東北地方都市住居における続き間の生成と意義

この論文をさがす

著者

    • 志田, 正男 シダ, マサオ

書誌事項

タイトル

東北地方都市住居における続き間の生成と意義

著者名

志田, 正男

著者別名

シダ, マサオ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5799号

学位授与年月日

1992-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. <目次> / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1.研究の目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2.研究の背景 / p3 (0007.jp2)
  5. 1-3.課題と方法 / p6 (0009.jp2)
  6. 1-4.関連する既往研究の概要 / p12 (0012.jp2)
  7. 参考文献 / p17 (0014.jp2)
  8. 第2章 親・子両世代の住居での続き間の継承 / p19 (0016.jp2)
  9. 第1節 はじめに / p19 (0016.jp2)
  10. 1-1.課題 / p19 (0016.jp2)
  11. 1-2.方法 / p20 (0017.jp2)
  12. 第2節 対象の特性 / p21 (0017.jp2)
  13. 2-1.対象地域の性格 / p21 (0017.jp2)
  14. 2-2.対象世帯の性格 / p22 (0018.jp2)
  15. 2-3.対象住居の性格 / p25 (0019.jp2)
  16. 第3節 住宅平面構成とその変化 / p29 (0021.jp2)
  17. 3-1.平面構成の変化をみる視点 / p29 (0021.jp2)
  18. 3-2.居室の和洋室構成 / p31 (0022.jp2)
  19. 3-3.座敷と居間の形態 / p32 (0023.jp2)
  20. 3-4.座敷の広さと,床の間の形態 / p39 (0026.jp2)
  21. 3-5.「オモテ」の部屋の構成 / p43 (0028.jp2)
  22. 3-6.通路空間の形態 / p45 (0029.jp2)
  23. 3-7.2階の居室構成 / p47 (0030.jp2)
  24. 3-8.続き間の継承とその形態 / p49 (0031.jp2)
  25. 第4節 住み方とその変化 / p54 (0034.jp2)
  26. 4-1.食事の場と、そこでの座り方 / p55 (0034.jp2)
  27. 4-2.団らんの場と、そこでの座り方 / p55 (0034.jp2)
  28. 4-3.接客の場 / p56 (0035.jp2)
  29. 4-4.食事、団らん、接客の場の重なり / p58 (0036.jp2)
  30. 4-5.座敷の使い方 / p61 (0037.jp2)
  31. 4-6.来客数の変化 / p62 (0038.jp2)
  32. 4-7.就寝室のとり方 / p64 (0039.jp2)
  33. 第5節 親・子両世代の住居での続き間の継承 まとめ / p69 (0041.jp2)
  34. 参考文献 / p75 (0044.jp2)
  35. 第3章 住宅平面と住み方の地域特性と続きの間の形態 / p77 (0046.jp2)
  36. 第1節 はじめに / p77 (0046.jp2)
  37. 1-1.課題 / p77 (0046.jp2)
  38. 1-2.方法 / p79 (0047.jp2)
  39. 第2節 対象都市とその住宅ストック、フローの概要 / p79 (0047.jp2)
  40. 2-1.対象都市 / p79 (0047.jp2)
  41. 2-2.対象住宅 / p79 (0047.jp2)
  42. 2-3.住宅ストック、フローからみた調査住宅の位置 / p80 (0048.jp2)
  43. 第3節 居住世帯と住宅の特性 / p80 (0048.jp2)
  44. 3-1.世帯の特性 / p80 (0048.jp2)
  45. 3-2.住宅概要 / p86 (0051.jp2)
  46. 第4節 平面構成の変容 / p91 (0053.jp2)
  47. 4-1.和室の後退、居室の洋室化 / p91 (0053.jp2)
  48. 4-2.居間のLDK化とその拡大 / p93 (0054.jp2)
  49. 4-3.座敷の形態の多様化、家族室内化 / p100 (0058.jp2)
  50. 4-4.「オモテ」の部屋の構成とその変容 / p107 (0061.jp2)
  51. 4-5.座敷と床の間の大きさの多様化 / p110 (0063.jp2)
  52. 4-6.続き間の構成 / p112 (0064.jp2)
  53. 4-7.気候条件と平面構成 / p118 (0067.jp2)
  54. 第5節 住み方とその変容 / p126 (0071.jp2)
  55. 5-1.住み方をみる視点 / p126 (0071.jp2)
  56. 5-2.食事の場 / p127 (0071.jp2)
  57. 5-3.団らんの場 / p128 (0072.jp2)
  58. 5-4 接客の場 / p130 (0073.jp2)
  59. 5-6.食事、団らん、接客の場の重なり / p139 (0077.jp2)
  60. 5-7.就寝室のとり方 / p142 (0079.jp2)
  61. 第6節 住宅平面と住み方の地域特性と続き間の形態 まとめ / p148 (0082.jp2)
  62. 参考文献 / p155 (0085.jp2)
  63. 第4章 住意識からみた続き間志向 / p157 (0087.jp2)
  64. 第1節 はじめに / p157 (0087.jp2)
  65. 1-1.課題 / p157 (0087.jp2)
  66. 1-2.方法 / p158 (0088.jp2)
  67. 1-3.対象 / p159 (0088.jp2)
  68. 第2節 間取りを決めるときにもっていた要望 / p160 (0089.jp2)
  69. 2-1.設問の構成 / p160 (0089.jp2)
  70. 第3節 要望の数と種類、および要望相互の関係 / p163 (0090.jp2)
  71. 3-1.「強い要望」の数 / p163 (0090.jp2)
  72. 3-2.「強い要望」の種類と、その都市間の差 / p167 (0092.jp2)
  73. 3-3.数量化III類による「要望とそれに対する態度」のグルーピング / p172 (0095.jp2)
  74. 第4節 新住宅への要望の型と、住宅の特性・続き間の形態 / p179 (0098.jp2)
  75. 4-1.「外部との関係重視型」 / p179 (0098.jp2)
  76. 4-2.「対社会生活の場重視型」 / p182 (0100.jp2)
  77. 4-3.「家族生活の場重視型-1」 / p186 (0102.jp2)
  78. 4-4.「家族生活の場重視型-2(新しい形態)」 / p188 (0103.jp2)
  79. 第5節 数量化II類による「続き間座敷の保有」要望の要因分析 / p193 (0105.jp2)
  80. 5-1.外的基準について / p193 (0105.jp2)
  81. 5-2.説明要因について / p193 (0105.jp2)
  82. 5-3.分析結果 / p194 (0106.jp2)
  83. 第6節 住意識からみた続き間志向 まとめ / p198 (0108.jp2)
  84. 参考文献 / p203 (0110.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000085208
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000085422
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000249522
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ