ポンプの高速小形化に関する流体工学的研究

この論文をさがす

著者

    • 岡村, 共由 オカムラ, トモヨシ

書誌事項

タイトル

ポンプの高速小形化に関する流体工学的研究

著者名

岡村, 共由

著者別名

オカムラ, トモヨシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5663号

学位授与年月日

1992-01-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0009.jp2)
  3. 第2章 超高速スーパキャビテーションポンプの性能とキャビテーション発生状態 / p7 (0015.jp2)
  4. 2.1節 緒言 / p8 (0016.jp2)
  5. 2.2節 供試ポンプの設計 / p8 (0016.jp2)
  6. 2.2.1 目標性能の設定 / p9 (0017.jp2)
  7. 2.2.2 ポンプAの設計 / p10 (0018.jp2)
  8. 2.2.3 ポンプBの設計 / p11 (0019.jp2)
  9. 2.3節 実験装置 / p13 (0021.jp2)
  10. 2.4節 実験結果およびその検討 / p13 (0021.jp2)
  11. 2.4.1 ポンプの一般性能 / p13 (0021.jp2)
  12. 2.4.2 キャビテーションの発生状態 / p13 (0021.jp2)
  13. 2.4.3 キャビテーション性能 / p14 (0022.jp2)
  14. 2.4.4 羽根取付角の影響 / p14 (0022.jp2)
  15. 2.5節 従来の軸流ポンプとの比較 / p15 (0023.jp2)
  16. 2.6節 結言 / p15 (0023.jp2)
  17. 第3章 スーパキャビテーションポンプのフローパタンの性能等に及ぼす影響 / p37 (0045.jp2)
  18. 3.1節 緒言 / p38 (0046.jp2)
  19. 3.2節 供試ポンプの設計 / p38 (0046.jp2)
  20. 3.2.1 ポンプCの設計 / p39 (0047.jp2)
  21. 3.2.2 ポンプDの設計 / p40 (0048.jp2)
  22. 3.2.3 ポンプEの設計 / p42 (0050.jp2)
  23. 3.3節 実験装置 / p44 (0052.jp2)
  24. 3.4節 実験結果およびその検討 / p44 (0052.jp2)
  25. 3.4.1 ポンプの一般性能 / p45 (0053.jp2)
  26. 3.4.2 キャビテーションの発生状態 / p46 (0054.jp2)
  27. 3.4.3 キャビテーション性能 / p47 (0055.jp2)
  28. 3.5節 結言 / p48 (0056.jp2)
  29. 第4章 吸込流路のキャビテーション / p72 (0080.jp2)
  30. 4.1節 緒言 / p73 (0081.jp2)
  31. 4.2節 空気モデル実験 / p73 (0081.jp2)
  32. 4.2.1 供試モデル / p73 (0081.jp2)
  33. 4.2.2 空気モデル実験 / p74 (0082.jp2)
  34. 4.2.3 空気モデル実験結果および考察 / p75 (0083.jp2)
  35. 4.3節 モデルポンプ実験 / p76 (0084.jp2)
  36. 4.3.1 ポンプ実験装置 / p76 (0084.jp2)
  37. 4.3.2 ポンプ実験結果および考察 / p77 (0085.jp2)
  38. 4.4節 結言 / p77 (0085.jp2)
  39. 第5章 低流量域のキャビテーション / p99 (0107.jp2)
  40. 5.1節 緒言 / p100 (0108.jp2)
  41. 5.2節 実験装置と実験方法 / p100 (0108.jp2)
  42. 5.2.1 実験用ポンプ / p100 (0108.jp2)
  43. 5.2.2 実験装置および実験方法 / p101 (0109.jp2)
  44. 5.3節 実験結果および考察 / p101 (0109.jp2)
  45. 5.3.1 実験ポンプの性能 / p101 (0109.jp2)
  46. 5.3.2 羽根車のキャビテーション発生状態 / p102 (0110.jp2)
  47. 5.3.3 羽根車人口付近の流れ / p103 (0111.jp2)
  48. 5.3.4 渦糸状キャビテーション / p103 (0111.jp2)
  49. 5.4節 低流量域のキャビテーションと羽根車の負荷の関係 / p104 (0112.jp2)
  50. 5.4.1 準三次元流れ解析による羽根車の相対速度分布 / p105 (0113.jp2)
  51. 5.4.2 羽根の相対速度差との関係 / p106 (0114.jp2)
  52. 5.5節 結言 / p108 (0116.jp2)
  53. 第6章 ケーシングの振動加速度によるキャビテーションエロージョン強さの把握 / p135 (0143.jp2)
  54. 6.1節 緒言 / p136 (0144.jp2)
  55. 6.2節 実験装置と実験方法 / p137 (0145.jp2)
  56. 6.2.1 供試ポンプ / p137 (0145.jp2)
  57. 6.2.2 実験装置 / p138 (0146.jp2)
  58. 6.2.3 エロージョン実験法 / p139 (0147.jp2)
  59. 6.3節 実験結果および考察 / p139 (0147.jp2)
  60. 6.3.1 実験ポンプの性能 / p139 (0147.jp2)
  61. 6.3.2 キャビテーションの観察 / p139 (0147.jp2)
  62. 6.3.3 ケーシングの振動加速度 / p140 (0148.jp2)
  63. 6.3.4キャビテーションエロージョン / p141 (0149.jp2)
  64. 6.3.5 ケーシングの振動加速度とキャビテーションエロージョンの関係 / p143 (0151.jp2)
  65. 6.4節 結言 / p145 (0153.jp2)
  66. 第7章 結論 / p175 (0183.jp2)
  67. 謝辞 / p178 (0186.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085072
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085285
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249386
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ