情報の可変レート性を考慮したディジタル映像符号化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 野村, 充 ノムラ, ミツル

書誌事項

タイトル

情報の可変レート性を考慮したディジタル映像符号化に関する研究

著者名

野村, 充

著者別名

ノムラ, ミツル

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5777号

学位授与年月日

1992-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 〔目次〕 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 研究の目的 / p5 (0006.jp2)
  5. 1.3 論文の概要 / p6 (0007.jp2)
  6. 第2章 可変レート映像符号化に関する基本的考察 / p9 (0008.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p9 (0008.jp2)
  8. 2.2 可変レート符号化の概念 / p10 (0009.jp2)
  9. 2.3 可変レート符号化の利点 / p24 (0016.jp2)
  10. 2.4 可変レート符号化の欠点 / p27 (0017.jp2)
  11. 2.5 まとめ / p28 (0018.jp2)
  12. 第3章 可変レート映像符号化におけるバースト性 / p30 (0019.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p30 (0019.jp2)
  14. 3.2 バースト性評価の前提条件 / p31 (0019.jp2)
  15. 3.3 バースト性評価指標 / p34 (0021.jp2)
  16. 3.4 評価システム / p38 (0023.jp2)
  17. 3.5 テレビ会議におけるバースト性 / p45 (0026.jp2)
  18. 3.6 放送番組におけるバースト性 / p55 (0031.jp2)
  19. 3.7 まとめ / p66 (0037.jp2)
  20. 第4章 可変レート映像情報源のモデル化とその応用 / p68 (0038.jp2)
  21. 4.1 まえがき / p68 (0038.jp2)
  22. 4.2 モデル化に関する基本的考察 / p69 (0038.jp2)
  23. 4.3 短時間変動のモデル化(テレビ会議映像の場合) / p73 (0040.jp2)
  24. 4.4 長時間変動のモデル化(放送映像の場合) / p90 (0049.jp2)
  25. 4.5 まとめ / p95 (0051.jp2)
  26. 付録4-1 / p96 (0052.jp2)
  27. 第5章 可変レート符号化による品質向上 / p100 (0054.jp2)
  28. 5.1 まえがき / p100 (0054.jp2)
  29. 5.2 理論式によるSN比向上の評価 / p102 (0055.jp2)
  30. 5.3 符号化シミュレーションによるSN比向上の評価 / p107 (0057.jp2)
  31. 5.4 主観品質向上の評価 / p115 (0061.jp2)
  32. 5.5 品質変動に対する客観評価尺度 / p120 (0064.jp2)
  33. 5.6 まとめ / p123 (0065.jp2)
  34. 第6章 情報欠落に耐性を有する可変レート符号化 / p124 (0066.jp2)
  35. 6.1 まえがき / p124 (0066.jp2)
  36. 6.2 情報欠落の対策 / p125 (0066.jp2)
  37. 6.3 階層DCT符号化 / p130 (0069.jp2)
  38. 6.4 階層制御 / p138 (0073.jp2)
  39. 6.5 情報欠落によるSN比の劣化 / p144 (0076.jp2)
  40. 6.6 情報欠落による主観品質の劣化 / p156 (0082.jp2)
  41. 6.7 まとめ / p162 (0085.jp2)
  42. 第7章 結論 / p164 (0086.jp2)
  43. 参考文献 / p167 (0087.jp2)
  44. 謝辞 / p174 (0091.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085186
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085400
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249500
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ