舶用ディーゼル機関ピストンリングとシリンダライナに発生するスカッフィングに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中野, 英明 ナカノ, ヒデアキ

書誌事項

タイトル

舶用ディーゼル機関ピストンリングとシリンダライナに発生するスカッフィングに関する研究

著者名

中野, 英明

著者別名

ナカノ, ヒデアキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5118号

学位授与年月日

1992-02-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 ピストンリングスカッフィングに関する従来の研究 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p11 (0014.jp2)
  5. 記号 / p16 (0019.jp2)
  6. 第2章 変動荷重方式-往復しゅう動試験機による実験 / p19 (0022.jp2)
  7. 2.1 実験の目的 / p19 (0022.jp2)
  8. 2.2 実験装置と実験方法 / p22 (0025.jp2)
  9. 2.3 リングしゅう動表面温度 / p24 (0027.jp2)
  10. 2.4 スカッフィング発生限界実験 / p28 (0031.jp2)
  11. 2.5 結論 / p41 (0044.jp2)
  12. 第3章 実際のエンジンに発生するスカッフィングとその発生限界について / p44 (0047.jp2)
  13. 3.1 研究の目的 / p44 (0047.jp2)
  14. 3.2 実験装置と潤滑溶持性試験 / p46 (0049.jp2)
  15. 3.3 実験結果 / p49 (0052.jp2)
  16. 3.4 ガス圧力と接触面圧について / p55 (0058.jp2)
  17. 3.5 実機としゅう動試験機の結果の比較 / p59 (0062.jp2)
  18. 3.6 結論 / p64 (0067.jp2)
  19. 第4章 新形ピストン開発の一例 / p66 (0069.jp2)
  20. 4.1 まえがき / p66 (0069.jp2)
  21. 4.2 設計と試作 / p68 (0071.jp2)
  22. 4.3 運転結果 / p75 (0078.jp2)
  23. 4.4 あとがき / p78 (0081.jp2)
  24. 第5章 総括 / p80 (0083.jp2)
  25. 謝辞 / p83 (0086.jp2)
  26. 参考文献資料 / p84 (0087.jp2)
  27. 図表集 / 付1 / (0090.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084837
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085050
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249151
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ