相変態を伴う金属の熱応力・形状解析に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 有吉, 敏彦 アリヨシ, トシヒコ

書誌事項

タイトル

相変態を伴う金属の熱応力・形状解析に関する研究

著者名

有吉, 敏彦

著者別名

アリヨシ, トシヒコ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5121号

学位授与年月日

1992-02-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 変態挙動のモデル化 / p5 (0009.jp2)
  4. 2.1 緒言 / p5 (0009.jp2)
  5. 2.2 変態の考え方 / p5 (0009.jp2)
  6. 2.3 測定データに対するモデル係数の決定 / p9 (0013.jp2)
  7. 2.4 結言 / p11 (0015.jp2)
  8. 第3章 温度分布の解析 / p12 (0016.jp2)
  9. 3.1 緒言 / p12 (0016.jp2)
  10. 3.2 熱伝導問題の変分式 / p12 (0016.jp2)
  11. 3.3 解析に使用した物性値 / p17 (0021.jp2)
  12. 3.4 変態モデルと連成した熱伝導解析の評価 / p19 (0023.jp2)
  13. 3.5 結言 / p22 (0026.jp2)
  14. 第4章 変態を伴う熱応力解析 / p23 (0027.jp2)
  15. 4.1 緒言 / p23 (0027.jp2)
  16. 4.2 反りを伴った一次元熱応力有限要素法 / p25 (0029.jp2)
  17. 4.3 要素分割の精度に及ぼす影響 / p32 (0036.jp2)
  18. 4.4 変態中の物性値の扱いと解析精度 / p41 (0045.jp2)
  19. 4.5 変態ひずみによる厚板の形状不安定 / p57 (0061.jp2)
  20. 4.6 反りの感受性に及ぼす冷却条件と板厚の影響 / p81 (0085.jp2)
  21. 4.7 結言 / p96 (0100.jp2)
  22. 第5章 形状解析 / p98 (0102.jp2)
  23. 5.1 緒言 / p98 (0102.jp2)
  24. 5.2 梁理論による二次元断面の熱応力解析 / p98 (0102.jp2)
  25. 5.3 節点の高階微分を変数に取り入れた平板の有限要素法 / p102 (0106.jp2)
  26. 5.4 内部ひずみに起因する座屈の解析 / p110 (0114.jp2)
  27. 5.5 結言 / p134 (0138.jp2)
  28. 第6章 結論 / p135 (0139.jp2)
  29. 文献 / p137 (0141.jp2)
  30. 謝辞 / p139 (0143.jp2)
  31. Appendix1 Tresca の降伏条件 / p140 (0144.jp2)
  32. Appendix2 Gauss の分点 / p142 (0146.jp2)
  33. Appendix3 平板の曲げ理論におけるひずみの定義 / p144 (0148.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084840
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085053
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249154
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ