Skeletonema costatum産生自己阻害物質に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 今田, 信良 イマダ, ノブヨシ

書誌事項

タイトル

Skeletonema costatum産生自己阻害物質に関する研究

著者名

今田, 信良

著者別名

イマダ, ノブヨシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第5154号

学位授与年月日

1992-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 Skeletonema costatumの増殖 / p5 (0009.jp2)
  4. 1.実験方法 / p5 (0009.jp2)
  5. 2.実験結果 / p7 (0011.jp2)
  6. 3.考察 / p9 (0013.jp2)
  7. 第2章 S.costatumによる自己阻害物質の産生と他種プランクトンの増殖に及ぼすその培養液の影響 / p12 (0016.jp2)
  8. 1.実験方法 / p12 (0016.jp2)
  9. 2.実験結果 / p19 (0023.jp2)
  10. 3.考察 / p22 (0026.jp2)
  11. 第3章 S.costatum産生自己阻害物質の単離 / p27 (0031.jp2)
  12. 1.自己阻害物質分離用S.costatum培養液の調製 / p27 (0031.jp2)
  13. 2. S.costatum培養液の酢酸エチル抽出および活性炭吸着処理 / p28 (0032.jp2)
  14. 3.ゲル濾過 / p31 (0035.jp2)
  15. 4.薄層クロマトグラフィー / p34 (0038.jp2)
  16. 5.逆相高速液体クロマトグラフィー / p36 (0040.jp2)
  17. 6.自己阻害物質の特性と各精製過程における阻害活性比 / p38 (0042.jp2)
  18. 第4章 S.costatum産生自己阻害物質の同定 / p43 (0047.jp2)
  19. 1.実験方法 / p44 (0048.jp2)
  20. 2.実験結果 / p45 (0049.jp2)
  21. 3.考察 / p59 (0063.jp2)
  22. 第5章 数種プランクトンの増殖に及ぼす単離自己阻害物質(15-HEPE)およびその前駆物質の影響 / p61 (0065.jp2)
  23. 1.実験方法 / p61 (0065.jp2)
  24. 2.実験結果 / p65 (0069.jp2)
  25. 3.考察 / p75 (0079.jp2)
  26. 第6章 自然界におけるS.costatum産生自己阻害物質の存在 / p78 (0082.jp2)
  27. 1.実験方法 / p78 (0082.jp2)
  28. 2.実験結果 / p79 (0083.jp2)
  29. 3.考察 / p81 (0085.jp2)
  30. 総括 / p84 (0088.jp2)
  31. 謝辞 / p89 (0093.jp2)
  32. 引用文献 / p90 (0094.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084873
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085086
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249187
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ