哲学・その古代的なるもの : プラトンとアリストテレスの若干の著作に関する一つの釈義的研究

この論文をさがす

著者

    • 水崎, 博明, 1939- ミズサキ, ヒロアキ

書誌事項

タイトル

哲学・その古代的なるもの : プラトンとアリストテレスの若干の著作に関する一つの釈義的研究

著者名

水崎, 博明, 1939-

著者別名

ミズサキ, ヒロアキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

文学博士

学位授与番号

乙第5128号

学位授与年月日

1992-03-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0021.jp2)
  2. 一 「汝白身を知れ」といふ箴言 / (0024.jp2)
  3. 二 プラトンの行為の分析の中で / p3 (0026.jp2)
  4. 三 必要と行為との問ひとして / p14 (0037.jp2)
  5. 四 認識と必然との問ひとして / p23 (0046.jp2)
  6. 五 問題の集約 / p43 (0066.jp2)
  7. 目次 / (0084.jp2)
  8. 一 まへがき / p1 (0089.jp2)
  9. 二 魅力あるもの / p4 (0092.jp2)
  10. 三 魅力ある二つの動きの、アリストテレスの端緒理論による評価(一) ・・・何が二つなのか? / p8 (0096.jp2)
  11. 四 魅力ある二つの動きの、アリストテレスの端緒理論による評価(二) ・・・「動き」とは? / p16 (0104.jp2)
  12. 五 機縁となりゆきとの舞台へ / p21 (0109.jp2)
  13. 六 生死となりゆき / p28 (0116.jp2)
  14. 七 古今の生存感覚とソクラテス / p36 (0124.jp2)
  15. 八 ソクラテスのみち / p47 (0135.jp2)
  16. 九 再びソクラテスのみち / p57 (0145.jp2)
  17. 目次 / (0173.jp2)
  18. 一 比較の可能性 / p1 (0175.jp2)
  19. 二 エピエマイ(ephiemai)といふ言葉への対処について / p6 (0180.jp2)
  20. 三 用例研究 / p14 (0188.jp2)
  21. 四 倫理学とは何か / p21 (0195.jp2)
  22. 目次 / (0207.jp2)
  23. 一『正義』についての問ひ方と″イデア″と″エイドス″ / p1 (0209.jp2)
  24. 二 或るプロディコス的な区別 / p2 (0210.jp2)
  25. 三「探求されるもの」ト・ゼーテーマ――プロディコス的な区別のソクラテス的な再統一 / p10 (0218.jp2)
  26. 四 <方法>としてのイデア / p18 (0226.jp2)
  27. 五 残される〈方法〉 / p25 (0233.jp2)
  28. 目次 / (0246.jp2)
  29. 一 一つの系争問題・・・プラトン中・後期とイデア説と / p1 (0249.jp2)
  30. 二『パイドン』一〇〇C~Eの語るもの / p3 (0251.jp2)
  31. 三『パルメニデス』の思考へ / p11 (0259.jp2)
  32. 四『パルメニデス』の思考 / p22 (0270.jp2)
  33. 五 心のかたち / p35 (0283.jp2)
  34. (上)目次 / (0306.jp2)
  35. 一 対話状況 / p1 (0310.jp2)
  36. 二 展望と反省 / p6 (0315.jp2)
  37. 三 『魂』の三つの語られ方とその二つの場合(用例AB・・・占ひから形相の使用まで) / p9 (0318.jp2)
  38. 四 残る場合(用例Cの一・『魂』と『人間存在』との不即不離) / p18 (0327.jp2)
  39. 五 残る場合(用例Cの二・『魂』の観照と『人間存在』の行為) / p30 (0339.jp2)
  40. 六 残る場合(用例Cの三・『魂』のパトスと生についての掟され方) / p37 (0346.jp2)
  41. (中)目次 / (0361.jp2)
  42. 一 前橋の要約から / p1 (0364.jp2)
  43. 二 ソクラテスの洞察とその一つの峻別 / p3 (0366.jp2)
  44. 三 ソクラテスの″占ひ ″と案内 / p10 (0373.jp2)
  45. 四 意味論の変更(一) 経験の布置(上) / p21 (0384.jp2)
  46. 五 意味論の変更(二) 取次・困惑・再考察 / p32 (0395.jp2)
  47. 六 意味論の変更(三) その必然的筋書き / p38 (0401.jp2)
  48. (下)目次 / (0420.jp2)
  49. 一 意味論の成立(一) 数・知性 / p1 (0422.jp2)
  50. 二 意味論の成立(二) 眼差しとその可能性 / p10 (0431.jp2)
  51. 三 意味論の成立(三) 経験の布置(下) / p19 (0440.jp2)
  52. (補)目次 / (0462.jp2)
  53. 一 導入部としての諸々の学科 経験の自己超越(上) / p1 (0464.jp2)
  54. 二 調べそのものとしての問答法 経験の自己超越(下) / p15 (0478.jp2)
  55. 三 総括と結論 / p40 (0503.jp2)
  56. 目次 / (0518.jp2)
  57. 一 問題の所在と分析すべき課題 / p1 (0521.jp2)
  58. 二「ペリ・対格句」についての基本的学習とそこからの課題 / p10 (0530.jp2)
  59. 三 ハインドルフ論駁 / p22 (0542.jp2)
  60. 四 『ソフィステース』についての検討 / p26 (0546.jp2)
  61. 五 結び / p36 (0556.jp2)
  62. 目次 / (0569.jp2)
  63. 一″存在としての存在″といふ問題を平明にすること / p1 (0572.jp2)
  64. 二 従来の理解について / p2 (0573.jp2)
  65. 三 テクスト批評(その1) / p8 (0579.jp2)
  66. 四 テクストの評価(その2) / p19 (0590.jp2)
  67. 五 テクスト・クリティークヘ / p25 (0596.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084847
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000972862
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249161
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ