長年月供用されたリベット接合鉄道橋の疲労特性と残存寿命評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宮武, 洋之 ミヤタケ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

長年月供用されたリベット接合鉄道橋の疲労特性と残存寿命評価に関する研究

著者名

宮武, 洋之

著者別名

ミヤタケ, ヒロユキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5109号

学位授与年月日

1992-02-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序説 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 既往の研究 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 鉄道における鋼橋の保守管理 / p11 (0015.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p14 (0018.jp2)
  7. 第2章 経年90余年リベット桁の静的および疲労特性と残存寿命評価 / p23 (0027.jp2)
  8. 2.1 経年90余年桁の静的実験 / p23 (0027.jp2)
  9. 2.2 経年90余年桁の疲労試験 / p28 (0032.jp2)
  10. 第3章 経年60余年リベット桁の材料および疲労特性と残存寿命評価 / p57 (0061.jp2)
  11. 3.1 経年60余年桁の材料試験 / p57 (0061.jp2)
  12. 3.2 経年60余年桁の疲労試験 / p60 (0064.jp2)
  13. 第4章 鉄道橋の最大履歴応力とAE特性 / p76 (0080.jp2)
  14. 4.1 序言 / p76 (0080.jp2)
  15. 4.2 最大入線機からの最大履歴応力の推定 / p77 (0081.jp2)
  16. 4.3 AE試験による最大履歴応力の推定 / p79 (0083.jp2)
  17. 4.4 試験結果と考察 / p81 (0085.jp2)
  18. 第5章 リベット桁の補修・補強とその効果 / p86 (0090.jp2)
  19. 5.1 高力ボルト置き換え桁の疲労試験 / p86 (0090.jp2)
  20. 5.2 試験結果と考察 / p88 (0092.jp2)
  21. 第6章 結論 / p101 (0105.jp2)
  22. 謝辞 / p103 (0107.jp2)
  23. 参考文献 / p104 (0108.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084828
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085041
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249142
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ