アブラナ科野菜根こぶ病菌の活性の生物検定法とその利用

この論文をさがす

著者

    • 堀内, 誠三 ホリウチ, セイゾウ

書誌事項

タイトル

アブラナ科野菜根こぶ病菌の活性の生物検定法とその利用

著者名

堀内, 誠三

著者別名

ホリウチ, セイゾウ

学位授与大学

東北大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第5768号

学位授与年月日

1992-03-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第I章.緒言 / p1 (0005.jp2)
  2. 第II章.研究史 / p3 (0007.jp2)
  3. 第III章.根こぶ病菌活性の生物検定法 / p10 (0014.jp2)
  4. 1.一般的試験方法 / p10 (0014.jp2)
  5. 2.根こぶ病の発生条件 / p12 (0016.jp2)
  6. 3.人工接種法の比較 / p25 (0029.jp2)
  7. 4.土壌接種法を基にした簡易人工接種法の確立 / p35 (0039.jp2)
  8. 5.簡易人工接種法を利用した病原菌活性の生物検定法 / p43 (0047.jp2)
  9. 第IV章.熱処理による根こぶ病防除効果の生物検定 / p48 (0052.jp2)
  10. 1.罹病組織内の病原菌活性に及ぼす熱処理の効果 / p48 (0052.jp2)
  11. 2.土壌中の病原菌活性に及ぼす熱処理の効果 / p59 (0063.jp2)
  12. 3.ビニル被覆した圃場への埋没による汚染土の熱処理 / p82 (0086.jp2)
  13. 4.自然汚染圃場に対する太陽熱利用土壌消毒法の効果 / p85 (0089.jp2)
  14. 第V章.PCNB剤による根こぶ病防除効果の生物検定 / p93 (0097.jp2)
  15. 1.休眠胞子密度とPCNB剤の施用効果との関係 / p93 (0097.jp2)
  16. 2.根こぶ病菌のPCNB感受性 / p97 (0101.jp2)
  17. 3.根こぶ病菌のPCNB感受性の変化とその要因 / p110 (0114.jp2)
  18. 第VI章.総合考察 / p124 (0128.jp2)
  19. 摘要 / p133 (0137.jp2)
  20. 引用文献 / p138 (0142.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085177
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085391
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249491
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ