電話機用圧電形電気音響変換器に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 一ノ瀬, 裕 イチノセ, ユタカ

書誌事項

タイトル

電話機用圧電形電気音響変換器に関する研究

著者名

一ノ瀬, 裕

著者別名

イチノセ, ユタカ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5114号

学位授与年月日

1992-02-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1.序論 / p1 (0010.jp2)
  3. 2.圧電振動板の振動特性解析 / p8 (0017.jp2)
  4. 2.1 まえがき / p8 (0017.jp2)
  5. 2.2 基本式 / p8 (0017.jp2)
  6. 2.3 低周波数での解 / p21 (0030.jp2)
  7. 2.4 低周波数での解析による近似計算 / p23 (0032.jp2)
  8. 2.5 まとめ / p31 (0040.jp2)
  9. 3.感度に着目した圧電振動板の最適設計 / p35 (0044.jp2)
  10. 3.1 まえがき / p36 (0045.jp2)
  11. 3.2 各定数によ感度の変化 / p36 (0045.jp2)
  12. 3.3 寸法比によ感度の変化 / p37 (0046.jp2)
  13. 3.4 材料定数比によ最高感度と最適寸法比の変化 / p37 (0046.jp2)
  14. 3.5 実験結果との比較 / p43 (0052.jp2)
  15. 3.6 まとめ / p50 (0059.jp2)
  16. 4.周辺に段差を持つ圧電振動板の振動特性 / p51 (0060.jp2)
  17. 4.1 まえがき / p52 (0061.jp2)
  18. 4.2 有限要素法を適用す場合の要素分割方法と計算精度 / p52 (0061.jp2)
  19. 4.3 圧電振動板を用いた電気音響変換器の感度 / p54 (0063.jp2)
  20. 4.4 計算と実験 / p58 (0067.jp2)
  21. 4.5 クランプ径の変化の影響 / p58 (0067.jp2)
  22. 4.6 考察 / p66 (0075.jp2)
  23. 4.7 まとめ / p68 (0077.jp2)
  24. 5.圧電形電気音響変換器の設計 / p69 (0078.jp2)
  25. 5.1 まえがき / p70 (0079.jp2)
  26. 5.2 設計方針 / p71 (0080.jp2)
  27. 5.3 設計 / p74 (0083.jp2)
  28. 5.4 特性 / p87 (0096.jp2)
  29. 5.5 信頼性 / p87 (0096.jp2)
  30. 5.6 電気音響変換器の実装方法 / p87 (0096.jp2)
  31. 5.7 まとめ / p93 (0102.jp2)
  32. 6.まとめ / p94 (0103.jp2)
  33. 謝辞 / p102 (0111.jp2)
  34. 参考文献 / p103 (0112.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084833
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085046
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249147
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ