酸化スズ系ガスセンサの感度安定化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松浦, 吉展 マツウラ, ヨシノブ

書誌事項

タイトル

酸化スズ系ガスセンサの感度安定化に関する研究

著者名

松浦, 吉展

著者別名

マツウラ, ヨシノブ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5158号

学位授与年月日

1992-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1-1 種々の半導体ガスセンサを用いたガス検知法 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-2 電気伝導度変化を利用する表面制御型センサの課題 / p14 (0020.jp2)
  5. 1-3 本研究の目的と本論文の概要 / p18 (0024.jp2)
  6. 文献 / p19 (0025.jp2)
  7. 第2章 ガス感度の経時変化とシミュレーション / p25 (0031.jp2)
  8. 2-1 緒言 / p25 (0031.jp2)
  9. 2-2 実験方法 / p25 (0031.jp2)
  10. 2-3 実使用センサにおける経時変化 / p30 (0036.jp2)
  11. 2-4 高感度化現象のシミュレーション / p35 (0041.jp2)
  12. 2-5 本章のまとめ / p45 (0051.jp2)
  13. 文献 / p47 (0053.jp2)
  14. 第3章 可逆的経時変化の解明 / p48 (0054.jp2)
  15. 3-1 緒言 / p48 (0054.jp2)
  16. 3-2 実験方法 / p48 (0054.jp2)
  17. 3-3 新品センサにおける水の脱離特性と素子抵抗の関係 / p51 (0057.jp2)
  18. 3-4 新品センサにおける酸素の脱離特性と素子抵抗の関係 / p53 (0059.jp2)
  19. 3-5 シミュレーション実験により感度変化したセンサの昇温脱離クロマトグラム / p54 (0060.jp2)
  20. 3-6 シミュレーション実験による素子の酸化活性の変化 / p58 (0064.jp2)
  21. 3-7 前処理による酸素、水の脱離挙動およびガス感度の変化 / p60 (0066.jp2)
  22. 3-8 素子抵抗の経時変化に及ぼす湿度の影響 / p64 (0070.jp2)
  23. 3-9 本章のまとめ / p66 (0072.jp2)
  24. APPENDIX-I 昇温脱離法(TPD)と昇温還元法(TPR) / p67 (0073.jp2)
  25. 文献 / p69 (0075.jp2)
  26. 第4章 添加剤による酸化スズ系ガスセンサの感度安定化 / p71 (0077.jp2)
  27. 4-1 緒言 / p71 (0077.jp2)
  28. 4-2 実験方法 / p71 (0077.jp2)
  29. 4-3 各種添加物の経時安定性に及ぼす影響 / p74 (0080.jp2)
  30. 4-4 ReとVの安定化効果 / p75 (0081.jp2)
  31. 4-5 Re-V添加素子の各種ガスに対する検知特性 / p81 (0087.jp2)
  32. 4-6 Re-V添加素子の各種雑ガスに対する安定性 / p82 (0088.jp2)
  33. 4-7 本章のまとめ / p86 (0092.jp2)
  34. 文献 / p86 (0092.jp2)
  35. 第5章 酸化スズ系ガスセンサの感度安定化のメカニズム / p87 (0093.jp2)
  36. 5-1 緒言 / p87 (0093.jp2)
  37. 5-2 実験方法 / p87 (0093.jp2)
  38. 5-3 酸化スズ結晶子に対するRe-Vの影響 / p87 (0093.jp2)
  39. 5-4 Pd無添加素子に対するRe-Vの安定化効果 / p88 (0094.jp2)
  40. 5-5 昇温脱離の繰り返しにおける安定性 / p90 (0096.jp2)
  41. 5-6 昇温還元の繰り返しにおける安定性 / p94 (0100.jp2)
  42. 5-7 Re-Vの担持構造と役割 / p98 (0104.jp2)
  43. 5-8 本章のまとめ / p101 (0107.jp2)
  44. 文献 / p102 (0108.jp2)
  45. 第6章 酸化スズ系ガスセンサ上の吸着酸素種の帰属 / p103 (0109.jp2)
  46. 6-1 緒言 / p103 (0109.jp2)
  47. 6-2 実験方法 / p103 (0109.jp2)
  48. 6-3 ESRによる吸着酸素種の帰属 / p103 (0109.jp2)
  49. 6-4 吸着酸素種の熱安定性 / p107 (0113.jp2)
  50. 6-5 本章のまとめ / p109 (0115.jp2)
  51. APPENDIX-I 金属酸化物上の吸着酸素に関する従来の研究 / p110 (0116.jp2)
  52. APPENDIX-II 電子スピン共鳴法(ESR) / p111 (0117.jp2)
  53. 文献 / p114 (0120.jp2)
  54. 第7章 本研究の総括 / p117 (0123.jp2)
10アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084877
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085090
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000249191
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ