高分子凝集剤による上水汚泥の固液分離に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 李, 容斗 リ, ヨンド

書誌事項

タイトル

高分子凝集剤による上水汚泥の固液分離に関する研究

著者名

李, 容斗

著者別名

リ, ヨンド

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第4657号

学位授与年月日

1992-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0006.jp2)
  2. 第1章 総論 / p1 (0009.jp2)
  3. 1.1 研究の背景および目的 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.2 論文の構成 / p4 (0012.jp2)
  5. (第1章参考文献) / p6 (0014.jp2)
  6. 第2章 ポリマーの特性と汚泥調質に関する既往の研究 / p8 (0016.jp2)
  7. 2.1 緒論 / p8 (0016.jp2)
  8. 2.2 ポリマーの種類と特性 / p9 (0017.jp2)
  9. 2.3 凝集汚泥の調質方法と問題点 / p13 (0021.jp2)
  10. 2.4 研究課題の整理 / p18 (0026.jp2)
  11. (第2章参考文献) / p19 (0027.jp2)
  12. 第3章 流動誘導電位器による最適ポリマー注入量の検討 / p22 (0030.jp2)
  13. 3.1 緒論 / p22 (0030.jp2)
  14. 3.2 流動誘導電位器の原理 / p23 (0031.jp2)
  15. 3.3 実験方法 / p27 (0035.jp2)
  16. 3.4 実験結果および考察 / p33 (0041.jp2)
  17. 3.5 調質過程のオンライン計測 / p49 (0057.jp2)
  18. 3.6 結論 / p66 (0074.jp2)
  19. (第3章参考文献) / p68 (0076.jp2)
  20. 第4章 汚泥調質の機構と脱水特性 / p70 (0078.jp2)
  21. 4.1 緒論 / p70 (0078.jp2)
  22. 4.2 実験方法 / p71 (0079.jp2)
  23. 4.3 攪拌条件とCST値 / p74 (0082.jp2)
  24. 4.4 調質過程での汚泥荷電と残留ポリマー / p83 (0091.jp2)
  25. 4.5 濃度による上水汚泥の調質操作 / p88 (0096.jp2)
  26. 4.6 結論 / p99 (0107.jp2)
  27. (第4章参考文献) / p100 (0108.jp2)
  28. 第5章 調質汚泥の固液分離特性 / p102 (0110.jp2)
  29. 5.1 緒論 / p102 (0110.jp2)
  30. 5.2 ろ過理論と解析方法 / p102 (0110.jp2)
  31. 5.3 実験方法 / p104 (0112.jp2)
  32. 5.4 実験結果および考察 / p108 (0116.jp2)
  33. 5.5 ベルトプレス脱水理論 / p113 (0121.jp2)
  34. 5.6 実験装置および方法 / p114 (0122.jp2)
  35. 5.7 定圧脱水特性 / p117 (0125.jp2)
  36. 5.8 模擬ベルトプレス脱水特性 / p122 (0130.jp2)
  37. 5.9 結論 / p133 (0141.jp2)
  38. (第5章参考文献) / p135 (0143.jp2)
  39. 第6章 総括及び結論 / p136 (0144.jp2)
  40. 記号表 / p138 (0146.jp2)
  41. 謝辞 / p141 (0149.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085045
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085258
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249359
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ