球状黒鉛鋳鉄における引け巣の発生機構

この論文をさがす

著者

    • 高森, 晋 タカモリ, ススム

書誌事項

タイトル

球状黒鉛鋳鉄における引け巣の発生機構

著者名

高森, 晋

著者別名

タカモリ, ススム

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4647号

学位授与年月日

1992-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 鋳物の始まり / p1 (0008.jp2)
  5. 1.3 球状黒鉛鋳鉄の特徴 / p3 (0010.jp2)
  6. 1.4 球状黒鉛鋳鉄の引け巣に関するこれまでの研究 / p5 (0012.jp2)
  7. 1.5 凝固シミュレーション / p10 (0017.jp2)
  8. 1.6 本研究の目的 / p12 (0019.jp2)
  9. 第2章 溶解鋳造実験 / p14 (0021.jp2)
  10. 2.1 日的 / p14 (0021.jp2)
  11. 2.2 実験方法 / p14 (0021.jp2)
  12. 2.3 実験結果および考察 / p16 (0023.jp2)
  13. 2.4 凝固シミュレーションの結果 / p21 (0028.jp2)
  14. 2.5 結論 / p23 (0030.jp2)
  15. 第3章 鋳物の凝固時の外殻移動とその組織 / p24 (0031.jp2)
  16. 3.1 日的 / p24 (0031.jp2)
  17. 3.2 実験方法 / p24 (0031.jp2)
  18. 3.3 実験結果および考察 / p26 (0033.jp2)
  19. 3.4 固相率変化のシミュレーション / p28 (0035.jp2)
  20. 3.5 膨張測定結果 / p33 (0040.jp2)
  21. 3.6 球状黒鉛鋳鉄に膨張機構 / p33 (0040.jp2)
  22. 3.7 結論 / p37 (0044.jp2)
  23. 第4章 球状黒鉛鋳鉄の凝固過程の観察 / p38 (0045.jp2)
  24. 4.1 目的 / p38 (0045.jp2)
  25. 4.2 実験方法 / p38 (0045.jp2)
  26. 4.3 実験結果 / p39 (0046.jp2)
  27. 4.5 結論 / p43 (0050.jp2)
  28. 第5章 凝固シミュレーション / p44 (0051.jp2)
  29. 5.1 目的 / p44 (0051.jp2)
  30. 5.2 計算方法 / p44 (0051.jp2)
  31. 5.3 凝固シミュレーションの結果 / p53 (0060.jp2)
  32. 5.4 結論 / p55 (0062.jp2)
  33. 第6章 本研究の総括 / p56 (0063.jp2)
  34. 謝辞 / p59 (0066.jp2)
  35. 参考文献 / p60 (0067.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085035
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085248
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249349
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ