脂質膜素材としてのホパノイドの利用に関する基礎研究

この論文をさがす

著者

    • 南雲, 明 ナグモ, アキラ

書誌事項

タイトル

脂質膜素材としてのホパノイドの利用に関する基礎研究

著者名

南雲, 明

著者別名

ナグモ, アキラ

学位授与大学

東北大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第4584号

学位授与年月日

1992-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 ホパノイドの分離・精製 / p6 (0008.jp2)
  4. 第1節 序言 / p6 (0008.jp2)
  5. 第2節 Diplopteneの精製 / p6 (0008.jp2)
  6. 第3節 35-Aminobacteriohopane-32,33,34-triolの精製 / p7 (0008.jp2)
  7. 第4節 Bacteriohopane-32-mono-olの精製 / p7 (0008.jp2)
  8. 第5節 考察 / p10 (0010.jp2)
  9. 第3章 Bacteriohopane-32-mono-olとリン脂質との相互作用 / p12 (0011.jp2)
  10. 第1節 序言 / p12 (0011.jp2)
  11. 第2節 DPPCリポソームの安定性 / p12 (0011.jp2)
  12. 第3節 Bacteriohopane-32-monl-olのリポソーム安定化作用 / p13 (0011.jp2)
  13. 第4節 考察 / p16 (0013.jp2)
  14. 第4章 膜流動性に及ぼすBacteriohopane-32-mono-olの影響 / p19 (0014.jp2)
  15. 第1節 序言 / p19 (0014.jp2)
  16. 第2節 DPPCリポソーム膜に対する影響 / p20 (0015.jp2)
  17. 第3節 Egg PCリポソーム膜に対する影響 / p27 (0018.jp2)
  18. 第4節 考察 / p31 (0020.jp2)
  19. 第5章 Bacteriohopane-32-mono-olの細胞毒性 / p33 (0021.jp2)
  20. 第1節 序言 / p33 (0021.jp2)
  21. 第2節 マウス培養細胞に対する毒性 / p33 (0021.jp2)
  22. 第3節 考察 / p37 (0023.jp2)
  23. 第6章 結論 / p40 (0025.jp2)
  24. 第7章 実験材料及び方法 / p42 (0026.jp2)
  25. 第1節 第2章付属実験 / p42 (0026.jp2)
  26. 第2節 第3章付属実験 / p46 (0028.jp2)
  27. 第3節 第4章付属実験 / p47 (0028.jp2)
  28. 第4節 第5章付属実験 / p47 (0028.jp2)
  29. 謝辞 / p49 (0029.jp2)
  30. 参考文献 / p50 (0030.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084972
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085185
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249286
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ