水中衝撃波フォーカッシングの医療応用に関する基礎研究

この論文をさがす

著者

    • 小原, 哲郎, 1948- オバラ, テツロウ

書誌事項

タイトル

水中衝撃波フォーカッシングの医療応用に関する基礎研究

著者名

小原, 哲郎, 1948-

著者別名

オバラ, テツロウ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4596号

学位授与年月日

1992-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 水中衝撃波収束の医療応用 / p11 (0016.jp2)
  4. 2.1節 緒言 / p11 (0016.jp2)
  5. 2.2節 実験装置および方法 / p13 (0018.jp2)
  6. 2.2.1 アジ化化合物ペレットの爆発 / p13 (0018.jp2)
  7. 2.2.2 圧力測定 / p13 (0018.jp2)
  8. 2.2.3 ホログラフィ干渉計 / p14 (0019.jp2)
  9. 2.3節 数値計算法 / p16 (0021.jp2)
  10. 2.4節 結果および考察 / p17 (0022.jp2)
  11. 2.4.1 球状衝撃波の観察 / p17 (0022.jp2)
  12. 2.4.2 水中衝撃波の収束方式 / p18 (0023.jp2)
  13. 2.4.3 医療応用に最適な楕円体形状 / p20 (0025.jp2)
  14. 2.4.4 衝撃波収束による結石の破砕 / p21 (0026.jp2)
  15. 2.4.5 生体組織を通過する衝撃波 / p22 (0027.jp2)
  16. 2.5節 結言 / p24 (0029.jp2)
  17. 第3章 水中衝撃波収束の数値シミュレーション / p50 (0055.jp2)
  18. 3.1節 緒言 / p50 (0055.jp2)
  19. 3.2節 数値計算法 / p52 (0057.jp2)
  20. 3.2.1 水の状態方程式 / p52 (0057.jp2)
  21. 3.2.2 基礎式および数値計算スキーム / p52 (0057.jp2)
  22. 3.2.3 計算領域と初期値設定 / p54 (0059.jp2)
  23. 3.3節 結果および考察 / p55 (0060.jp2)
  24. 3.3.1 水中衝撃波の収束過程 / p55 (0060.jp2)
  25. 3.3.2 結石に収束する衝撃波の挙動 / p56 (0061.jp2)
  26. 3.3.3 結石の位置ずれによる影響 / p57 (0062.jp2)
  27. 3.3.4 長軸上に超音波プローブを置いた場合の影響 / p58 (0063.jp2)
  28. 3.3.5 超音波プローブの位置による影響 / p59 (0064.jp2)
  29. 3.4節 結言 / p60 (0065.jp2)
  30. 第4章 体外衝撃波療法による生体損傷機構 / p102 (0107.jp2)
  31. 4.1節 緒言 / p102 (0107.jp2)
  32. 4.2節 実験装置および方法 / p105 (0110.jp2)
  33. 4.2.1 動物実験に用いた装置および方法 / p105 (0110.jp2)
  34. 4.2.2 モデル実験に用いた装置および方法 / p106 (0111.jp2)
  35. 4.3節 結果および考察 / p110 (0115.jp2)
  36. 4.3.1 衝撃波収束による肝損傷 / p110 (0115.jp2)
  37. 4.3.2 爆発生成気体の挙動 / p110 (0115.jp2)
  38. 4.3.3 衝撃波の収束で誘起されるキャビテーション / p112 (0117.jp2)
  39. 4.3.4 生体組織損傷のモデル実験 / p114 (0119.jp2)
  40. 4.4節 結言 / p116 (0121.jp2)
  41. 第5章 結論 / p148 (0153.jp2)
  42. 謝辞 / p150 (0155.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000084984
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000972869
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249298
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ