3章 アンモニウムアルミニウム炭酸塩(AACH)から生成するアルミナの相転移過程 / p47 (0028.jp2)
  13. 3-1 緒言 / p47 (0028.jp2)
  14. 3-2 実験方法 / p47 (0028.jp2)
  15. 3-3 結果 / p48 (0029.jp2)
  16. 3-4 考察 / p57 (0033.jp2)
  17. 3-5 結言 / p67 (0038.jp2)
  18. 第4章 射出成形法によるアルミナ粒子の充填状態 / p68 (0039.jp2)
  19. 4-1 緒言 / p68 (0039.jp2)
  20. 4-2 実験方法 / p68 (0039.jp2)
  21. 4-3 結果 / p70 (0040.jp2)
  22. 4-4 考察 / p79 (0044.jp2)
  23. 4-5 結言 / p84 (0047.jp2)
  24. 第5章 酸処理によるセラミックス成形体中の異物除去 / p86 (0048.jp2)
  25. 5-1 緒言 / p86 (0048.jp2)
  26. 5-2 実験方法 / p87 (0048.jp2)
  27. 5-3 結果及び考察 / p91 (0050.jp2)
  28. 5-4 結言 / p106 (0058.jp2)
  29. 第6章 高強度透光性アルミナセラミックスの作製 / p107 (0058.jp2)
  30. 6-1 緒言 / p107 (0058.jp2)
  31. 6-2 実験方法 / p108 (0059.jp2)
  32. 6-3 結果及び考察 / p111 (0060.jp2)
  33. 6-4 考察 / p121 (0065.jp2)
  34. 6-5 結言 / p123 (0066.jp2)
  35. 第7章 結論 / p124 (0067.jp2)
  36. Appendix 高強度透光性アルミナセラミックスの産業上の利用 / p128 (0069.jp2)
  37. A-1 ボンディングキャピラリー / p128 (0069.jp2)
  38. A-2 光コネクタ用アルミナフェルール / p132 (0071.jp2)
  39. A-3 HIDアルミナランプ / p141 (0075.jp2)
  40. 参考文献 / p150 (0080.jp2)
  41. 謝辞 / p158 (0084.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084826
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085039
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249140
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ